サラリーマンの平均年収は441万円!【男女別・年齢別で解説】

「サラリーマンの平均年収はいくらか?」気になる方は多いと思います。結論から言うと、サラリーマンの平均年収は441万円です。

この記事では、サラリーマンの平均年収だけでなく、年齢別の平均年収についても解説しているので、参考にしてみてください。

サラリーマンの平均年収

国税庁の「民間給与実態統計調査(平成30年度)」によると、サラリーマンの平均年収は441万円です。

男女別に見ると、男性は545万円、女性は293万円となっています。前年に比べると、男性と女性ともに微増していますが、コロナの影響もあり直近は下がっていくと予測できます。

年度 平均年収
全体 男性 女性
平成30年 441万円 545万円 293万円
平成29年 432万円 532万円 287万円
平成28年 422万円 521万円 280万円

出典:民間給与実態統計調査

年齢別のサラリーマンの平均年収

年齢別のサラリーマンの平均年収を見ると、以下の傾向が見られます。

  • 年齢が上がるにつれて、男性と女性との年収ギャップは広がる
  • 男性は55〜59歳が年収のピーク
  • 女性は25〜29歳が年収のピーク
  • 男性は年齢が上がるにつれて年収が上がる
  • 女性は年齢に関係なく年収300万円台を前後する

平均年収だけでは一概に言えませんが、男性は年齢とともに年収が上がっていきますが、女性は年収200〜300万円のレンジを行ったり来たりしていることがわかります。

年齢
全体の平均年収 男性の平均年収 女性の平均年収
19歳以下 137万円 162万円 114万円
20〜24歳 267万円 284万円 249万円
25〜29歳 370万円 404万円 326万円
30〜34歳 410万円 470万円 315万円
35〜39歳 448万円 528万円 314万円
40〜44歳 476万円 581万円 319万円
45〜49歳 502万円 635万円 313万円
50〜54歳 529万円 682万円 322万円
55〜59歳 520万円 686万円 298万円
60〜64歳 416万円 537万円 242万円
65〜69歳 326万円 410万円 211万円
70歳以上 306万円 382万円 206万円
平均 441万円 545万円 293万円

出典:民間給与実態統計調査

サラリーマンの年収中央値

年収中央値とは、平均年収とは異なる考え方です。

平均年収は、一部の富裕層によって平均が底上げされています。そのため、一般庶民の実感値とは異なる傾向が強いです。

一方、年収中央値は、大多数の真ん中の値を取ります。例えば、100人の年収を調べた際、50位の年収が年収中央値となります。

転職エージェントとして有名な『doda』のデータによると、全体の年収中央値は300万円となっており、平均年収(441万円)と比べると約140万円もの開きがあります。

  • 全体の年収中央値:300万円
  • 男性の年収中央値:420万円
  • 女性の年収中央値:300万円

年齢別の年収中央値

年齢別の年収中央値も紹介しておきます。

  • 男性は58歳の年収中央値800万円がピーク
  • 女性は59歳の年収中央値551万円がピーク
  • 男性と女性ともに年齢が上がるにつれて年収中央値も上がる

上記のように、平均年収のデータとは異なる傾向が読み取れます。ただし、こちらは転職エージェント『doda』の一部の求職者を対象にしたデータのため、すべて鵜呑みにするのは注意が必要です。

年齢 全体の年収中央値 男性の年収中央値 女性の年収中央値
20歳 220万円 240万円 216万円
21歳 230万円 240万円 230万円
22歳 250万円 250万円 243万円
23歳 260万円 280万円 250万円
24歳 300万円 300万円 280万円
25歳 300万円 320万円 300万円
26歳 330万円 350万円 300万円
27歳 350万円 360万円 320万円
28歳 360万円 383万円 330万円
29歳 380万円 400万円 350万円
30歳 400万円 400万円 350万円

年齢 全体の年収中央値 男性の年収中央値 女性の年収中央値
31歳 400万円 420万円 347万円
32歳 400万円 430万円 350万円
33歳 410万円 440万円 351万円
34歳 430万円 450万円 350万円
35歳 450万円 480万円 360万円
36歳 450万円 500万円 360万円
37歳 460万円 500万円 370万円
38歳 480万円 500万円 360万円
39歳 500万円 504万円 400万円
40歳 500万円 530万円 400万円
41歳 510万円 550万円 400万円
42歳 550万円 580万円 400万円
43歳 550万円 580万円 400万円
44歳 550万円 600万円 400万円
45歳 575万円 600万円 400万円
46歳 600万円 600万円 420万円
47歳 600万円 650万円 470万円
48歳 600万円 650万円 400万円
49歳 650万円 651万円 430万円
50歳 650万円 700万円 450万円
51歳 625万円 650万円 402万円
52歳 700万円 700万円 400万円
53歳 700万円 720万円 400万円
54歳 700万円 730万円 450万円
55歳 750万円 780万円 380万円
56歳 700万円 720万円 375万円
57歳 760万円 775万円 475万円
58歳 800万円 800万円 350万円
59歳 737.5万円 750万円 551万円

出典:doda

統計元:平均年収/生涯賃金データ2012年齢別 DODA

年収アップを目指している方におすすめの転職サービス

年収アップを目指している方におすすめしているのが、下記の転職サービスです。有名な転職サービスを厳選したので、登録して損はないと思います。

元リクルートの転職エージェントから言うと、知名度の低い転職サービスはおすすめできません。「求人数」「サポートの質」「年収アップ率」を考えると、大手企業が運営している転職サービスの方が断然おすすめです。

