三菱商事の平均年収はいくら?【年齢ごとや関連会社の年収も解説】

三菱商事の平均年収

日本を代表する総合商社、三菱商事の平均年収は1,605万円です。この記事では、そんな三菱商事の年収を「役職別」「年齢別」「関連会社」「競合他社比較」で詳しく解説します。

三菱商事の平均年収

平均年収
1,607万円
※有価証券報告書
月収
107.1万円
※平均年収から算出

三菱商事の平均年収は1,607万円です。国税庁の民間給与実態統計調査によると日本国民の平均年収は432万円なので、三菱商事の平均年収は約3.7倍だということがわかります。

  • 三菱商事の平均年収:1,607万円
  • 平均年収:432万円

三菱商事の平均年収の推移

三菱商事の有価証券報告書を見ると、急激な右肩上がりで平均年収が伸びていることがわかります。

年度 平均年収 平均年齢 平均勤続年数 従業員数
2018年 1,607万円 42.5 18.5 6,016
2017年 1,540万円 42.7 18.5 6,129
2016年 1,386万円 42.5 18.5 6,233
2015年 1,445万円 42.6 18.5 6,290
2014年 1,375万円 42.6 18.6 6,322
2013年 1,355万円 42.8 18.7 6,358

出典:有価証券報告書

三菱商事の年齢別の平均年収

三菱商事の年齢別の平均年収を独自に調査し、表にまとめました。

三菱商事はいまだ年功序列が残っている企業。そのため、年齢を重ねれば必然的に年収も上がります。役職につけなかったとしても、年齢が上がれば2,000万円以上はもらえます。

とはいえ、三菱商事は20代で1,000万円を超えるため、年収面だけでいえば、年功序列により若手が損をすると感じることはあまりなさそうです。

年齢 平均年収
50代 2,000万円〜(推定)
40代 1,500万円〜2,000万円(推定)
30代 1,000万円〜1,500万円(推定)
20代 800万円〜1,000万円(推定)

三菱商事の役職別の平均年収

三菱商事の役職別平均年収を独自に調査し、表にまとめました。

三菱商事では、役職につくと大幅に年収が上がります。

役職 平均年収
部長クラス 2,500万円〜(推定)
課長クラス 2,000万円〜(推定)
係長クラス 1,500万円〜(推定)
メンバークラス 800万円〜1,000万円(推定)

三菱商事の会長・社長・取締役・執行役員の年収

有価証券報告書によると、2018年度に三菱商事が社内取締役に支払った報酬総額は14億5,900万円です。三菱商事では、役員ごとに支払った報酬額を開示しています。

  • 小林健(取締役会長):3億2,700万円
  • 垣内威彦(代表取締役社長):4億4,500万円
  • 西浦完司(代表取締役常務執行役員):1億300万円
  • 増一行(代表取締役常務執行役員):1億1,900万円
  • 榊田雅和(代表取締役常務執行役員):1億1,800万円
  • 戸出巌(取締役常務執行役員):1億1,900万円
  • 村越晃(取締役常務執行役員):1億1,900万円
  • 鴨脚光眞(取締役常務執行役員):1億200万円

三菱商事の子会社の平均年収

三菱商事グループのロゴ

三菱商事の関連会社の中から、主要10社の平均年収を紹介します。日本を代表する三菱商事グループなだけあり、平均年収は高いです。なお、下記の平均年収は、2019年の有価証券報告書、口コミなどを独自に集計・算出しました。

No. 社名 平均年収
1 三菱商事 1,607万円
2 ニコン 830万円
3 日本食品化工 739万円
4 三菱食品 648万円
4 ローソン 638万円
6 日東富士製粉 638万円
7 三菱商事エネルギー 620万円(推定)
8 三菱商事テクノス 610万円(推定)
9 三菱商事ロジスティクス 600万円(推定)
10 三菱商事ファッション 550万円(推定)

1.三菱商事

三菱商事のロゴ

三菱商事の平均年収は1,507万円です。

三菱商事とは、日本最大規模の総合商社です。最初は貿易仲介事業会社として活動していました。80年代以降は、様々なビジネスに着手し、現在では川上から川下の全てのフェーズであらゆる機能を提供する「総合事業会社」として活動しています。

