シャープの平均年収はいくら?【年収は低い?競合他社比較も合わせて解説】

シャープの平均年収

日本を代表する家電メーカーのひとつ、シャープの平均年収は759万円です。この記事では、そんなシャープの年収を「役職別」「年齢別」「競合他社比較」で詳しく解説します。

シャープの平均年収

平均年収
759万円
※有価証券報告書
月収
50.6万円
※平均年収から算出

シャープの平均年収は759万円です。国税庁の民間給与実態統計調査によると日本国民の平均年収は432万円なので、シャープの平均年収は約1.7倍だということがわかります。

  • シャープの平均年収:759万円
  • 平均年収:432万円

シャープの平均年収の推移

シャープの有価証券報告書を見ると、平均年収が年度により大きく変動していることがわかります。シャープは2012年以降経営が悪化し、経営危機を迎えていました。そのため、2016年まで平均年収は非常に低くなっています。

2016年に台湾企業の鴻海(ホンハイ)に買収されたことにより、シャープは経営危機を脱しました。その影響で、2017年度から大幅に平均年収が上がっています。

今では業績もV字回復しており、今後とも成長が見込めます。平均年収も上がっていくことが想定されます。

年度 平均年収 平均年齢 平均勤続年数 従業員数
2018年 759万円 44.6 22.7 12,518
2017年 753万円 44.6 22.8 13,261
2016年 646万円 43.8 22.1 13,363
2015年 633万円 43.4 20.6 14,544
2014年 728万円 43.3 21.4 17,529
2013年 600万円 42.5 20.7 17,617

出典:有価証券報告書

シャープの役職別の平均年収

シャープの役職別平均年収を表にまとめました。(下表は口コミやindeed、リクナビNEXTなどの情報を独自に集計)

役職につくことができれば、大幅に基本給が上がります。シャープは年功序列がまだ残っており、年齢が上がると共に役職につくことができます。一方、課長クラス以上は実力がないとつけません。

役職 平均年収
部長クラス 1,200万円〜(推定)
課長クラス 900万円〜(推定)
係長クラス 800万円〜(推定)
メンバークラス 400万円〜600万円(推定)

シャープの役員報酬・社長の年収

有価証券報告書によると、2018年度にシャープが社内取締役6名に支払った役員報酬の総額は3億8,600万円でした。

また、有価証券報告書では、連結報酬が1億円を超えている役員の氏名と報酬額を公表しています。シャープの場合は下記の通りです。(役職は2018年度当時のものです)

  • 戴正呉氏(代表取締役会長兼社長執行役員兼中国代表):1億3,700万円

シャープの年齢別の平均年収

シャープの年齢別平均年収を表にまとめました。(下表は口コミやindeed、リクナビNEXTなどの情報を独自に集計)

シャープは年功序列がまだ残っており、年齢が上がれば給与も上がっていきます。

年齢 平均年収
50代 800万円以上(推定)
40代 800万円以上(推定)
30代 600万円〜800万円(推定)
20代 400万円〜600万円(推定)

シャープの年収は低い?【競合他社と比較】

2019年に公表された有価証券報告書をもとに、エレクトロニクス分野の企業のランキングを作成しました。シャープの平均年収は第10位です。

No. 社名 平均年収
1 ソニー 1,051万円
2 富士フィルムホールディングス 997万円
3 東芝 915万円
4 日立製作所 894万円
5 リコー 818万円
6 三菱電機 817万円
7 NEC 799万円
8 Canon 779万円
9 パナソニック 774万円
10 SHARP 753万円

競合他社と比較すると、シャープの年収は低いです。

シャープは一度経営危機に陥ったことで、平均年収が大きく下がりました。現在は鴻海(ホンハイ)に買収されたことにより回復傾向があるため、今後は平均年収も上がっていくことが予想されます。

エレクトロニクス業界は日本を代表する大企業が多く、全体的に平均年収も高いため、シャープの年収が低く感じますが、日本国民の平均年収432万円と比較すると高いです。

シャープに転職するためには

転職難易度
高い
※独自調査
人気ランキング
圏外
※doda

近年の経営難の影響からか、シャープは、「社会人が選ぶ転職人気企業ランキング」では圏外になります。しかし、現在は業績もV字回復を果たし、採用にも力を入れています。大企業であるため、選考基準も高く、シャープに転職したい方は対策が必要です。

シャープに転職するために知っておくべきこと

シャープに転職するために知っておくべきことは、3つあります。

  1. 通年採用を実施
  2. 技術系部門に注力
  3. 転職エージェントを利用する

1.通年採用を実施

シャープは通年採用を実施しています。時期によって求人掲載数は変わりますが、常時数十件が掲載されています。上半期・下半期の始まりの時期には求人が増えると考えられます。

基本的に、どの職種も即戦力(若手〜中堅)・ハイクラスを対象としており、専門的な経験やスキルを求められます。

2.技術系部門に注力

シャープでは、営業系・スタッフ系部門と技術系部門の2つに分けて採用活動を行なっています。

特に技術部門に力を入れており、求人も非常に多いです。下記の分野で様々な職種が募集されています。チャンスが非常に多いため、興味のある方は積極的に応募してみることをおすすめします。

デバイス技術/回路設計技術/機構設計技術/ソフトウェア技術/ネットワーク・AIシステム技術/商品生産技術/品質技術/デザイン/知的財産

3.転職エージェントを利用する

転職エージェントとは、求人紹介や履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、面接の日程調整、面接後の条件交渉などを担当のキャリアアドバイザーがサポートしてくれる無料サービスです。

シャープの場合、転職難易度が非常に高いので、万全な準備が求められます。転職エージェントでは、シャープの求人紹介はもちろん、シャープから内定を貰うための面接対策を行ってもらえるため、転職エージェントを利用した方が内定確度は高まるでしょう。

また、シャープは転職エージェントに「非公開求人」を掲載している可能性が高いです。シャープのような人気企業が求人を出すと応募者が殺到しやすいため、一般には公開しない「非公開求人」を転職エージェントに掲載しています。

おすすめの転職エージェント

まとめ

シャープの平均年収は759万円ということがわかりました。

一時は経営危機により倒産も危ぶまれましたが、リストラや構造改革、そして鴻海(ホンハイ)の子会社になったことにより、業績はV字回復しています。

今後は成長も見込めると予想される中、シャープは大規模な通年採用も行なっているため、シャープに興味のある方は積極的に挑戦してみる価値は大きいです。

■まとめ

・シャープの平均年収

759万円

・シャープの役職別の平均年収

部長クラス:1,200万円〜(推定)

課長クラス:900万円〜(推定)

係長クラス:800万円〜(推定)

メンバークラス:400万円〜600万円(推定)

・シャープの役員報酬

社内取締役の報酬総額(対象者6名):3億8,600万円

戴正呉氏(代表取締役会長兼社長執行役員兼中国代表):1億3,700万円

・シャープの年齢別の平均年収

50代:800万円以上(推定)

40代:800万円以上(推定)

30代:600万円〜800万円(推定)

20代:400万円〜600万円(推定)

・シャープに転職するために知っておくべきこと

①通年採用を実施

②技術系部門に注力

③転職エージェントを利用する