大成建設の平均年収はいくら?【建設業界年収ランキングも解説】

大成建設の平均年収

大手建設会社の一つ、大成建設の平均年収は1,051万円です。このページでは、そんな大成建設の年収を「年度別」「役員」「競合比較」で詳しく解説します。

大成建設の平均年収

平均年収
1,051万円
※有価証券報告書
月収
70万円
※平均年収から算出

大成建設の平均年収は1,051万円です。国税庁の民間給与実態調査によると平均年収は432万円なので、大成建設の平均年収は約2.5倍ということがわかります。圧倒的な高年収企業です。

  • 大成建設:1,051万円
  • 平均年収:432万円

大成建設の平均年収の推移

大成建設の最新の有価証券報告書を見ると、年々右肩上がりに年収が増加していることがわかります。2018年に大台の1,000万円を超えています。従業員数も、2013年度に比べて500名ほど増加しており、大きな成長をしていることがわかります。

平均年収が1,000万円を超えている企業の多くは、従業員数の少ない少数精鋭の企業やホールディングス企業です。しかし、大成建設の場合、従業員数が8,000人強の大企業なのにも関わらず平均年収が1,000万円を超えている驚異的な企業です。

全従業員の給与が非常に高水準であることがわかります。

年度 平均年収 平均年齢 平均勤続年数 従業員数
2018年 1,051万円 43.0 18.3 8,490
2017年 987万円 43.0 18.3 8,501
2016年 950万円 42.9 18.3 8,415
2015年 917万円 42.8 18.8 8,072
2014年 891万円 42.9 19.0 8,007
2013年 878万円 42.8 19.1 7,951

出典:有価証券報告書

大成建設とは

大成建設のロゴ

大成建設とは、日本を代表する建設会社の一つであり、「スーパーゼネコン」と呼ばれる5社(大林組、清水建設、大成建設、竹中工務店、鹿島建設)の1角を占めています。スーパーゼネコンの中では唯一の非同族会社であり、風通しがいい雰囲気のある企業と言われています。

歴史は古く、1873年に創業された「大倉組商会」が起源になります。当初は機械などの直輸入貿易などを中心に行なっていましたが、1887年に大倉組商会の土木事業を分離し、渋沢栄一などと共に「日本土木会社」を設立。日本初の会社組織における土木建築業が誕生しました。

御茶ノ水ソラシティ、銀座プレイス、恵比寿ガーデンプレイス、渋谷ヒカリエ、住友不動産六本木グランドタワーなど、地域を代表する巨大建造物を建築しており、新国立競技場にも大きく関わっています。

建設事業の他に、不動産の売買、宅地の開発・販売、不動産賃貸などの開発事業なども行なっています。

大成建設の役員の年収

有価証券報告書によると、2018年度に大成建設が支払った役員報酬は下記の通りです。

  • 社内取締役の役員報酬総額(12名):3億8,000万円(一人当たり約3,100万円)
  • 監査役の役員報酬総額(2名):1億2,000万円(一人当たり約6,000万円)

大成建設の新卒の年収

大成建設の初任給は、学歴ごとに異なります。

  • 博士了:29万円
  • 修士了:26万円
  • 大学卒:24万円
  • 高専卒:22万円

この金額に、手当や残業代、年2回の賞与を加えると、新卒の年収は400〜500万円程度だと推定できます。職種は、建築系、土木系、事務系と3つのセグメントに分かれていますが、新卒の給与テーブルはすべて同じです。

日本の新卒初任給の平均が20万円程度、年収が300万円程度なので、大成建設の新卒の給与は非常に高いことがわかります。

大成建設の役職別の年収

大成建設の役職別の平均年収をまとめました。(口コミやindeed、リクナビNEXTなどの情報を独自に集計)

大成建設は年功序列の企業であるため、係長クラスまでは年齢を重ねると到達しやすいです。そのため、年収1,000万円は多くの社員が達成できます。

課長・部長クラスになると、出世競争に勝ち抜く必要があります。部長クラスまでいくと、2,000万円近くの年収をもらうことができます。

役職 平均年収
部長クラス 1,900万円以上
課長クラス 1,500万円以上
係長クラス 1,000〜1,100万円
メンバークラス 600〜800万円

建設業界の年収ランキング

建設業界の年収ランキングを作成しました。ここでは平均年収が高い上位5社をピックアップ。建設業界は比較的年収の高い業界ですが、その中でも、大成建設の平均年収は第3位でした。