2.ニコン

ニコンのロゴ

ニコンの平均年収は830万円です。

ニコンは、光学機器の大手メーカーです。一眼レフカメラ、デジタルカメラなどで市場を席巻しています。歴史は古く、戦前に設立された光学系企業がルーツとないります。戦時中は日本軍の銃器・兵器のいわゆるスコープ部分を開発・製造していました。

戦後、技術を民間転用したことにより生まれたのが、カメラの「ニコン」や「ライカ」になりました。現在はtoC向け製品だけでなく、半導体製造用機器などの法人向け製品が世界的なヒットを重ね、大幅な増収を達成しています。

3.日本食品化工

日本食品化工

日本食品化工の平均年収は739万円です。

日本食品化工とは、食用品でんぷんや工業用でんぷんを中心に製造する食品メーカーです。東証二部に上場しています。設立当初から三菱と提携していましたが、2007年に三菱商事の株式公開買い付けにより三菱商事の子会社になりました。

4.三菱食品

三菱食品のロゴ

三菱食品の平均年収は648万円です。

三菱食品は、加工食品を中心に取り扱う専門商社です。2011年に、三菱グループの明治屋商事、菱食、サンエス、フードサービスネットワークが経営統合され設立されました。その後も三菱グループの食品関連会社の吸収合併を繰り返し、どんどん規模が大きくなっています。東証二部上場企業です。

5.ローソン

 

ローソンのロゴローソンの平均年収は638万円です。

ローソンは、大手コンビニフランチャイズです。店舗数は日本3位。当初はダイエー系列の企業でしたが、ダイエーの業績悪化とともにローソン株式を三菱商事に売却し、2016年に正式に三菱グループの一員となりました。

6.日東富士製粉

日東富士製粉のロゴ

日東富士製粉の平均年収は638万円です。

日東富士製粉とは、製粉・食品事業、外食事業、運送事業を手がける企業です。自社で製粉した小麦粉などを三菱商事経由で販売したり、ケンタッキーフライドチキンの店舗運営などを行なっています。

7.三菱商事エネルギー

三菱商事エネルギーのロゴ

三菱商事エネルギーの平均年収は約620万円です。

三菱商事エネルギーとは、石油製品卸売や直売事業を行なっている企業です。石油の卸売企業としては日本最大規模。1990年に三菱商事の石油リテール部門が独立する形で設立されました。

8.三菱商事テクノス

三菱商事テクノスのロゴ

三菱商事テクノスの平均年収は約610万円です。

三菱商事テクノスとは、工作機械の専門商社です。蓄積された知見やノウハウを活かし、コンサルティングやシステム開発なども行なっています。

9.三菱商事ロジスティクス

三菱商事ロジスティクスのロゴ

三菱商事ロジスティクスの平均年収は約600万円です。

三菱商事ロジスティクスとは、物流企業です。2006年に、三菱グループの物流を担っていた「菱光ロジスティクス」と、輸送業を担っていた「エム・シー・トランス インターナショナル」が合併したことにより誕生しました。

10.三菱商事ファッション

三菱商事ファッションのロゴ

三菱商事ファッションの平均年収は約550万円です。

三菱商事ファッションとは、素材の開発から製品企画・生産、販売・物流をトータルにオペレートしている企業です。三菱商事グループのグローバルなネットワークを活かして、企画提案・生産進捗/品質管理・貿易/物流までシームレスに提供することを強みにしています。

五大商社で比較

日本の五大商社で平均年収を比較してみました。三菱商事の平均年収は1位です。

企業名 平均年収 売上高 一人あたりの役員報酬 転職人気ランキング
三菱商事 1,607万円 16兆1,037億円 1億6,211万円 9位
伊藤忠商事 1,520万円 11兆6,004億円 3億4,620万円 19位
三井物産 1,430万円 6兆9,575億円 5,991万円 26位
住友商事 1,389万円 5兆3,392億円 1億555万円 96位
丸紅 1,389万円 7兆4,012億円 5,555万円 74位

