メタマスクにBSC(バイナンススマートチェーン)を追加する方法

【期間限定】2,000円が必ずもらえるキャンペーン!
DMMビットコインのキャンペーン

国内取引所で大人気のDMMビットコインでは、口座開設をするだけで2,000円が必ずもらえるキャンペーンを行っています。まだ、DMMビットコインの口座開設をしていない方は、要チェックです!

  • 2023年2月1日までのキャンペーン
  • 即時2,000円プレゼント
  • 入金する必要なし
  • 予算がなくなり次第キャンペーン終了
\DMMビットコインをお得に利用する/

MetaMask(メタマスク)にBSC(バイナンススマートチェーン)を追加する方法【スマホ版】

メタマスクとBSC(バイナンススマートチェーン)

メタマスクをインストールすると、デフォルト設定ではイーサリアムしか接続されていません。そのため、使用したいチェーンを追加していく必要があります。

メタマスクにBSC(バイナンススマートチェーン)を追加する方法は、非常に簡単です。他のチェーンにおいても、追加方法は同じなので覚えておきましょう。

ここでは、スマホ画面を例に解説しますが、PCも操作は同じです。

メタマスクにバイナンススマートチェーンを追加する方法
  1. ネットワークの追加をクリック
  2. BSCの情報を入力
  3. BSCが追加できたかを確認

ステップ①:ネットワークの追加をクリック

まずはメタマスクのアプリを起動します。

次に、赤枠の「Ethereum Main Network」をクリックします。

MetaMask(メタマスク)のチェーン追加方法

現在接続されているネットワーク一覧が表示されるので、赤枠の「Add a network(ネットワークを追加する)」をクリックします。

MetaMask(メタマスク)のチェーン追加方法

 

ステップ②:BSCの情報を入力

ネットワークの追加画面が表示されるので、赤枠の「CUSTOM NETWORKS」をクリックします。

MetaMask(メタマスク)のチェーン追加方法

次に、BSC(バイナンススマートチェーン)の情報を以下のように入力して、「追加」をクリックします。

ネットワーク名:BSC

RPC URL:https://bsc-dataseed.binance.org

チェーンID:56

シンボル:BNB

ブロックエクスプローラーURL:https://bscscan.com

MetaMask(メタマスク)のチェーン追加方法

ステップ③:BSCが追加できたかを確認

最後に、BSCが追加されたかを確認しましょう。

赤枠の「Ethereum Main Network」をクリックします。

MetaMask(メタマスク)のチェーン追加方法

メタマスクのネットワーク一覧が表示されて、「BSC」が追加されていたら完了です。

MetaMask(メタマスク)のチェーン一覧

「BSC」をクリックすると、ネットワークが「BSC(バイナンススマートチェーン)」に変わります。

メタマスクのBSC(バイナンススマートチェーン)の追加確認

メタマスクにBSCトークンを追加する方法

メタマスクにBSC(バイナンススマートチェーン)を追加できたら、BSCのトークンを追加してみましょう。

ここでは、BUSDを例にトークンの追加方法を解説します。

ステップ①:トークンのコントラクトアドレスを調べる

コントラクトアドレスとは、トークン固有のアドレスのことで、チェーンごとにコントラクトアドレスが必ず付与されています。

トークンのコントラクトアドレスを調べる方法はさまざまありますが、CoinMarketCapで確認するのが一番簡単だと思います。

CoinMarketCapのBUSDのページにアクセスすると、中段に「コントラクト一覧」という記載があるので、赤枠の矢印をクリックします。

BUSDのコントラクトアドレス確認方法

BUSDのコントラクト一覧が表示されるので、赤枠のコピーをクリックします。これでBUSDのコントラクトアドレスがコピーできました。

BUSDのコントラクトアドレス確認方法

ちなみに、BSCは2022年2月にBSC(バイナンススマートチェーン)からBNB Smart Chainに名称変更しています。

ステップ②:トークンをインポートをクリックする

次に、メタマスクのアプリを起動して、赤枠の「トークンをインポート」をクリックします。

MetaMask(メタマスク)にトークンを追加する方法

次に、赤枠の「カスタムトークン」をクリックします。

MetaMask(メタマスク)にトークンを追加する方法

ステップ③:コントラクトアドレスを入力してインポートする

最後に、先ほどCoinMarketCapでコピーしたBUSDのコントラクトアドレスを「トークンアドレス」の欄にコピペして「インポート」をクリックします。

MetaMask(メタマスク)にトークンを追加する方法

インポートが完了すると、BUSDが表示されるようになります。これでメタマスクにBUSDを追加することができました。

MetaMask(メタマスク)にトークンを追加する方法