※当サイトのコンテンツには、広告が含まれている場合があります

年収280万円サラリーマンの手取り額と生活レベルを解説

年収280万円の手取り額と生活レベル

年収には「額面年収」と「手取り年収」の2つの考え方があります。例えば、額面年収280万円でも、税金と社会保険料が控除されるので、そのまま280万円貰える訳ではありません。

結論から言うと、年収280万円の手取り額は220〜240万円です。一定の条件で算出した手取り額は下記の通りです。(配偶者がいるか?扶養家族がいるか?によって、手取り額は変わります)

  • 独身の場合:約223万円
  • 配偶者を扶養している場合:約228万円
  • 配偶者と子ども1人を扶養している場合:約233万円
目次

年収280万円の手取り額

年収280万円の手取り額を3パターンに分けて計算しました。

①独身の場合

額面年収
280万円
※控除前
手取り年収
約223万円
※控除後

独身の場合、年収280万円の手取り額は約223万円になります。下記条件で計算しています。

  • 額面年収:280万円
  • 年齢:20歳以上40歳未満
  • 配偶者:なし
年収280万円の手取り内訳
所得税 49,200円
住民税 108,500円
厚生年金 263,520円
健康保険 142,128円
雇用保険 8,400円
手取り額 2,228,252円

②配偶者を扶養している場合

額面年収
280万円
※控除前
手取り年収
約228万円
※控除後

配偶者を扶養している場合、年収280万円の手取り額は約228万円になります。下記条件で計算しています。

  • 額面年収:280万円
  • 年齢:20歳以上40歳未満
  • 配偶者:あり
  • 配偶者を扶養している:はい
  • 配偶者の収入:103万円以下
  • 子ども:なし
年収280万円の手取り内訳
所得税 30,200円
住民税 75,500円
厚生年金 263,520円
健康保険 142,128円
雇用保険 8,400円
手取り額 2,280,252円

③配偶者と子ども1人を扶養している場合

額面年収
280万円
※控除前
手取り年収
約233万円
※控除後

配偶者と子ども一人を扶養している場合、年収280万円の手取り額は約233万円になります。下記条件で計算しています。

  • 額面年収:280万円
  • 年齢:20歳以上40歳未満
  • 配偶者:あり
  • 配偶者を扶養している:はい
  • 配偶者の収入:103万円以下
  • 子ども:あり
  • 子どもの年齢:16歳
年収280万円の手取り内訳
所得税 11,200円
住民税 42,500円
厚生年金 263,520円
健康保険 142,128円
雇用保険 8,400円
手取り額 2,332,252円

年収280万円の生活レベル

生活レベル

年収280万円あれば、どのような生活が送れるのでしょうか?

『国民生活基礎調査』と『賃金構造基本統計調査』を参考に生活レベルをシミュレーションしました。

①一人暮らしの場合

余裕のある生活とは言えませんが、家賃や固定費を抑えるなどの工夫で暮らすことは可能です。

出費 金額
家賃 50,000円
食費 30,000円
水道光熱費 6,000円
通信費 5,000円
交際費 20,000円
その他 28,000円
貯金 20,000円
合計 159,000円

②夫婦二人の場合

夫婦二人の場合、一人暮らしに比べると家賃が高くなる傾向があります。その分、自炊をして食費を下げるなどの工夫が必要になります。

出費 金額
家賃 54,000円
食費 33,000円
水道光熱費 8,000円
通信費 6,000円
交際費 15,000円
その他 30,000円
貯金 17,000円
合計 163,000円

③夫婦二人と子ども一人の場合

夫婦二人と子ども一人の場合、家賃や食費が高くなります。その分、通信費や交際費を節約する必要があります。

夫婦のどちらかがパートをやることで、少しだけでも生活に余裕ができます。

出費 金額
家賃 55,000円
食費 36,000円
水道光熱費 10,000円
通信費 8,000円
交際費 13,000円
その他 31,000円
貯金 13,000円
合計 166,000円

生活費を考えるポイント

年収280万円は、裕福な生活はできませんが、家計のバランスを考えれば十分暮らすことができます。

散財せずに、収入と支出のバランスを考えるようにしましょう。 生活費を考えるポイントは、「支出を3つに分けて考える」です。

  • 生活費:手取り月収の6割
  • 娯楽費:手取り月収の2割
  • 貯金:手取り月収の2割

生活費:手取り月収の6割

生活費は手取り月収の6割に収めましょう。年収280万円の場合、手取り月収は約16.5万円なので、生活費は9.9万円以内に収めると良いでしょう。

生活費の内訳
  • 家賃(手取り月収の30%)
  • 水道光熱費(手取り月収の5%)
  • 食費(手取り月収の15%)
  • 通信費(手取り月収の5%)

