Bybit(バイビット)のトレードバトルとは?【参加するメリットなど】

コインチェック フォビジャパン

Bybitのトレードバトルとは

Bybitは、たくさんのイベントを行っています。その中でも、大きな注目を集めるのがトレードバトルです。

これまで、

  • WSOT(World Series of Trading)
  • ジングル大乱闘
  • 全日本トレードバトル
  • 裁量VSボットトレードバトル

などのトレードバトルが行われてきました。

WSOT(World Series of Trading)

WSOT

WSOTとは、世界のトレードバトルのこと。2020年夏季WSOT(World Series of Trading)大会の賞金総額は100BTCでした。

個人戦とチーム戦ともに、「junki84」という方が優勝しており、当時は非常に注目されていました。

junki84氏は、0.3BTC(約38万円)から約1ヶ月で16.2BTC(約2,000万円)にしています。凄まじいですね。

トレードバトルをチェックしていると、このような凄腕トレーダーを見ることができます。

ジングル大乱闘

ジングル大乱闘

ジングル大乱闘は、2020年12月に行われました。最高賞金は25BTCで、最低0.01BTCあれば参加することができました。

全日本トレードバトル

全日本BTCトレードバトル

全日本トレードバトルは、2020年6月〜7月に行われました。最高賞金総額は13.5BTCなので、大きな大会ですね。

この時は、参加するだけで2,000円相当のBTCがプレゼントされました。

裁量VSボットトレードバトル

裁量VSボット

裁量VSボットトレードバトルは、2020年10月に行われました。裁量チームとボットチームに分かれて戦い、最高個人賞金は2.1BTCでした。

トレードバトルのルールは厳格

これまで、ルールに違反して失格になった人たちもいます。

WSOTのときには、失格者が何人か出ました。その理由は、 「1分あたり20回以上注文をキャンセルしたから」です。

このようにBybitのトレードバトルでは、厳密にルールが決まっています。トレードバトルのルールについては、各大会詳細ページに必ず記載されています。

トレードバトルに参加するメリット

Bybitのトレードバトルは、メリットしかないです。

  • 凄腕トレーダーのランキングを見ることができる
  • 参加するだけで賞金が得られる可能性がある
  • 保有資産があれば誰でも参加できる

Bybitのトレードバトルは、「参加費がいくら」というものではなく、保有資産があれば、あとは大会詳細のページで「参加する」をクリックするだけです。

資産が減ることもないので、私はとりあえずトレードバトルに参加しておこうという感覚でいつも参加しています。