【使えない転職エージェント】に当たった時の対処法を元リクが解説

せっかく転職エージェントに登録したのに、担当者が使えなくて困っています。

転職サポートに期待して転職エージェントに登録したのに、担当者が「使えない」とがっかりしますよね。

この記事では、転職エージェントが使えないと感じている方に向けて、「使えない転職エージェント3選」と「転職エージェントが使えない場合の解決策」を解説します。

「使えない」転職エージェント3選

実は、使えない転職エージェントに悩んでいる人は多いです。ここでは、代表的なエピソードを3つ紹介します。

  1. レスポンスが遅い
  2. 企業と交渉してくれない
  3. 求職者のことを考えていない

1.レスポンスが遅い

転職エージェントの担当者にメールで連絡をしても、返事が返ってくるのは2〜3日後が当たり前で、すごく困りました。連絡が遅いので、疑問をなかなか解消することができず、正直「使えない転職エージェントだな」と思いました。

転職活動でわからないことを教えてくれるのが転職エージェントの強み。

それなのに、質問の返事が遅くてすぐに疑問が解消できないようでは、利用している意味がなくなってしまいますよね。

レスポンスが遅い担当者の場合は、頻繁に連絡して催促するしかありません。

実は、転職エージェントは、一人のキャリアアドバイザー※1が複数の求職者を担当しています。そのため、担当のキャリアアドバイザーが多くの求職者担当している場合、あなたに対する優先順位が低いと、後回しにされてしまうことがあります。

※1 キャリアアドバイザーとは、求職者の転職サポートをする転職のプロです。多くの転職エージェントでは、求職者側の担当であるキャリアアドバイザーと採用企業側の担当であるリクルーティングアドバイザーに分かれます。

ただ、転職活動は時間との勝負です。ゆっくり進めていると、行きたい企業が求人募集を締め切ってしまうこともあります。

転職エージェントに対し頻繁に連絡することで、優先順位の高い求職者であることを認識してもらいましょう。

2.企業と交渉してくれない

面接を受けた企業が提示してきた年収が自分の希望に合わなかったので、転職エージェントに、「年収交渉をしてほしい」と依頼しました。ところが、どれだけ待っても交渉してくれる気配はなく、結局その企業の面接は辞退しました。

企業との条件交渉は求職者自身ではやりづらいもの。だからこそ、転職エージェントは利用価値があります。

それなのに、全く条件交渉をしてくれないようでは、転職エージェントの魅力が薄れてしまいます。

この場合には、担当者に対し何度か依頼してみましょう。それでも条件交渉してくれない場合には、「条件交渉ができない理由」を聞いてみましょう

交渉が嫌いな転職エージェントが担当になってしまい、ただ単に交渉していないだけのケースもあります。もしかしたら「条件交渉ができない理由」があるのかもしれません。

企業側が提示できる条件は事前にある程度決まっています。それを転職エージェントが知っていて交渉できないこともあるので、まずは理由を聞いてみましょう。

3.求職者のことを考えていない

私の職歴や今後のキャリアプランに合った企業を提案してほしいのに、適当に見つけてきたような企業ばかり紹介されました。これでは転職エージェントを使っている意味がなく、「自分で転職サイトで探したほうが早い」と思ってしまいました。

