履歴書の趣味・特技に「映画鑑賞」と記載する場合の例文・書き方

履歴書の趣味・特技の欄に、何を書けば良いのか悩みますよね。

この記事では、元リクルートの転職エージェントが履歴書の趣味・特技に「映画鑑賞」と記載する場合の例文や書き方を解説しています。

そもそも履歴書の趣味・特技に「映画鑑賞」と記載して大丈夫?

結論から言うと、履歴書の趣味・特技の欄に「映画鑑賞」と記載して大丈夫です。これまで数千枚以上の履歴書を見てきましたが、「映画鑑賞」と記載している人も多くいました。

履歴書の趣味・特技に「映画鑑賞」と記載する場合の書き方

書き方の注意点としては、ただ単に「映画鑑賞」と書くのはNGです。「映画鑑賞」だけでも良いのですが、以下のようにカッコ書きで詳細を簡単に説明すると良いでしょう。

趣味・特技:

映画鑑賞(週に1本は映画を観ています。)

履歴書の趣味・特技を記載する理由

履歴書の趣味・特技の欄は、直接的に選考に影響はありませんが、面接の中で話のネタになったり、あなたの人となりをイメージできる材料になります。

そのため、趣味・特技の欄をブランクにするのは避けましょう。また、ただ単に「映画鑑賞」と記載するだけではなく、カッコ書きで詳細を記載した方が面接官からすると話のネタにしやすいです。

履歴書の趣味・特技に「映画鑑賞」と記載する場合の例文

映画鑑賞の例文①

趣味・特技:

映画鑑賞(週に1本は映画を観ています。家で観るのも好きですが、年間で30回ほど映画館にも行きます。)

「映画鑑賞」が好きということだけでなく、映画を観る頻度や映画館に足を運ぶなど、具体的に書くことで、面接官がイメージしやすくなります。

映画鑑賞の例文②

趣味・特技:

映画鑑賞(アメリカやイギリスだけでなく、韓国やインドなど、いろいろな国の映画を観ています。)

ジャンルや国別の映画などを記載することで、「どのような映画が好きなのか?」「海外に興味があるのか?」などを印象づけることができます。

映画鑑賞の例文③

趣味・特技:

映画鑑賞(コメディ映画を観るのが、リフレッシュになっています。)

「映画を観ることがリフレッシュに繋がっている」ことから、自身でストレスを発散する方法を身につけていることがわかります。

映画鑑賞の例文④

趣味・特技:

映画鑑賞(字幕なしで英語の勉強に役立てています。)

映画鑑賞を勉強に役立てている例です。英語を使う職種の場合、話のネタになる可能性が高く、アピールの材料になることもあります。

【重要】履歴書は添削してもらった方が良い

中途採用の場合、多くの人が書類選考で落とされてしまうのが現実です。そのため、「履歴書・職務経歴書」は添削してもらったほうが良いです。

言い換えると、添削してもらうだけで、他の求職者に一歩リードすることができます。

転職のプロに無料で添削をしてもらおう

転職エージェントを利用すれば、履歴書・職務経歴書の添削をしてもらえます。転職のプロに一度添削してもらうだけで、書類選考の通過率は上がるはずです。

転職エージェントは、完全無料なので使わない手はありません。

以下3つの転職エージェントは、転職サポートに定評があるので、面談だけでも受けておく価値はあると思います。

転職サポートに定評のある転職エージェント
履歴書についての関連記事