SafePalの第2回「WHO(Wallet Holder Offering)」の参加方法!

SafePalのWHO第2弾が発表されました。タスクを完了するだけで、コインがもらえるので、参加することをおすすめします!

大きく4つのタスクがあるので、順番にやっていきましょう。わからない点があれば、ツイッターで質問してください。

  1. ホワイトリストにエントリー
  2. Twitterタスク
  3. Telegramタスク
  4. お友達紹介タスク

この4つのタスクが終わったら、とりあえずステイでOKですが、4月1日22時〜4月3日22時の間にOpenOceanで4回取引をする必要があるので、忘れずに覚えておきましょう。

①ホワイトリストにエントリー

WHOのホワイトリスト

まずは、ホワイトリストにエントリーします。今回のWHOはホワイトリストに入っていないとコインを受け取ることができません。

ホワイトリストにエントリーするには、4月1日 22時(日本時間)までに下記いずれかを満たしている必要があります。

  • SafePalウォレットに300SFP
  • SafePal S1ハードウェアウォレットを使っている

ほとんどの方が、ハードウェアウォレットを持っていないと思うので、SafePalウォレットに300SFPを保有していればOKです。

画面下部の「Join」ボタンを押してタスク完了です。

注意

OpenOceanを使ったことがある方は、新しいウォレットをSafePal内に作る必要があります。過去にOpenOceanを使っことがあるウォレットで、ホワイトリストにエントリーしようとすると、エラーになるので、ご注意ください。

②Twitterタスク

WHOのTwitterタスク

次にTwitterタスクです。

  1. OpenOcean(@OpenOceanGlobal)とSafePal Wallet(@iSafePal)をフォロー
  2. こちらのツイートを6桁のコード(上図の場合:MYZTMQ)を付けて引用リツイート
  3. 引用リツイートのURLを入力してCompleteを押す

これが僕の引用リツイートです。6桁のコードを付けて、引用リツイートしているのがわかると思います。

この引用リツイートのURLを入力して「Complete」を押せばタスク完了です。

WHOの引用リツイート

③Telegramタスク

WHOのテレグラムタスク

  1. Telegramの「@SFPsam_bot」にアクセスして、「/start」をクリックする(/startが表示されていない場合は、入力でOK)
  2. チャット内で12桁のコードを入力する(上図の場合:MYZTMQ0qwFPX)
  3. 記載されている3つのチャットグループにJoinする
  4. Claimを押して完了

④お友達紹介タスク

WHOの紹介プログラム

紹介コードを入力すれば、0.2シェアを獲得できます。

紹介者と登録者どちらもWIN-WINのタスクなので、もしよければ私の紹介コードをお使いください。

紹介コード:MYZTMQ

⑤OpenOceanで4回の取引を行う

OpenOceanの見つけ方

4月1日22時〜4月3日22時の間に、SafePal内のOpenOcean(BSC)で4回の取引を行わないと、これまでのタスクは無駄になってしまいます。

必ず期間内に、SafePal内のOpenOcean(BSC)で4回の取引を行いましょう。

取引をする際の注意点は以下のとおりです。

  • 4回の取引
  • 合計で100ドル以上の取引
  • 最低1回はSFPの買取引
  • WBNBとBNBの交換はNG

OpenOceanでの取引が完了すれば、第2回目のWHOはコンプリートとなります。