娯楽費:手取り月収の2割

娯楽費は手取り月収の2割に収めましょう。年収280万円の場合、手取り月収は約16.5万円なので、娯楽費は3.3万円以内に収めると良いでしょう。

娯楽費の内訳
  • 交際費(手取り月収の10%)
  • 娯楽・趣味(手取り月収の5%)
  • 衣料品(手取り月収の5%)

貯金:手取り月収の2割

貯金は手取り月収の2割が適切です。年収280万円の場合、手取り月収は約16.5万円なので、3.3万円を貯金できるとバランスの良い家計と言えます。

年収280万円の割合

次に、年収280万円の割合について解説します。

ここでは、国税庁が公表している『民間給与実態統計調査(令和2年度)』のデータを参照しています。

①年収280万円の全体の割合

年収の割合(全体)

年収200〜300万円の全体の割合は15.5%

②年収280万円の男性の割合

年収の割合(男性)

年収200〜300万円の男性の割合は11.5%

③年収280万円の女性の割合

年収の割合(女性)

年収200〜300万円の女性の割合は21.3%

年収アップを目指している方におすすめの転職サービス

元リクルートの転職エージェントから言うと、知名度の低い転職サービスはおすすめできません。

「求人数」「サポートの質」「年収アップ率」を考えると、大手企業が運営している転職サービスの方が断然おすすめです。

おすすめの転職サービス

1位:マイナビエージェント

【おすすめ度】★★★★★(5.0)
【公式HP】https://mynavi-agent.jp/

マイナビエージェントは、人材業界大手のマイナビが運営する20〜30代の転職に力を入れている転職エージェントです。

年収300万円〜500万円で年収アップを目指している方にピッタリの求人が多く、転職支援実績が多いのが特徴です。

サービス名 マイナビエージェント
対応地域 全国
探せる職種 SE・システムエンジニア(IT/通信/インターネット)、営業職、コンサルタント/監査法人/士業関連、不動産専門職、経営/企画/管理/事務、建築設計/土木/プラント/設備、機械/電気・電子/素材、医療系専門職、金融専門職、クリエイティブ、販売/サービス
求人数 3万件以上
特徴 ・20代に信頼されている転職エージェントNo.1
・20代、30代の転職に強い(転職サポートに定評がある)
・キャリアアドバイザーの質が高い
・特に関東エリアに強い
・全国の転職をサポート
・全業種・全職種を網羅

2位:doda

【おすすめ度】★★★★★(5.0)
【公式HP】https://doda.jp/

dodaは、人材業界大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が運営している転職エージェントです。

転職者満足度は業界1位と言われるほど、転職者からの評価が高い転職エージェントです。

サービス名 doda
対応地域 全国
探せる職種 営業、企画・管理、事務/アシスタント、販売/サービス、コンサルタント/士業、金融専門職、公務員/教員、SE/インフラエンジニア/Webエンジニア、機械/電気、組み込みソフトウェア、建築/土木/不動産/プラント/設備、化学/素材/化粧品、食品/香料/飼料、医療系専門職、クリエイティブ
求人数 10万件以上
特徴 ・転職者満足No.1
・転職ワンストップサービス
・スカウトメールが多い

3位:パソナキャリア

【おすすめ度】★★★★☆(4.5)
【公式HP】https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアは、人材派遣業界で第2位のパソナが運営している転職エージェントです。顧客満足度が非常に高く、転職後の年収アップ率はなんと67.1%と驚異的な数値です。

手厚い転職サポートに定評があり、初めて転職される方は、ぜひ利用したい転職エージェントです。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

サービス名 パソナキャリア
対応地域 全国
探せる職種 営業、管理・事務、IT・Webエンジニア、技術職(電気・電子・機械・化学)、クリエイティブ、マーケティング・企画、コンサルタント・士業、販売員・サービススタッフ、研究・開発、専門職(Web・IT・ゲーム)、専門職(金融)、専門職(不動産・建設)
求人数 3万件以上
特徴 ・転職サポートの質が高い
・顧客満足度が高い
・25万人分の転職ノウハウを保有
・転職後年収アップ率が67.1%
各年収の手取り額について

年収別の手取り額をまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

年収別の手取り額
1 年収2000万円 6 年収700万円
2 年収1500万円 7 年収600万円
3 年収1000万円 8 年収500万円
4 年収900万円 9 年収400万円
5 年収800万円 10 年収300万円
目次
閉じる