出典:有価証券報告書

三菱商事は、平均年収、売上高ともに、他社を圧倒的に引き離して1位に位置付けています。一方、一人当たりの役員報酬は伊藤忠商事が断トツです。

とはいえ、五大商社はいずれも平均年収が1,000万円を大幅に超えています。日本トップクラスの企業群であることがわかります。

三菱商事に転職するためには

転職難易度
高い
※独自調査
人気ランキング
9位
※doda

三菱商事の転職難易度は高いです。「社会人が選ぶ転職人気企業ランキング」でも常に上位にランクインしており、三菱商事を志望している方は、事前準備が重要になります。

三菱商事に転職するために知っておくべきこと

三菱商事に転職するために知っておくべきことは、3つあります。

  1. キャリア登録システム
  2. 年に1〜2回大規模な採用
  3. 最近のトレンドは「新規事業経験」
  4. 転職エージェントを利用する

1.キャリア登録システム

三菱商事には、「キャリア登録システム」が存在します。三菱商事の採用ページで自身のキャリアを登録しておくと、三菱商事の採用担当者があなたのキャリアを閲覧します。そして、「この人と会いたい」と採用担当者が思えば、面接へのオファーメッセージが届きます。

一般公開されている求人の中に興味のあるものや、自身の経験とマッチするものがなかった場合でも、キャリアを登録しておけば、非公開求人の打診を行ってくれる可能性があります。したがって、三菱商事に興味を持っている方は、必ず三菱商事のキャリア登録システムを活用しましょう。

2.年に1〜2回大規模な採用

三菱商事は、年に1〜2回大規模な採用活動を行います。2019年春には、11職種19名の採用を行いました。

公式HPで募集していない期間でも、キャリア登録システムや転職エージェント経由では採用している可能性が高いため、三菱商事へ転職したい人は、キャリア登録や転職エージェントの利用が必須になります。

どのような職種であっても、ビジネスレベルの英語能力が求められます。

3.最近のトレンドは「新規事業経験」

三菱商事の最近のトレンドは「新規事業」。そのため、募集職種の必須要件に「新規事業経験」が入っていることが多いです。

その他は、全ての職種において、ビジネスレベル以上の英語能力が必須になります。法務部やIT人材採用においても、ビジネスレベルの英語能力が必須です。

4.転職エージェントを利用する

転職エージェントとは、求人紹介や履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、面接の日程調整、面接後の条件交渉などを担当のキャリアアドバイザーがサポートしてくれる無料サービスです。

三菱商事の場合、転職難易度が非常に高いので、万全な準備が求められます。転職エージェントでは、三菱商事の求人紹介はもちろん、三菱商事から内定を貰うための面接対策を行ってもらえるため、転職エージェントを利用した方が内定確度は高まるでしょう。

また、三菱商事は転職エージェントに「非公開求人」を掲載している可能性が高いです。三菱商事のような人気企業が求人を出すと応募者が殺到しやすいため、一般には公開しない「非公開求人」を転職エージェントに掲載しています。

おすすめの転職エージェント

まとめ

三菱商事の平均年収は1,607万円ということがわかりました。高年収業界である総合商社の中でも断トツの1位の平均年収を誇っています。

■まとめ

・三菱商事の平均年収

1,607万円

・平均年収ランキング

6位

・三菱商事の役職ごとの平均年収

部長クラス:2,500万円〜(推定)

課長クラス:2,000万円〜(推定)

係長クラス:1,500万円〜(推定)

メンバークラス:500万円〜1,000万円(推定)

・三菱商事の年代ごとの平均年収

50代:2,000万円〜(推定)

40代:1,500万円〜2,000万円(推定)

30代:1,000万円〜1,500万円(推定)

20代:500万円〜1,000万円(推定)

・三菱商事の関連会社

三菱商事:1,507万円

ニコン:830万円

日本食品化工:739万円

三菱食品:648万円

ローソン:638万円

日東富士製粉:638万円

三菱商事エネルギー:620万円

三菱商事テクノス:610万円

三菱商事ロジスティクス:600万円

三菱商事ファッション:550万円

・三菱商事に転職するために知っておくべきこと

①キャリア登録システム

②年に1〜2回大規模な採用

③最近のトレンドは「新規事業経験」

④転職エージェントを利用する