三井住友信託銀行の平均年収はいくら?【三井住友トラストホールディングスの年収も解説】

三井住友信託銀行の平均年収

日本国内最大手の信託銀行、三井住友信託銀行の平均年収は719万円です。このページでは、そんな三井住友信託銀行の年収を「年度別」「役員」で詳しく解説します。

三井住友信託銀行の平均年収

平均年収
719万円
※有価証券報告書
月収
47.9万円
※平均年収から算出

三井住友信託銀行の平均年収は719万円です。国税庁の民間給与実態調査によると平均年収は432万円なので、三井住友信託銀行の平均年収は約1.5倍ということがわかります。

  • 三井住友信託銀行:719万円
  • 平均年収:432万円

三井住友信託銀行の平均年収の推移

三井住友信託銀行の有価証券報告書を見ると、700万円代前半を推移していることがわかります。従業員数が1,3000人を超えている中で、安定して700万円以上の年収を誇っており、全従業員の年収が比較的高いことが推定できます。

年度 平均年収 平均年齢 平均勤続年数 従業員数
2018年 719万円 42.4 13.4 13,469
2017年 696万円 42.7 13.2 13,659
2016年 707万円 42.7 13.2 13,647
2015年 722万円 42.5 13.1 13,463
2014年 720万円 42.2 12.8 13,552
2013年 724万円 41.8 12.5 13,587

出典:有価証券報告書

三井住友信託銀行の役員の報酬

有価証券報告書によると、2018年度に三井住友信託銀行が支払った役員報酬は下記の通りです。

  • 社内取締役の役員報酬総額(16名):7億900万円(一人当たり約4,400万円)
  • 社内監査役の役員報酬総額(2名):4,900万円(一人当たり約2,450万円)
  • 社外役員の役員報酬総額(6名):6,600万円(一人当たり約660万円)

三井住友信託銀行の職種別の年収【総合職の年収は?】

三井住友信託銀行のロゴ

三井住友信託銀行の役職別の平均年収を算出しました。三井住友信託銀行は、職種ごとに平均年収が分かれます。総合職が断トツで高く、その次に技術職、一般職と続きます。

(下表は口コミやindeed、リクナビNEXTなどの情報を独自に集計し算出しました)

役職 平均年収
総合職 1,200万円〜(推定)
技術職 850万円(推定)
一般職 700万円〜(推定)

【親会社】三井住友トラストホールディングスの平均年収

三井住友トラストホールディングスのロゴ

三井住友トラストホールディングスの平均年収は1,303万円です。

三井住友トラストホールディングスとは、連結子会社61社・持分法適用関連会社30社で構成されている三井住友トラストグループを統括している銀行持株会社。2011年に、中央三井トラスト・ホールディングスと住友信託銀行が経営統合する形で設立されました。

三井フィナンシャルグループ、三井住友銀行とは直接的な資本関係はなく、互いに独立した存在ではありますが、同じ三井グループ・住友グループに所属しています。

三井住友トラストホールディングスの平均年収の推移

三井住友トラストホールディングスの有価証券報告書を見ると、1,000万円代前半を推移していることがわかります。ホールディングス企業であるため、ほとんどすべての従業員は管理職になります。したがって、必然的に平均年収は高くなる傾向にあります。

年度 平均年収 平均年齢 平均勤続年数 従業員数
2018年 1,303万円 50.1 23.2 146
2017年 1,378万円 50.2 24.6 91
2016年 1,266万円 46.7 22.0 39
2015年 1,235万円 45.9 20.9 35
2014年 1,249万円 45.4 21.6 39
2013年 1,174万円 44.0 20.3 46

出典:有価証券報告書

三井住友トラストホールディングスの役員の年収

有価証券報告書によると、2018年度に三井住友トラストホールディングスが支払った役員報酬は下記の通りです。

  • 社内取締役の役員報酬総額(4名):1億2,800万円(一人当たり約3,200万円)
  • 社内監査役の役員報酬総額(14名):3億4,300万円(一人当たり約2,450万円)
  • 社外監査役の役員報酬総額(7名):1億1,300万円(一人当たり約1,600万円)

三井住友信託銀行に転職するためには

転職難易度
高い
※独自調査
人気ランキング
圏外
※doda

三井住友信託銀行の転職難易度は高いです。「社会人が選ぶ転職人気企業ランキング」では圏外ですが、信託銀行の中では最大規模の企業であるため、金融業界の中で人気があります。そのため、三井住友信託銀行に転職したい方は、入念な対策を練る必要があります。

