12月は転職時期として穴場!【データから見る転職市場】

12月から転職活動を始めようと思っているけど、12月は転職時期として良い?

12月に入社したい場合の一般的な転職スケジュールを知りたい。

初めての転職活動だと、スケジュール感もイマイチ分からないし、どの時期から始めるのが良いのか迷いますよね。

もしかしたら、「12月は年末で忙しい時期だから、転職活動は控えるべき」と考えているかもしれません。

実はこれは大きな間違いで、12月は転職活動を始める方にとって、一番ライバルが少ない時期です。

この記事では、「12月がなぜ転職時期として穴場なのか」や「12月を転職するスケジュール」について元転職エージェントが解説します。

結論:12月は転職時期として穴場

転職時期に正解はありませんが、12月は転職時期として穴場です。

12月は仕事納めや忘年会のシーズンとなり、企業も求職者も忙しい時期です。採用活動・転職活動に時間を割くのが難しくなってくるため、転職市場は落ち着く傾向にあります。

12月は転職市場が落ち着いているので、転職活動は控えた方が良いのかもしれない。

こう思われる方もいるかもしれません。

しかし、12月は「求職者1人あたりの求人数」が一番多い時期です。言い換えると、求職者にとって年間で一番ライバルが少なく、最も転職しやすい時期と言えます。

12月は新規求人倍率が年間で一番高い

12月の有効求人倍率

出典:厚生労働省 一般職業紹介状況 職業安定業務統計

こちらのグラフは、令和元年における新規求人倍率の1年間の推移を表したものです。

新規求人倍率は「新規求職者1人あたりの新規求人数」です。新規求人倍率が高いほど、新規求職者1人あたりの新規求人数が多く、転職しやすい時期と言えます。

12月の新規求人倍率は「2.43倍」と、年間で一番高い数値であるのがわかります。新規求人倍率が年間で一番低い4月の1.78倍と比べると、約1.4倍もの数値です。

12月の転職スケジュール

ここからは、12月を転職時期にする場合のスケジュール感について、解説します。

なお、一般的なスケジュール感として、転職活動は、約3~6か月かかると言われています。

初めての転職活動でスケジュール感が全く分からないという方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

12月入社を目指す場合

12月入社を目指す場合には、目安として6月~9月の間に転職活動を始める必要があります。

例えば、9月に転職活動を始めた場合のスケジュール感は、以下のようなイメージです。

  • 9月上旬:事前準備
  • 9月中旬:求人応募
  • 10月中:面接ラッシュ、内定
  • 11月中:退職手続き、入社手続き
  • 12月:入社

スケジュールは例ですが、思ったように転職活動が進まず、想定以上の時間がかかってしまうケースは頻繁にあります。どうしても12月に入社したい場合には、遅くても9月までには転職活動を始めるようにしましょう。

12月から転職活動を始める場合

12月から転職活動を始める場合には、目安として3月~6月の間に入社することになります。

一般的なスケジュール感は、以下のようなイメージです。

  • 12月上旬:事前準備
  • 12月中旬:求人応募
  • 1月中:面接ラッシュ、内定
  • 2月中:退職手続き、入社手続き
  • 3月:入社

この例では2月に退社して3月に入社するイメージですが、実際には12月から転職活動を始めるケースだと、新年度の始まりである4月に入社するパターンが多いです。

12月はボーナスをもらってから転職できる?

一般的に、12月はボーナス支給の時期です。そのため、12月に転職することにより、現職からボーナスをもらってから転職することが可能です。

ただし、「ボーナスをもらってから退職する」というのは聞こえが悪いため、これが原因で、退職交渉が上手く進まない可能性があります。

そのため、退職交渉で揉めないためには、上手くスケジュールを調整しながら転職活動を進めて、自然な形でボーナスをもらって退職することが重要です。

ボーナスをもらってから退職するためのスケジュールについては、こちらの記事を参考にしてみてください。

ただし、転職時期を12月に絞るのはNG

ボーナスをもらうために転職時期を12月にずらそう。

12月は穴場だからなるべく12月の間に転職活動を終わらせよう。

1つだけ注意点ですが、こういった考えに引っ張られて、転職時期を12月に絞るのはやめましょう。

転職活動は想定している以上に大変ですし、タイミングも重要です。

スケジュールが多忙すぎて想定していた時期に転職活動が終わらない可能性はあります。また、時期を絞ってしまうことで自分の希望する求人と出会えないこともあります。

転職活動において何よりも重要なのは、納得のいく転職を実現させることです。転職時期にこだわってしまい、納得のいく転職ができないのは本末転倒。

転職時期にこだわらず常日頃から準備しておき、いざという時にすぐに動けるようにしておいてください。

繁忙期の転職活動には転職エージェントがおすすめ

12月は転職の穴場時期ではありますが、繁忙期である12月に転職活動を始めるのは非常に大変です。

転職活動は、予想以上にやるべきことが多いです。

  • 自己分析
  • 企業研究
  • 業界研究
  • 面接対策
  • 履歴書・職務経歴書の作成

これらを、現職の業務と並行しながら進めていく必要があり、一人で転職活動をするには限界があります。

そこでおすすめしたいのが転職エージェントの利用です。

転職エージェントを利用すると、担当のキャリアアドバイザーがつきます。そして、転職スケジュールの作成、求人紹介、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、面接の日程調整、内定後の条件交渉などを、完全無料でサポートしてくれます。

リクナビNEXTの調査によると、転職成功者は平均4.2社の転職エージェントを利用しています。効率よく転職活動を進めたいという方は、一度転職エージェントの面談を受けてみてはいかがでしょうか?

おすすめの転職エージェント3選+1

元転職エージェントの経験から、おすすめの転職エージェントを3つピックアップしました。この3つの転職エージェントは、「求人数」「転職サポートの質」「実績」がどれもトップクラスです。

おすすめの転職エージェント

また、これらにプラスして、『リクナビNEXT』には登録しておきましょう。会員数900万人以上の転職サイトで、全国各地の求人を網羅しています。求人の選択肢を広げる意味でも登録して損はないと思います。