1位:リクルートエージェント
2位:キャリアカーバー

3位:JACリクルートメント
必須:リクナビNEXT

1位:リクルートエージェント

【おすすめ度】★★★★★(5.0)
【公式HP】https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、業界最大手のリクルートキャリアが運営している転職支援実績No.1の転職エージェントです。求人数、キャリアアドバイザーの質、サポート体制、どれをとってもトップクラスです。

利用者の60%以上が年収アップしており、転職をするなら必須の転職エージェントと言えます。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

リクルートエージェントの評判と特徴を元リクルートが徹底解説

サービス名 リクルートエージェント
対応地域 全国
探せる職種 営業・販売・カスタマーサービス、企画・マーケティング・経営、管理・事務、物流・購買・貿易・店舗開発、コンサルタント、金融専門職、不動産専門職、クリエイティブ、SE・IT・エンジニア、エンジニア(設計・生産技術・品質管理)、建築・土木・化粧品、その他(講師・調理師・介護など)
求人数 約24万件(2018年11月現在)
特徴 ・転職支援実績No.1
・圧倒的な求人数
・経験豊富なキャリアアドバイザー
・条件交渉に強いリクルーティングアドバイザー
・転職者の60%以上が年収アップ
・全国に拠点があり、相談がしやすい

2位:キャリアカーバー

キャリアカーバー

【おすすめ度】★★★★★(5.0)
【公式HP】https://careercarver.jp/

キャリアカーバーは、業界最大手のリクルートキャリアが運営するハイクラス向けの転職サービスです。リクルートエージェントのハイクラス版と考えるとわかりやすいと思います。

キャリアカーバーの特徴は、他の転職サービスでは扱っていない高年収求人が多く掲載されていることです。転職エージェントの経験から言えば、質の高い高年収求人をここまで集めているのはキャリアカーバーだけじゃないでしょうか。

注意点としては、キャリアカーバーは年収500万円以下の人が登録してもあまり意味がないことです。年収500万円以上で年収アップを目指している方であれば、登録して損はないと思います。

登録すれば求人を見ることができるので、一度公式HPをチェックしてみてください。完全無料で利用することができます。

キャリアカーバーの評判と特徴を元リクルートが徹底解説

サービス名 キャリアカーバー
対応地域 全国
探せる職種 経営ボード、経営企画・事業計画、管理、マーケティング、クリエイティブ、営業、コンサルタント、ITコンサルタント、専門職、IT・インターネット、ゲーム、電気・電子、半導体、機械、組み込み制御、化学、化粧品・食品、金融、メディカル、建設・不動産、知的財産、その他
求人数 多い
特徴 ・高年収の非公開求人が多数
・ヘッドハンターの質が高い
・レジュメがすべて匿名(採用担当者に個人情報を見られる心配はありません)

3位:JACリクルートメント

JACリクルートメント

【おすすめ度】★★★★☆(4.5)
【公式HP】http://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントは、ハイキャリア転職実績No.1の転職エージェントです。人材紹介事業において、リクルート、dodaに次いで国内第3位の売上高を誇っています。

高年収求人をメインに扱っており、年収アップを目指している方にとっては、必須の転職エージェントと言えます。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

JACリクルートメントの評判と特徴を転職エージェントが徹底解説

サービス名 JACリクルートメント
対応地域 全国
探せる職種 サービス、商社/流通/外食、消費財、建設/不動産、金融、クリエイティブ/マーケティング、運輸/物流/倉庫、IT・通信、コンサルティング/シンクタンク/法律・会計、電気/電子/半導体、機械/自動車、化学、金属/素材/エネルギー、メディカル・バイオ、医療/介護/福祉、その他
求人数 1万5,000件以上
特徴 ・高年収求人が多い
・ハイキャリア転職実績No.1
・グローバル転職に強い(外資系企業との取引実績4,000件)
・一気通貫型のコンサルティング体制
・人材紹介において国内3位
・業界・職種に特化したコンサルタントが約650名在籍

必須:リクナビNEXT

リクナビNEXT

【おすすめ度】★★★★★(5.0)
【公式HP】https://next.rikunabi.com/

リクナビNEXTは、業界最大手のリクルートが運営する転職サイトです。圧倒的な求人数を誇り、会員数は約800万人。転職活動をされている方のほとんどが利用しています。

求人は全国を網羅しており、幅広い職種を扱っているので、希望条件に合った求人が必ず見つかります。履歴書や職務経歴書の作成ツールが無料で使えるので、重宝すると思います。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

リクナビNEXTの評判と特徴を元リクルートが徹底解説

サービス名 リクナビNEXT
対応地域 全国
探せる職種 営業、事務・管理、企画・マーケティング・経営・管理職、サービス・販売・外食、Web・インターネット・ゲーム、クリエイティブ(メディア・アパレル・デザイナ)、専門職(コンサルタント・士業・金融・不動産)、ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)、エンジニア(機械・電気・電子・半導体・制御)、素材・化学・食品・医薬品技術職、建築・土木技術職、技能工・設備・交通・運輸、医療・福祉・介護、教育・保育・公務員・農林水産・その他
求人数 非常に多い
特徴 ・約85%の求人がリクナビNEXT独自の求人
・毎週数千件の新着求人が掲載される
・スカウト機能をつかえる
・「転職成功ノウハウ」などのコンテンツが充実している
・検索機能が使いやすい
・人材紹介会社であるリクルートが運営している安心感