三井住友信託銀行に転職するために知っておくべきこと

三井住友信託銀行に転職するために知っておくべきことは、4つあります。

  1. 総合職採用
  2. リテール採用
  3. 地域採用
  4. 非公開求人を保有する転職エージェントを利用する

1.総合職採用

三井住友信託銀行は総合職採用(Gコースキャリア採用)を実施しています。総合職採用で入社すると、国内・国外全地域で勤務する可能性があります。部・営業店の組織リーダーや、高度なプロフェッショナルとして活躍していくことが期待されます。

総合職採用ではありますが、求人は職種ごとに分かれています。基本的に即戦力採用になるため、業界経験・職種経験が必須になることが多いです。とはいえ、経験年数は不問の職種も多いため、若手でも転職のチャンスはあります。

総合職採用(Gコース)の募集職種(2020年3月現在)

不動産業務、ホールセール業務(投資銀行業務)、受託事業(証券管理サービス事業)、受託事業(年金信託事業)、受託事業(投資マネージ事業)、マーケット資金事業、経営管理各部

2.リテール採用

三井住友信託銀行はリテール職採用(Rコースキャリア採用)を実施しています。リテール職採用で入社すると、国内全地域で勤務する可能性があります。リテール業務部・営業店の組織リーダーや、リテール業務の高度なプロフェッショナルとして活躍していくことが期待されます。

リテール採用では、主に資産運用コンサルティング職などの求人があります。営業店で取引のある顧客に対して、投資信託、投資一任、生命保険を中心に、次世代承継型信託や遺言信託、不動産などの商品を基に、資産運用コンサルティング提案を行う業務です。

即戦力採用であるため、証券外務員資格が必須です。また、銀行や証券、生保などで営業や事務経験などの実務経験を積んでいる必要もあります。

3.地域採用

三井住友信託銀行は地域職採用(Aコースキャリア採用)を実施しています。地域職採用で入社すると、選択した地域内における業務拠点に勤務します。担当業務は、主に営業店における資産運用コンサルティング営業・事務になります。現場での活躍が期待される職種であるため、全社・各事業部門の経営に関する分野を除く職種の範囲を担います。

即戦力採用であるため、証券外務員資格が必須です。また、銀行や証券、生保などで外勤・窓口での営業や事務経験などの実務経験を積んでいる必要もあります。

4.非公開求人を保有する転職エージェントを利用する

転職エージェントとは、求人紹介や履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、面接の日程調整、面接後の条件交渉などを担当のキャリアアドバイザーがサポートしてくれる無料サービスです。

三井住友信託銀行は、転職エージェントに「非公開求人」を掲載している可能性があります。三井住友信託銀行のような人気企業が求人を出すと応募者が殺到しやすいため、一般には公開しない「非公開求人」を転職エージェントに発注することが多いです。

三井住友信託銀行の場合、転職難易度が非常に高いので、万全な準備が求められます。転職エージェントでは、三井住友信託銀行の求人紹介はもちろん、三井住友信託銀行から内定を貰うための面接対策を行ってもらえるため、転職エージェントを利用した方が内定確度は高まるでしょう。

おすすめの転職エージェント

まとめ

三井住友信託銀行の平均年収は719万円ということがわかりました。

三井住友信託銀行は通年採用を実施しています。難易度が高いため、転職エージェントなどで入念な対策を行う必要があります。

■まとめ

・三井住友信託銀行の平均年収

719万円

・三井住友信託銀行の役員の平均年収

社内取締役の役員報酬総額(16名):7億900万円(一人当たり約4,400万円)

社内監査役の役員報酬総額(2名):4,900万円(一人当たり約2,450万円)

社外役員の役員報酬総額(6名):6,600万円(一人当たり約660万円)

・三井住友トラストホールディングスの平均年収

1,303万円

・三井住友トラストホールディングスの役員の平均年収

社内取締役の役員報酬総額(4名):1億2,800万円(一人当たり約3,200万円)

社内監査役の役員報酬総額(14名):3億4,300万円(一人当たり約2,450万円)

社外監査役の役員報酬総額(7名):1億1,300万円(一人当たり約1,600万円)

・三井住友信託銀行に転職するために知っておくべきこと

①ビジネスレベルの英語能力が必須

②非公開求人を保有する転職エージェントを利用する