膨大な数の求人の中から、自分の希望に合った企業を見つけるのは難しいです。

だからこそ、求職者の希望にマッチした企業を見つけて提案してくれるのが、転職エージェントの強みの一つ。

機械的に選んできたような企業ばかりを紹介されてしまうと、「求職者のことを考えていないのかな?」と不信感を抱いてしまいますよね。

このような担当者の場合は、自分の希望をはっきりと伝えましょう。もしかしたら、希望が正確に伝わっていない可能性もあります。

転職エージェントが「使えない」のではなく担当者が「使えない」

ここまで紹介してきたように、転職エージェントが「使えない」と感じている求職者は多いです。

しかし、本当に転職エージェントが使えないかというと、そうではありません。本当に使えないのは、転職エージェントではなく「担当者」です。

転職エージェントのサポートの質は担当者次第

転職エージェントは、担当者がマンツーマンで求職者の転職活動をサポートしていくサービスです。そのため、サポートの質は担当者に拠るところが大きいです。

転職エージェントの内部には、様々な担当者がいます。

  • 経験豊富な担当者
  • 特定業界に詳しい担当者
  • 求職者からの評判が良い担当者

どのような担当者がつくかは運次第。自分が求めるサポートがあまり得意でない担当者がついてしまうケースもよくあります。

正直、担当者の質が悪い転職エージェントもある

転職エージェントの経験から正直に申し上げると、担当者の質が悪い転職エージェントもあります

転職エージェントには様々なタイプがあります。

  • 地方への転職に強い
  • 特定業界の求人数が多い
  • 求職者に対するサポートが手厚い

「強みが何か」は転職エージェント次第です。求職者に対するサポートを重視していない転職エージェントでは、担当者の質が悪いことがあります。

担当者の質が悪くなってしまう理由

担当者の質が悪くなってしまう理由は、様々あります。

  • 新人が担当になった
  • ノルマに追われている
  • 教育がされていない

こういった担当者に当たってしまった場合は、担当者の質が悪いことが多くなります。

「使えない」と感じたら転職エージェントを変えよう

ここまでお伝えしたように、転職エージェントが使えるかどうかは担当者次第です。転職エージェントが「使えない」と感じたら、まずは担当者の変更を依頼してみましょう。

ただし、担当者の変更ができない場合や、変更を伝えるのが気まずいこともあると思います。そのような時は、転職エージェントを変えるのが一番の解決策です。

もう転職エージェントは使わなくていいかな…。

このように考えてしまう方もいるかもしれませんが、正直もったいないです。

なぜなら、転職エージェントのサービス自体は、転職活動を進めるうえで非常に有益だからです。

  • 非公開求人の紹介
  • 転職活動の情報提供
  • 職務経歴書の添削、面接対策

こういったサービスを完全無料で受けられるのは転職エージェントならでは。「使えない」と思ったら、使うのをやめるのではなく、転職エージェントを変えましょう。

転職エージェントの数はたくさんある

転職エージェントは数え切れないほど存在し、種類も豊富です。1つの転職エージェントにこだわる必要はありません。

少しでも「使えない」と感じたら、別の転職エージェントに変えてしまいましょう

なお、転職エージェントが「使えない」と感じたことがある方は、「求職者からの評判が良い転職エージェント」を利用してみるのがおすすめです。

転職エージェントはすぐに変えてよい

1つの転職エージェントしか使ってはいけないんじゃないの?

このように考える方がいますが、大きな間違いです。

色々な転職エージェントに登録したうえで、自分に合った転職エージェントを選ぶのが正しいやり方です。

実際、リクナビNEXTの調査によると、転職成功者は平均4.2社の転職エージェントを利用しています。

「使える」担当者に出会うために

担当者が使えるかどうかは運次第なので、まずは色々な担当者と会ってみることをおすすめします。

色々な担当者に会うためには、複数の転職エージェントに登録する必要があります。このとき、「1つの転職エージェントに登録して、担当者が使えなければまた登録する」というのは、時間がもったいないです。

そのため、最初から複数の転職エージェントに登録して、できるだけ早い段階で自分に合った担当者を見つけることが重要になります。

求職者からの評判が良い転職エージェント3選

転職エージェントが「使えない」と感じたのは、担当者の質が悪かったのが原因です。

同じような経験をしたくない方は「求職者からの評判が良い転職エージェント」を利用してみることをおすすめします。

転職エージェントの経験から、転職エージェントを3つピックアップしました。この3つの転職エージェントは、「求職者からの評判」がトップクラスです。

求職者からの評判が良い転職エージェント