東京エレクトロンの平均年収はいくら?【年収推移・年収ランキング】

東京エレクトロンの平均年収

エレクトロニクス・半導体分野の企業のひとつ、東京エレクトロンの平均年収は1,272万円です。このページでは、そんな東京エレクトロンの年収を「年度別」「役員」「競合比較」で詳しく解説します。

東京エレクトロンの平均年収

平均年収
1,272万円
※有価証券報告書
月収
80.4万円
※平均年収から算出

東京エレクトロンの平均年収は1,272万円です。国税庁の民間給与実態調査によると平均年収は432万円なので、東京エレクトロンの平均年収は約3倍ということがわかります。圧倒的な高年収企業です。

  • 東京エレクトロン:1,272万円
  • 平均年収:432万円

東京エレクトロンの平均年収の推移

東京エレクトロンの最新の有価証券報告書を見ると、平均年収は右肩上がりに増加していることがわかります。

東京エレクトロンは業績が上がればその分従業員に賞与という形で還元する企業です。ここ数年、業績が非常に成長していることから、ついに平均年収が1,000万円を超えるようになりました。今後とも安定した成長が期待できる優良企業です。

年度 平均年収 平均年齢 平均勤続年数 従業員数
2018年 1,272万円 44.3 18.4 1,494
2017年 1,076万円 44.2 18.4 1,396
2016年 949万円 43.9 18.1 1,531
2015年 903万円 43.3 17.0 1,426
2014年 807万円 42.2 15.6 1,475
2013年 756万円 41.3 14.7 1,542

出典:有価証券報告書

東京エレクトロンの役員の年収

有価証券報告書によると、2018年度に東京エレクトロンが支払った役員報酬は下記の通りです。

  • 社内取締役の役員報酬総額(10名):50億1,500万円(一人当たり約5,015万円)
  • 監査役の役員報酬総額(2名):9,800万円(一人当たり約4,900万円)
  • 社外役員の報酬総額(6名):8,500万円(一人当たり約1,400万円)

また、有価証券報告書では、報酬が1億円を超えている役員の氏名と報酬額を公表しています。東京エレクトロンの場合は下記の通りです。

  • 常石哲男氏(代表取締役会長):7億3,100万円
  • 河合利樹氏(代表取締役社長):9億2,500万円
  • 北山博文氏(取締役):5億4,800万円
  • 飽本正巳氏(取締役):3億5,800万円
  • 堀哲朗氏(取締役):3億5,800万円
  • 佐々木貞夫氏(取締役):5億4,800万円
  • 長久保達也氏(取締役):5億3,500万円
  • 春原清氏(取締役):5億3,500万円
  • 東哲郎氏(取締役):4億6,000万円

東京エレクトロンの新卒の年収

東京エレクトロンの新卒は、学歴によって初任給が変わります。

  • 博士了:243,700円
  • 修士了:205,500円
  • 学部卒:190,300円
  • 短大卒:165,100円

日本の新卒初任給の平均が約20万円なので、東京エレクトロンの初任給は平均よりも少し低いです。

しかし、東京エレクトロンは手当や賞与などが手厚いです。残業代なども加えると、東京エレクトロンの新卒の年収は300〜400万円程度であると推定できます。

東京エレクトロンのボーナスは12ヵ月分!?

東京エレクトロンの賞与は業績に連動します。そのため、景気がいい時は年間で12ヵ月分の賞与になることもあると、口コミで記載があります。一方、景気が悪いときには大きく賞与が減るため、年間で1、2ヵ月分になってしまうことも。基本的には、基本給が低い分賞与が高い会社ではあります。

東京エレクトロンの福利厚生

東京エレクトロンのロゴ

東京エレクトロンの福利厚生は非常に手厚いです。住宅補助や育児支援、人間ドック、保養所と基本的な福利厚生はすべて揃っています。

業績が悪くなり賞与が低かったとしても、福利厚生をうまく利用すれば十分資産形成やリラックスした休日を過ごすことができます。

東京エレクトロンの福利厚生一覧

独身寮制度、転勤者住宅制度、持家援助制度、ニセコリゾート、軽井沢クラブ、箱根クラブ、熊本クラブ、産前産後休暇、育児休業、子の看護休暇、子育て応援休暇、定期健康診断、人間ドック、予防接種、社員持株会、財形貯蓄制度、厚生資金融資、自己申告アンケート、ストレスチェック制度、総合福利厚生サービス加入による各種サービスの割引適用(スクール・アミューズメント・ホテル・東京ディズニーリゾート割引券サービスなど)、スポーツクラブ法人会員(コナミスポーツクラブ・ルネサンス)、社内クラブ活動支援(フットサル、テニス、野球、スキー、華道 他) など

