双日の平均年収はいくら?【総合商社の年収ランキングも解説】

双日の平均年収

大手総合商社の一つ、双日の平均年収は1,139万円です。このページでは、そんな双日の年収を「年度別」「役員」「競合比較」で詳しく解説します。

双日の平均年収

平均年収
1,139万円
※有価証券報告書
月収
75.9万円
※平均年収から算出

双日の平均年収は1,139万円です。国税庁の民間給与実態調査によると平均年収は432万円なので、双日の平均年収は約2倍ということがわかります。圧倒的な高年収企業です。

  • 双日:1,139万円
  • 平均年収:432万円

双日の平均年収の推移

双日の最新の有価証券報告書を見ると、1,000万円代前半を推移していることがわかります。年々右肩上がりで平均年収が上がっており、今後とも増えていく可能性は高いです。

平均年収が1,000万円以上の企業は、少数精鋭の企業やホールディングス企業が多いです。そんな中、双日は2,000人以上の従業員を抱えている事業会社でありながら平均年収が1,000万円を超えている驚異的な企業です。

年度 平均年収 平均年齢 平均勤続年数 従業員数
2018年 1,139万円 41.9 15.8 2,410
2017年 1,103万円 41.9 16.0 2,343
2016年 1,090万円 42.2 15.4 2,318
2015年 1,095万円 42.4 15.4 2,270
2014年 1,067万円 42.3 15.4 2,246
2013年 1,052万円 42.2 15.3 2,229

出典:有価証券報告書

双日の役員の年収

有価証券報告書によると、2018年度に双日が支払った役員報酬は下記の通りです。

  • 社内取締役の役員報酬総額(6名):4億6,400万円(一人当たり約7,700万円)
  • 社内監査役の役員報酬総額(1名):3,700万円
  • 社外取締役の役員報酬総額(4名):2,400万円(一人当たり約600万円)
  • 社外監査役の役員報酬総額(4名):6,800万円(一人当たり約1,700万円)

ちなみに、有価証券報告書には、連結報酬が1億円以上ある役員の個人名を公表しています。

  • 佐藤洋二氏:6,900万円
  • 藤本昌義氏:8,200万円

双日の年齢別の平均年収

双日の年齢別の平均年収を算出しました。双日は年功序列の企業であるため、年齢を重ねるごとに年収も上がっていきます。30歳以上になると1,000万円以上の年収をもらえることができます。早ければ20代後半でも年収が1,000万円に届くことが推定できます。

(下表は口コミやindeed、リクナビNEXTなどの情報を独自に集計し算出しました)

年齢 平均年収
50代 2,000万円〜(推定)
40代 1,500万円〜2,000万円(推定)
30代 1,000万円〜1,500万円(推定)
20代 800万円〜1,000万円(推定)

双日の新卒の年収

双日のロゴ

双日の新卒の初任給は、職種・学歴によって変わります。

■総合職

  • 院卒:295,000円
  • 大卒:260,000円

■一般職

  • 院卒・大卒:208,400円

上記の初任給に諸手当、残業代、賞与などを加えると、総合職の場合、新卒の年収は450〜550万円程度だと推定できます。日本の新卒の平均的な初任給が20万円程度、年収が300万円程度なので、双日の新卒の年収は高い傾向にあります。

7大商社の平均年収ランキング

日本の7大商社の平均年収ランキングを作成しました。その他売上高や転職人気ランキングなどの気になる情報も記載しています。

結論から申し上げると、双日の平均年収は第6位です。

企業名 平均年収 売上高 一人あたりの役員報酬 転職人気ランキング
三菱商事 1,607万円 16兆1,037億円 1億6,211万円 9位
伊藤忠商事 1,520万円 11兆6,004億円 3億4,620万円 19位
三井物産 1,430万円 6兆9,575億円 5,991万円 26位
住友商事 1,389万円 5兆3,392億円 1億555万円 96位
丸紅 1,389万円 7兆4,012億円 5,555万円 74位
双日 1,139万円 2兆5,159億円 7,700万円 圏外
豊田通商 1,096万円 6兆7,627億円 6,990万円 297位

出典:有価証券報告書

双日の平均年収は、7大商社の中で2番目に低いです。1位の三菱商事とは500万円程度の差がついています。双日・豊田通商とそれ以外の商社で大きく差がついています。とはいえ、平均年収は1,000万円を超えている高年収企業であることには変わりません。

売上高で見ると、双日は1番低いです。1番近い売上高の住友商事とでも3兆円の差がついています。ただし、売上高が2兆円を超えている巨大企業であるため、日本の企業の中ではトップクラスに安定しています。

双日に転職するためには

転職難易度
高い
※独自調査
人気ランキング
圏外
※doda

双日の転職難易度は高いです。「社会人が選ぶ転職人気企業ランキング」では圏外でしたが、高年収で人気業界の大手企業であることから、求人には常に応募が殺到します。そのため、双日を志望している方は、事前準備が重要になります。

