Huobiは日本停止になった?【日本法人についても解説】

目次

Huobiが日本居住者向けのサービス終了へ

仮想通貨取引所Huobi(フォビ)は、2018年12月31日をもって日本居住者向けの暗号通貨取引サービスを終了することを発表しました。

「日本居住者向けの暗号通貨取引サービスを終了」については、2018年6月に告知されており、スケジュール通りサービス終了となりました。

Huobiのサービス終了スケジュール

  • 2018年6月:サービス終了に関する告知
  • 2018年11月26日:入金停止
  • 2018年12月31日:決済・取引停止
  • 2019年1月1日〜:外部ウォレットへの送金のみ可能

Huobi Japanの利用が可能に

HuobiJapanが始動

日本居住者はHuobiを利用できなくなりましたが、代わりにHuobi Japanが利用できるようになりました。

Huobi Japanは、日本金融庁(関東財務局長 第00007号)認可の下、2018年12月17日より口座開設の受付をスタートしています。

Huobi Japanでは、頻繁にキャンペーンが行われているので、まだ登録されていない方は、キャンペーンや紹介コードを利用した方がお得です。

金融庁の認可について

金融庁の認可はとても厳しいことで有名です。Huobi Japanの場合も例外ではなく、金融庁の認可を得ることに苦労していました。

そこで、金融庁の認可をすでに受けている「ビットトレード」を2018年9月に傘下に収めることで、結果的に金融庁からの認可を受けることに成功しました。

そのため、今までビットトレードを利用していた方は、ビットトレードにある資金を移動させることが必要です。

資金の移動については、以下3つの方法を選ぶことができます。

  • Huobi Japanの口座へ振替(日本円・仮想通貨)
  • 銀行口座へ出金(日本円)
  • 外部ウォレットへ送金(仮想通貨)

ドメインについて

Huobi Japanは、日本法人のため、ドメインも「https://www.huobi.co.jp/」となっています。「.co.jpドメイン」は、日本で登記している法人のみが利用できるドメインです。

一方、海外のHuobiは「https://www.huobi.com/」となっています。

目次
閉じる