競合他社と比較

2019年に公表された有価証券報告書をもとに、エレクトロニクス分野の企業のランキングを作成しました。東京エレクトロンの平均年収は第1位です。

No. 社名 平均年収
1 東京エレクトロン 1,272万円
2 ソニー 1,051万円
3 富士フィルムホールディングス 997万円
4 東芝 915万円
5 日立製作所 894万円
6 リコー 818万円
7 三菱電機 817万円
8 NEC 799万円
9 Canon 779万円
10 パナソニック 774万円

競合他社と比較すると、東京エレクトロンの年収は高いです。

東京エレクトロンは、特に工場向けの製品に特化しており、その後のアフターサービスにも力を入れています。そのため、顧客を開拓すると長期的な関係になるため、継続して利益が出やすいビジネスモデルを構築しています。

また、基本給が低い代わりにボーナスが高く、2018年の夏のボーナスでは日本で2番目の266万円を支給していたことが日経新聞により報じられました。業績が高ければ、ボーナスという形で従業員に還元する仕組みができているため、東京エレクトロンの年収は高い状態が続いています。

東京エレクトロンに転職するためには

転職難易度
高い
※独自調査
人気ランキング
145位
※doda

東京エレクトロンの転職難易度は高いです。「社会人が選ぶ転職人気企業ランキング」では100位外ですが、エレクトロニクス・半導体分野の中ではトップの給与レベルなので、募集が集中します。東京エレクトロンに転職するためには対策が必要になります。

東京エレクトロンに転職するために知っておくべきこと

東京エレクトロンに転職するために知っておくべきことは、2つあります。

  1. グループ会社で積極的な採用
  2. 非公開求人を保有する転職エージェントを利用する

1.グループ会社で積極的な採用

東京エレクトロンは、グループ会社で積極的な採用を行なっています。特に地方支社での採用が多くなり、逆に本社での採用は不定期になります。

本社採用でもグループ会社採用でも、求人は主に技術系職種です。即戦力採用なので、求人分野のスキル・経験が求めらます。一方、業界経験や経験年数は求められないことが多いため、自分のスキルが少しでも当てはまると思えば積極的に応募することをおすすめします。

東京エレクトロングループの求人例(2020年3月時点)

■東京エレクトロンテクノロジーソリューションズ(山梨)

・メカエンジニア

・エレキエンジニア

・ソフトエンジニア

・プロセスエンジニア

■東京エレクトロン九州

・メカエンジニア

・エレキエンジニア

・ソフトエンジニア

・プロセスエンジニア

■東京エレクトロン宮城

・開発、設計エンジニア

・生産系

・事務、管理系

■東京エレクトロンFE

・フィールドエンジニア

■東京エレクトロンBP

・工場設備エンジニア

・物流専門職(資材物流)

・物流専門職(装置物流)

2.非公開求人を保有する転職エージェントを利用する

転職エージェントとは、求人紹介や履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、面接の日程調整、面接後の条件交渉などを担当のキャリアアドバイザーがサポートしてくれる無料サービスです。

東京エレクトロンは、転職エージェントに「非公開求人」を掲載している可能性があります。東京エレクトロンのような人気企業が求人を出すと応募者が殺到しやすいため、一般には公開しない「非公開求人」を転職エージェントに発注することが多いです。

東京エレクトロンの場合、転職難易度が非常に高いので、万全な準備が求められます。転職エージェントでは、東京エレクトロンの求人紹介はもちろん、東京エレクトロンから内定を貰うための面接対策を行ってもらえるため、転職エージェントを利用した方が内定確度は高まるでしょう。

おすすめの転職エージェント

まとめ

東京エレクトロンの平均年収は1,272万円ということがわかりました。

東京エレクトロンは本社ではなくグループ会社で採用を積極的に行なっています。本社に転職したい方は、転職エージェントで非公開求人を探すことをおすすめします。

■まとめ

・東京エレクトロンの平均年収

1,272万円

・RKB毎日ホールディングスの役員の平均年収

社内取締役の役員報酬総額(10名):50億1,500万円(一人当たり約5,015万円)

監査役の役員報酬総額(2名):9,800万円(一人当たり約4,900万円)

社外役員の報酬総額(6名):8,500万円(一人当たり約1,400万円)

常石哲男氏(代表取締役会長):7億3,100万円

河合利樹氏(代表取締役社長):9億2,500万円

北山博文氏(取締役):5億4,800万円

飽本正巳氏(取締役):3億5,800万円

堀哲朗氏(取締役):3億5,800万円

佐々木貞夫氏(取締役):5億4,800万円

長久保達也氏(取締役):5億3,500万円

春原清氏(取締役):5億3,500万円

東哲郎氏(取締役):4億6,000万円

・東京エレクトロンの新卒の初任給

博士了:243,700円

修士了:205,500円

学部卒:190,300円

短大卒:165,100円

・東京エレクトロンに転職するために知っておくべきこと

①グループ会社で積極的な採用

②非公開求人を保有する転職エージェントを利用する