仮想通貨の「テストネット」と「メインネット」をわかりやすく解説

仮想通貨の「テストネット」とは

仮想通貨のテストネットとは、「テストで使用される仮想通貨ネットワークのこと」です。

テストネットは、開発中の仮想通貨の動作を試すことで、問題点の有無などの確認を行うためのものです。

例えばイーサリアム上で開発された仮想通貨であれば、イーサリアムのテストネットを使って、イーサリアムのブロックチェーン上で、動作テストなどを行います。

そのため、テストネットの状態では、開発中の仮想通貨自体のブロックチェーンは公開されていません。

仮想通貨の「メインネット」とは

仮想通貨のメインネットとは「独立したブロックチェーンのこと」です。

ブロックチェーンが公開されていない「テストネット」に対し、メインネットでは実際に独立したブロックチェーンが公開されます。

テストネットで問題点を洗い出し、実際に稼働させても問題ないと判断された段階で、メインネットに移行するのが一般的な流れです。

仮想通貨の「メインネットローンチ」とは

仮想通貨のメインネットローンチとは「メインネットを立ち上げること」です。

ローンチは英語表記すると「launch」で、「打ち上げる」や「立ち上げる」などの意味を持ちます。ビジネスシーンでは「新製品や新サービスの公表」を指す用語として使われています。

仮想通貨の「メインネット」と「価格」の関係性

一般的に仮想通貨が「メインネット」に公開されると、価格が高騰する傾向にあります。

これは、

  • 仮想通貨のメインネット公開=開発がきちんと進んでいる

と判断されることにより、価格が上昇するもので、直接的に関係がある訳ではありません。仮想通貨のプロジェクトは立ち上げ後にすぐ消えてしまうものや、詐欺の案件も多いため、開発されていること自体が好材料だと判断されます。

仮想通貨の「テストネット」と「メインネット」の違い

最後に、仮想通貨「メインネット」と「テストネット」の違いを整理します。

  • テストネット:テストで使用される仮想通貨ネットワークのこと
  • メインネット:独立したブロックチェーンのこと

仮想通貨の実験段階は「テストネット」、仮想通貨の実用段階は「メインネット」という理解をしておけば問題ありません

今後も様々な仮想通貨の開発が進んでいくなかで、頻出する単語なので、必ず覚えておくようにしましょう。