【注意】ビズリーチを使うと会社にばれる?【解決策も合わせて解説】

現職の会社にばれずに転職活動を進めたい

これは転職者であれば、誰もが思うことですよね。

転職する際には円満退職が基本。しかし、転職活動中に会社にばれてしまうと、思ったように転職活動が進まなくなることも。

転職サイトを使っている場合は、特に不安になります。結論、ビズリーチを使って転職活動をしても会社にばれることはないです。

この記事では、「会社にばれる可能性がないか」だけでなく、ビズリーチに登録する際の注意点について解説します。

【結論】ビズリーチを使っても会社にばれることはない

ビズリーチ

先述した通り、ビズリーチを使っても会社にばれることはないです。

ビズリーチは、

  1. 登録
  2. 採用企業またはヘッドハンターからスカウトが届く
  3. 興味のある求人に応募する

という流れで利用します。

「採用企業またはヘッドハンター」は、スカウトを送る前にあなたの職務経歴書を必ず読みますが、「名前」「メールアドレス」「電話番号」「生年月日」以外の情報しか見ることはできません。

そのため、個人が特定されることは考えにくいです。

【注意】「名前」や「メールアドレス」などの情報が公開されることはある

PCとスマホ

通常、「名前」「メールアドレス」「電話番号」「生年月日」の情報は公開されませんが、下記の場合、公開されてしまうので注意が必要です。

  • 求人に応募した場合
  • 「名前を表示」「連絡先を表示」にチェックを入れたままスカウトを返信した場合
情報が公開されるのが怖い…

転職サイトに登録すると、誰に対して情報が公開されているのかわからず、不安になりますよね。ビズリーチの場合、現職の会社にはばれないように、特定の企業に対して非公開にすることが可能です。

また、個人情報保護を徹底しているので安心して利用できますよ。ビズリーチの公式HPに個人情報の取り扱いについての記載があるので、確認してみてください。

【解決策】職務経歴書を完全に非公開にする

ビズリーチでは、職務経歴書を非公開にすることができます。

ただし、職務経歴書を非公開に設定すると、採用企業やヘッドハンターからスカウトが届かなくなります。(求人閲覧は可能です)

非公開の対象は3つです。

  1. すべての採用企業とヘッドハンターに対して非公開にする
  2. 特定の採用企業に対して非公開にする
  3. 特定のヘッドハンターに対して非公開にする

1.すべての採用企業またはヘッドハンターに対して非公開にする

STEP1
設定画面にアクセス

まずは設定画面にアクセスし、「求人案内サービス」の下にある「編集する」ボタンをクリックします。

ビズリーチの職務経歴書の非公開方法

STEP2
非公開設定

編集画面にアクセスしたら、

  • ヘッドハンターへの職務経歴書公開設定:非公開
  • 企業への職務経歴書公開設定:非公開

どちらも非公開に設定します。

ビズリーチの職務経歴書の非公開方法

STEP3
変更を保存する

最後に、編集画面の下にある「変更を保存する」をクリックします。これですべての採用企業とヘッドハンターに対して、あなたの職務経歴書は非公開となります。

2.特定の採用企業に対して非公開にする

STEP1
企業ブロック設定画面にアクセス

まずは企業ブロック設定画面にアクセスし、「ブロックする企業を追加」をクリックします。

ビズリーチの職務経歴書の非公開方法

STEP2
ブロックする企業を追加する

編集画面にアクセスしたら、「企業検索」にブロックしたい企業名を入力します。

ビズリーチの職務経歴書の非公開方法

STEP3
非公開にするボタンをクリック

最後に、検索結果から該当の企業にチェックを入れて、「非公開にする」ボタンをクリックします。これで、特定の企業に対して非公開、あなたの職務経歴書は非公開となります。

ビズリーチの職務経歴書の非公開方法

3.特定のヘッドハンターに対して非公開にする

STEP1
ヘッドハンターページにアクセス

まずはヘッドハンターページにアクセスし、ページ下にある「このヘッドハンターをブロック」ボタンをクリックします。

ビズリーチの職務経歴書の非公開方法

STEP2
ブロック完了

「ブロックを解除」と表示されたらブロックは完了です。これで特定のヘッドハンターに対して、あなたの職務経歴書は非公開となります。

ビズリーチの職務経歴書の非公開方法

転職活動が会社にばれてしまった際のリスク

質問

転職活動が会社にばれてしまった際の一番のリスクは、「社内評価への影響」です。

例えば、転職活動が会社にばれたが、結局転職するのをやめた。このような場合、社内評価に影響を及ぼすことがあります。

言い方を変えれば、出世に影響があるということです。上司としては、「転職を考えている人に責任あるポジションを任せるのが難しい…」となります。

最近では、「良い求人があれば転職を考えようかな?」という気持ちで転職活動を始める方が多いですが、このようなリスクもあることを覚えておきましょう。

転職活動が会社にばれてしまった際の対処法

ポイント

転職活動が会社にばれてしまった場合、2つの対処法があります。

  • 普段どおり働く
  • 上長に相談する

基本的には、「普段どおり働く」を選べば大丈夫です。2人に1人が転職する時代なので、転職は当たり前になっています。

会社側も従業員が転職することを想定して、人員計画を立てることが多いので、大きな問題とはならないはずです。

上長に相談するのも一つの手

転職活動をしていると、不安や迷いが付きものです。

「本当に転職した方がいいのか?」と自問自答することもあると思います。そのような場合、信頼できる上長に相談するのも一つの手です。

自分のなかで「なぜ転職したいのか?」を明確にし、上長に相談してみると、良くも悪くも自分の考えが整理できます。

また、急に転職するよりも、上長に事前に相談しておくことで、スムーズに退職交渉を進めることができます。

経験談:私が退職したときの話

私は退職する前に上長に相談し、いろいろと相談に乗ってもらいました。転職活動がばれていた訳ではありませんが…。

相談したときに「部下の転職相談も俺の仕事だから大丈夫だよ」とマネージャーから暖かい声を頂いたのを覚えています。

事前に相談したことで、いざ転職が決まった際にも、マネージャーが人事に掛け合ってくれ、スムーズに退職が決まりました。

会社にばれずに転職をするなら転職エージェントを利用した方が良い

転職エージェント

ビズリーチはスカウト型の転職サイトです。登録した職務経歴書は、採用企業やヘッドハンターに見られることになります。

一方、転職エージェントは、担当のキャリアアドバイザーから紹介された求人に応募したタイミングで採用企業があなたの職務経歴書を見ることになります。

つまり、転職エージェントは、特定の採用企業しかあなたの職務経歴書を見ません。そのため、確実に会社にばれずに効率よく転職活動を進めることができます。

また、転職エージェントは完全無料で利用でき、求人紹介はもちろん、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、面接の日程調整、内定後のフォローなどを担当のキャリアアドバイザーが行ってくれます。

ビズリーチ以外におすすめの転職エージェント

先述した通り、ビズリーチはスカウト型の転職サイトです。

ここではビズリーチよりもサポートが手厚く、会社にばれにくい、おすすめの転職エージェントを紹介します。

リクナビNEXTの調査によると、転職決定者は平均4.2社の転職サービスを利用しています。求人の選択肢を広げる意味でも、まずは2〜3社に登録することをおすすめします。

ビズリーチ以外におすすめの転職エージェント

リクルートエージェント:転職支援実績No.1

パソナキャリア:転職サポートが非常に手厚い

doda:転職エージェント業界2位