Macのウィンドウ切り替え方法【ショートカットキーについて】

Windowsでは、ウィンドウの切り替えは「Alt + Tab」でできます。Windowsユーザーであれば、重宝したショートカットキーだと思います。

では、Macの場合はどうでしょうか?

Macの場合は、Windowsとは異なり、切り替える方法が複数あります。

この記事では、「Macのウィンドウを切り替える方法」だけでなく、「ショートカットキーをアレンジするする方法」についても解説します。

前提:MacとWindowsのウィンドウ切り替えについて

Windowsでは、「Alt + Tab」を使えば、開いているすべてのウィンドウを切り替えることができます。

Macの場合は、開いているすべてのウィンドウを切り替えるショートカットはありません。その代わりに、「アプリケーションごとの切り替え」「同一アプリ内の切り替え」のショートカットが用意されています。

Macのウィンドウ切り替え方法

アプリケーションごとの切り替え

Macでは、「command + Tab」でアプリケーションの切り替えができます。このショートカットキーは、ウィンドウを切り替えるものではなく、アプリケーションを切り替えるものです。

例えば、ChromeとExcelという2つのアプリケーションを開いているときに、「command + Tab」を使うと、ChromeとExcleを切り替えることができます。

同一アプリ内でウィンドウを切り替える方法

同一アプリ内でウィンドウを切り替えるには、「coomand + @」を使います。

例えば、Chromeのウィンドウを3つ開いてるときに、「coomand + @」を使えば、Chromeの3つのウィンドウを切り替えることができます。

設定によっては、「coomand + @」ではない場合もあるので、ショートカットキーの確認の仕方も解説しておきます。

ウィンドウ切り替えのショートカットキーの確認方法

  1. システム環境設定から「キーボード」を開く
  2. 「ショートカット」を確認する

ステップ①:システム環境設定から「キーボード」を開く

Macのウィンドウを切り替え方法

ステップ②:「ショートカット」を確認する

「キーボード」の設定ページが開いたら、タブから「ショートカット」を選択します。

Macのウィンドウを切り替え方法

左にあるメニューから「キーボード」を選択して、「次のウィンドウを操作対象にする」のショートカットキーを確認してみてください。

画像では、「command + @」となっています。

Macのウィンドウを切り替え方法

ウィンドウ切り替えのショートカットキーを変更する方法

  1. システム環境設定から「キーボード」を開く
  2. 「ショートカット」を変更する

ステップ①:システム環境設定から「キーボード」を開く

Macのウィンドウを切り替え方法

ステップ②:「ショートカット」を変更する

「キーボード」の設定ページが開いたら、タブから「ショートカット」を選択します。

Macのウィンドウを切り替え方法

左にあるメニューから「キーボード」を選択して、「次のウィンドウを操作対象にする」のショートカットキーを変更します。

赤枠の部分を一度クリックすると、ショートカットを変更することができます。画像では、デフォルトの「command + @」から「command + E」に変更しています。

Macのウィンドウを切り替え方法