月並みの意味と使い方【知っておきたいビジネス用語】

月並みの意味と使い方

「月並み」という言葉、あまり使う機会は多くないですが、「月並みですが…」と文頭に置くパターン、たまに聞きますよね。

「月並み」は、「平凡」「ありきたり」という意味。「月並みですが」となると、「つまらないことを申し上げますが」という意味になります。

この記事では、「月並み」の意味だけでなく、使い方や例文を解説します。ぜひ参考にしてみてください。

月並みの意味と使い方

月並み

読み:つきなみ

意味:平凡、ありきたり

月並み(つきなみ)とは、「平凡」「ありきたり」という意味です。「月並みですが…」という表現でよく使われるので、聞いたことのある方も多いと思います。

「月並みですが」はそのまま言い換えると「平凡なことですが」となります。

よりわかりやすく言い換えると、「月並みですが」は「つまらないことを申し上げますが」という意味です。何か発言する際に謙遜する意味で使われます。

月並みですが=つまらないことを申し上げますが

「気の利いたことを言えない時」や「ありきたりの発言をする時」に「月並みですが」を前置きすることで、丁寧な印象を相手に与えることができます。

月並みを使った例文

月並みですが、非常に便利な言葉なので、例文と一緒に覚えておきましょう。

例文1.月並みですが、これからも頑張ります。(ありきたりな発言ですが、これからも頑張ります。)

例文2.月並みですが、応援しております。(平凡なことしか言えませんが、応援しております。)

例文3.月並みの表現にはなりますが、末永くお幸せに。(平凡な言い回しになりますが、末永くお幸せに。)

例文4.月並みで恐縮ですが、ご多幸お祈りします。(平凡なことしか言えませんが、ご多幸お祈りします。)

例文5.月並みですが、これらも精進していきます。(ありきたりな発言ですが、これからも精進します。)

知っておきたいビジネス用語一覧

ビジネスシーンで「知っておくべき用語」「役立つ用語」をまとめています。ビジネス用語は、ビジネスパーソンにとって必須スキルです。わからない単語があれば、ぜひチェックしてみてください。

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
ら行
わ行
0〜9 A〜Z