双日に転職するために知っておくべきこと

双日に転職するために知っておくべきことは、4つあります。

  1. キャリア登録システム
  2. 営業職の通年採用を実施
  3. コーポレート部門で通年採用を実施
  4. 転職エージェントを利用する

1.キャリア登録システム

双日には、「キャリア登録システム」が存在します。双日の採用ページで自身のキャリアを登録しておくと、双日の採用担当者があなたのキャリアを閲覧します。そして、「この人と会いたい」と採用担当者が思えば、面接へのオファーメッセージが届きます。

一般公開されている求人の中に興味のあるものや、自身の経験とマッチするものがなかった場合でも、キャリアを登録しておけば、非公開求人の打診を行ってくれる可能性があります。したがって、双日に興味を持っている方は、必ず双日のキャリア登録システムを活用しましょう。

2.営業職の通年採用を実施

双日は営業職の通年採用を実施しています。双日の場合、一口に「営業職」といっても、部署によって求められるスキル・経験や業務内容が異なります。

例えば、自動車本部の場合、グループ会社のCFO/CAOの職務に付く職になり、事業会社の経営層経験が求められます。環境インフラ事業部の場合、再生可能エネルギー発電事業の開発管理を行う職になり、インフラ系事業開発経験や金融/会計/税務/法律/M&A知識の知識が必須になります。

高度なスキルや経験が求められることが多いですが、中にはビジネスレベルの英語能力のみが必須の求人もあるため、掲載されている求人をくまなくチェックしてみることをおすすめします。

ちなみに、営業職の場合、すべての部署でビジネスレベルの英語能力が必須になります。海外とのやり取りが頻発する職種であるため、英語ができなければ仕事ができません。

双日の営業職募集部門(2020年3月現在)

自動車本部、エアクラフトアセット事業部、医療インフラ事業部、環境インフラ事業部、電力プロジェクト部、原子力・エネルギー事業部、社会インフラ開発室、食品・リテール事業部

3.コーポレート部門で通年採用を実施

双日は、コーポレート部門でも通年採用を実施しています。下記で紹介するように、募集されている職種は非常に幅広いです。

ほぼすべての職種が即戦力採用であるため、非常に高いレベルの経験・スキルが求められます。例えば、法務職の場合はM&A・プロジェクト、ガバナンス、労務・コンプライアンスの実務対応経験が必須です。総務・IT職の場合は、ユーザー企業もしくはIT企業における5年以上のIT関連プロジェクトの企画及び上流工程経験が必須になります。

加えて、コーポレート職であっても、すべての職種でビジネスレベルの英語能力が必須になります。

双日のコーポレート職募集部門(2020年3月現在)

監査部、法務部、総務・IT業務部、ストラクチャードファイナンス部、主計部、主計税務課、内部統制統括部、ERP刷新推進室、リスク管理ユニットコントローラー室、リスク管理企画部、リスク管理部

4.転職エージェントを利用する

転職エージェントとは、求人紹介や履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、面接の日程調整、面接後の条件交渉などを担当のキャリアアドバイザーがサポートしてくれる無料サービスです。

双日の場合、転職難易度が非常に高いので、万全な準備が求められます。転職エージェントでは、双日の求人紹介はもちろん、双日から内定を貰うための面接対策を行ってもらえるため、転職エージェントを利用した方が内定確度は高まるでしょう。

また、双日は転職エージェントに「非公開求人」を掲載している可能性が高いです。双日のような人気企業が求人を出すと応募者が殺到しやすいため、一般には公開しない「非公開求人」を転職エージェントに掲載しています。

おすすめの転職エージェント

まとめ

双日の平均年収は1,139万円ということがわかりました。

五大商社と比較すると年収は低くなりますが、平均年収が1,000万円を超えているため、日本全体の中では上位の企業です。中途採用も実施していますが、競争率が高い上に求められる基準も高いため、双日に入社したい方は転職エージェントなどで対策を練ることをおすすめします。

■まとめ

・双日の平均年収

1,139万円

・双日の役職ごとの平均年収

社内取締役の役員報酬総額(6名):4億6,400万円(一人当たり約7,700万円)

社内監査役の役員報酬総額(1名):3,700万円

社外取締役の役員報酬総額(4名):2,400万円(一人当たり約600万円)

社外監査役の役員報酬総額(4名):6,800万円(一人当たり約1,700万円)

佐藤洋二氏:6,900万円

藤本昌義氏:8,200万円

・双日の年代ごとの平均年収

50代:2,000万円〜(推定)

40代:1,500万円〜2,000万円(推定)

30代:1,000万円〜1,500万円(推定)

20代:500万円〜1,000万円(推定)

・双日の新卒の年収

■総合職

院卒:295,000円

大卒:260,000円

■一般職

院卒・大卒:208,400円

・双日に転職するために知っておくべきこと

①キャリア登録システム

②営業職の通年採用を実施

③コーポレート部門で通年採用を実施

④転職エージェントを利用する