キャリートレードとは【注意点についても解説】

【期間限定】2,000円が必ずもらえるキャンペーン!
DMMビットコインのキャンペーン

国内取引所で大人気のDMMビットコインでは、口座開設をするだけで2,000円が必ずもらえるキャンペーンを行っています。まだ、DMMビットコインの口座開設をしていない方は、要チェックです!

  • 2023年2月1日までのキャンペーン
  • 即時2,000円プレゼント
  • 入金する必要なし
  • 予算がなくなり次第キャンペーン終了
\DMMビットコインをお得に利用する/

キャリートレードとは

キャリートレードとは、「金利の低い通貨を借りて入れて資金調達し、金利の高い通貨に変換して運用すること」で、利益を獲得する取引のことです。

この取引手法の狙いは、低金利の通貨と高金利の通貨の「金利差」です。例えば、円安の時に低金利の「円」を売り、高金利の「ドル」を買う取引のこと(円キャリートレード)を指します。

キャリートレードを利用できる理由は、FX取引にあります。FX取引を行う際、通貨を買うと、同時に保有している通貨も売ることになります。

この時、「売る通貨」と「買う通貨」の2つの通貨の金利の差に注目することで、金利差分の収益を得られます。このことを、FX取引では「スワップポイント」と言います。

金利差の大きい通貨ペアを選ぶことで、受け取る「スワップポイント」も大きくなります。

円キャリートレード

円キャリートレードとは、金利が低い円を借り入れて資金調達し、その資金を外貨に変換して運用する取引のことです。

日本の金利が低下し、海外の金利が上昇している時は「円キャリートレード」が増加します。円キャリートレードの増加によって、円が売られやすくなり「円安」との要因となります。

円キャリートレードに関しては、以下の記事でも詳しく解説しているので、チェックしてみてください。

キャリートレードの仕組み

キャリートレードでは、金利の低い通貨を借り入れして、高金利の通貨で資産運用をします。そのため、金利の高い通貨を保有し続けるだけで「金利差分の収益」が毎日発生する仕組みとなっています。

また、円キャリートレードでは、低金利の円を借りて売り、米ドルなどのより高い金利の通貨を買うことで、両通貨の金利差を得ることができます。

FX取引で円キャリートレードを行う場合は「スワップポイント」と「円安による差分」の利益を狙っていくことが可能です。

キャリートレードは、取引する2国間の金利の上昇と低下の差が大きくなる傾向があるほど、取引がより行われやすくなります。また、2国間における金利政策の方針が違うと、キャリートレードを行う人がより多くなります。

キャリートレードの巻き戻しとは?

キャリートレードでは、「円を売り」「ドルを買う」といった円とドルの金利差に注目して取引する人が増えるほど、ドル高・円安が進むことになります。

ただし、米国の金融政策として、ドル高の上昇を抑え始めると、多くの投資家がドルを一旦円に戻し、一時的に円高となることがあります。このことを「キャリートレードの巻き戻し」と言います。

キャリートレードの注意点

キャリートレードを行う際は、金利の高い通貨を保有すると相場の変動リスクが高くなるので、注意が必要です。

キャリートレードとは、金利差を狙って取引する手法でのため、金利差が大きいほど利益の獲得は高くなりますが、同時に為替相場の変動も大きくなります。

これまで金利の高かった通貨が突然急落し、スワップポイントで得る収益よりも為替の差額による損失額の方が大きくなる可能性があります。

そのため、FX取引時にキャリートレードを行う際は、通貨を売買する2カ国間の金融政策の方向性を随時確認する必要があります。