企業名 平均年収 売上高 一人あたりの役員報酬 転職人気ランキング
鹿島建設 1,138万円 約1兆9,742億円 約6,500万円 129位
大林組 1,052万円 約2兆396億円 約3,300万円 圏外
大成建設 1,051万円 約1兆6,508億円 約8,850万円 72位
竹中工務店 1,028万円 約1兆3,536億円 約3,600万円 127位
清水建設 1,010万円 約1兆6,649億円 約7,740万円 123位

出典:有価証券報告書

建設業界の上位5社の企業の間で平均年収に大きな差はありません。特に、大成建設と大林組はほぼ同じ額になります。一方、一人あたりの役員報酬額は、大成建設が1番高い金額になっており、転職人気ランキングも100位以内にランクインしています。

売上高では、大林組、鹿島建設、清水建設に次ぐ第4位です。清水建設とは売上高があまり変わりません。大林組、鹿島建設とは差が開いているため、大成建設の今後の成長に期待がもてます。

大成建設に転職するためには

転職難易度
高い
※独自調査
人気ランキング
72位
※doda

大成建設の転職難易度は高いです。「社会人が選ぶ転職人気企業ランキング」では72位であり、大手建設企業の中では1番人気が高いです。

大成建設に転職するために知っておくべきこと

大成建設に転職するために知っておくべきことは、3つあります。

  1. 技術系職種について
  2. 事務系職種について
  3. 非公開求人を保有する転職エージェントを利用する

1.技術系職種の通年採用を実施

大成建設では、技術系職種の通年採用を実施しています。職種区分は非常に幅広いため、建築系・土木系に関わっている方には大きなチャンスがあります。

大成建設の採用の特徴は、即戦力採用を行う点です。求める基準のレベルが非常に高く、職種経験年数5年以上に加えて、1級国家資格(一級建築士または一級建築施工管理技士、一級電気工事施工管理技士、一級管工事施工管理技士、建築設備士、技術士または電気主任技術者資格)が求められます。

大成建設に転職したい方は、職種経験年数を重ねるだけでなく、何らかの1級国家資格を取得することが最低条件になります。

2.事務系職種について

大成建設では、事務系職種も若干ながら採用しています。

大成建設の事務系職種の中途採用は、営業職が多いです。具体的には、建築営業や年開発ディベロッパーなどです。

事務系職種においても求められる基準は非常に高いです。法人営業実務経験が3年以上+国家資格(一級建築士、技術士、一級建築施工管理技士、不動産鑑定士、再開発プランナー、不動産証券化協会認定マスター、宅地建物取引士、建設業経理士(2級以上)のいずれか)を持つことが条件になります。

事務系職種においても、技術系業務に対する深い理解が求められることがわかります。大成建設に転職したい方は、選考を受ける前に資格を取得しておく必要があります。

3.非公開求人を保有する転職エージェントを利用する

転職エージェントとは、求人紹介や履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、面接の日程調整、面接後の条件交渉などを担当のキャリアアドバイザーがサポートしてくれる無料サービスです。

大成建設は、転職エージェントに「非公開求人」を掲載している可能性があります。大成建設のような人気企業が求人を出すと応募者が殺到しやすいため、一般には公開しない「非公開求人」を転職エージェントに発注することが多いです。

大成建設の場合、転職難易度が非常に高いので、万全な準備が求められます。転職エージェントでは、大成建設の求人紹介はもちろん、大成建設から内定を貰うための面接対策を行ってもらえるため、転職エージェントを利用した方が内定確度は高まるでしょう。

おすすめの転職エージェント

まとめ

大成建設の平均年収は1,051万円ということがわかりました。

大成建設は技術系職種を中心に通年採用を実施しています。そのため、常にチャンスがある一方、求人人気は高く、採用基準も高いため、大成建設の選考を受ける際には対策をする必要があります。

転職エージェントなどで入念な対策をすることをおすすめします。

■まとめ

・大成建設の平均年収

1,051万円

・大成建設の役員の平均年収

社内取締役の役員報酬総額(12名):3億8,000万円(一人当たり約3,100万円)

監査役の役員報酬総額(2名):1億2,000万円(一人当たり約6,000万円)

・大成建設の年齢別の年収

部長クラス:1,900万円以上

課長クラス:1,500万円以上

係長クラス:1,000〜1,100万円

メンバークラス:600〜800万円

・大成建設に転職するために知っておくべきこと

①技術系職種について

②事務系職種について

③非公開求人を保有する転職エージェントを利用する