オプトランの平均年収はいくら?【新卒・役員の年収も解説】

オプトランの平均年収

光学薄膜事業を展開する企業、オプトランの平均年収は1,091万円です。このページでは、そんなオプトランの年収を「年度別」「役員」で詳しく解説します。

オプトランの平均年収

平均年収
1,091万円
※有価証券報告書
月収
72.7万円
※平均年収から算出

オプトランの平均年収は1,091万円です。国税庁の民間給与実態調査によるオプトランの平均年収は2倍以上ということがわかります。圧倒的な高年収企業です。

  • オプトラン:1,091万円
  • 平均年収:432万円

オプトランの平均年収の推移

オプトランの最新の有価証券報告書を見ると、平均年収は1,000万円前半を推移していることがわかります。

オプトランは、少数精鋭の企業であり、現在は80名で400億円以上の売上を稼ぎ出しています。そのため、必然的に給与も上がり、平均年収が高くなっていると推定できます。

年度 平均年収 平均年齢 平均勤続年数 従業員数
2018年 1,091万円 39.5 8.3 80
2017年 1,053万円 39.1 8.4 75
2014年 1,104万円 38.8 8.7 67

出典:有価証券報告書

オプトランとは

オプトランのロゴ

オプトランとは、光学薄膜装置の製造・販売を行なっている企業です。本社の他に連結子会社4社・関連会社5社によりオプトラングループを構成しています。

光学薄膜とは、スマートフォンやレンズなどの光学部品にコーティングを施し、コーティング材料により異なる機能(反射防止、赤外線カットなど)を持たせることです。

具体的には、スマートフォンやタブレットなどのタッチパネルや、生体認証センサ、LED照明、車載カメラ、カメラモジュール、一眼レフカメラなどに用いられています。

オプトラインは光学薄膜メーカーや最終品メーカーに対して、光学薄膜装置を販売しています。その他、成膜プロセスに関するアドバイスや光学薄膜成膜技術ノウハウを活用した成膜ソリューションの提供なども行なっています。

オプトランの新卒の年収

オプトランの新卒初任給は、職種によって差があります。

  • 博士課程卒:319,250円
  • 大学院卒:303,550円
  • 大卒/高専卒:290,250円

この金額に、年2回の賞与や諸手当、残業代などを加えると、新卒の年収は500万円程度であることが予想できます。日本の平均的な新卒初任給は20万円、年収は300万円程度なので、J大和証券の新卒の年収は平均より高いことがわかります。

オプトランの採用職種は研究開発職(ソフトウェア開発やハードウェア開発など)のみの採用になるため、工業系高校や理系学部卒業者のみが応募可能になります。

オプトランの福利厚生

オプトランは福利厚生が非常に手厚いです。具体的には、下記の制度があります。

健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、退職金制度、従業員持株制度、確定拠出年金制度、社員旅行、スポーツジム会員割引など

オプトランの役員の年収

有価証券報告書によると、2018年度に大和証券が支払った役員報酬は下記の通りです。

  • 社内取締役の役員報酬総額(4名):10億4,212万円(一人当たり約1,900万円)
  • 監査役の役員報酬総額(1名):635万円(一人当たり約7,200万円)
  • 社外取締役の役員報酬総額(4名):2,588万円(一人当たり約1,700万円)
  • 社外監査役の役員報酬総額(2名):685万円(一人当たり約1,700万円)

また、有価証券報告書ではグループ連結報酬総額が1億円以上になる個人名も公表しています。オプトランでは下記の3名です。

  • 孫大雄氏:4億1,243万円
  • 林為平氏:3億8,000万円
  • 高橋典氏:1億8,800万円

オプトランに転職するためには

転職難易度
高い
※独自調査
人気ランキング
圏外
※doda

オプトランの転職難易度は高いです。「社会人が選ぶ転職人気企業ランキング」では圏外ですが、ユニークな業界でトップシェアを取っているため、非常に安定しています。一部からの人気も高いため、オプトランに転職したい方は対策を練る必要があります。

オプトランに転職するために知っておくべきこと

オプトランに転職するために知っておくべきことは、2つあります。

  1. 即戦力採用を実施
  2. 非公開求人を保有する転職エージェントを利用する

1.即戦力採用を実施

オプトランは即戦力採用を実施しています。採用職種は技術職のみです。具体的には、PLC制御、ソフトウェア、機械設計の3職種になります。

即戦力採用であるため、業界経験・職種経験が求められます。具体的には、真空成膜装置の設計開発、真空成膜装置の組立・調整、真空成膜装置の保守作業を経験していると応募することが可能になります。

基本的な勤務地は本社がある埼玉県ですが、会社拠点がある米国シリコンバレーや上海、台湾などや、その他の海外出張も多いため、グローバルに活躍したいと考えている人材が求められます。

2.非公開求人を保有する転職エージェントを利用する

転職エージェントとは、求人紹介や履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、面接の日程調整、面接後の条件交渉などを担当のキャリアアドバイザーがサポートしてくれる無料サービスです。

オプトランは、転職エージェントに「非公開求人」を掲載している可能性があります。オプトランのような人気企業が求人を出すと応募者が殺到しやすいため、一般には公開しない「非公開求人」を転職エージェントに発注することが多いです。

オプトランの場合、転職難易度が非常に高いので、万全な準備が求められます。転職エージェントでは、オプトランの求人紹介はもちろん、オプトランから内定を貰うための面接対策を行ってもらえるため、転職エージェントを利用した方が内定確度は高まるでしょう。

おすすめの転職エージェント

まとめ

オプトランの平均年収は1,091万円ということがわかりました。

オプトランは通年採用を実施しています。難易度が高いため、転職エージェントなどで入念な対策を行う必要があります。

■まとめ

・オプトランの平均年収

1,091万円

・オプトランの新卒の年収

博士課程卒:319,250円

大学院卒:303,550円

大卒/高専卒:290,250円

・オプトランの役員の平均年収

社内取締役の役員報酬総額(4名):10億4,212万円(一人当たり約1,900万円)

監査役の役員報酬総額(1名):635万円(一人当たり約7,200万円)

社外取締役の役員報酬総額(4名):2,588万円(一人当たり約1,700万円)

社外監査役の役員報酬総額(2名):685万円(一人当たり約1,700万円)

孫大雄氏:4億1,243万円

林為平氏:3億8,000万円

高橋典氏:1億8,800万円

・オプトランに転職するために知っておくべきこと

①即戦力採用を実施

③非公開求人を保有する転職エージェントを利用する