マイナビエージェントの退会方法は2種類【メリット・デメリットを解説】

マイナビエージェントの退会の種類は2つあります。

  1. 退会
  2. 個人情報削除

どちらの方法にもメリットとデメリットがあるので、それを理解した上で退会をしましょう。この記事では、「退会方法について」だけでなく「マイナビエージェント以外におすすめの転職サービスについて」も詳しく解説しているので、参考になる情報が見つかるはずです。

筆者プロフィール

元リクルートの転職エージェント。広告業界を中心に、IT、人材、商社、メーカーなど、100社以上の中途採用を支援。趣味は音楽、読書、半身浴ともっぱらのインドア系。幅広い業界知識を元に役立つ転職情報を発信します。

マイナビエージェントの退会の種類

マイナビエージェントの退会には、2種類あります。

  1. 退会
  2. 個人情報削除

1.退会

マイナビエージェントの「退会」とは、会員からは退会するものの、個人情報はマイナビエージェントに残しておくという退会方法です。「退会」すると、マイナビエージェントからの連絡は一切無くなります。

メリットとしては、改めてマイナビエージェントに再登録することになった時、以前登録した情報が残っていること。ゼロから情報を入力する必要がないため、再登録が非常に簡単です。

デメリットは、自身の個人情報がマイナビエージェントに残り続けること。マイナビは大企業であるため情報漏えいに対する対策はしっかり取っています。外部に個人情報が流出したり、マイナビ社員に不用意に個人情報を覗かれる可能性は非常に低いですが、気になる方は「個人情報削除」をおすすめします。(下記参照)

「またマイナビエージェントを利用する可能性がある」「個人情報が残っていても差し支えない」と考える方は、「退会」を選択しましょう。

2.個人情報削除

マイナビエージェントの「個人情報削除」とは、自身の登録情報が完全に抹消される退会方法です。「退会」と同様に、マイナビエージェントからの連絡は一切なくなります。

メリットは、個人情報が抹消されるため、自身の個人情報が外部に流出したり、マイナビ社員に不用意に見られるリスクがゼロになること。

デメリットは、再度マイナビエージェントに登録する際に、またゼロから情報を入力する必要があること。選考情報なども完全に抹消されるため、自身がどのような企業に応募したかなどの、転職活動情報も消えることになります。

「もう二度とマイナビエージェントは使わない」「個人情報が漏れるリスクが少しでもあるのが嫌だ」と考える方は、「個人情報削除」を選択しましょう。

マイナビエージェントからの退会方法

「退会」の場合も「個人情報削除」の場合も、退会方法は同じですが、退会方法は2つの方法あります。

  1. 担当キャリアアドバイザーに連絡
  2. 退会用のメールアドレスに連絡

1.担当キャリアアドバイザーに連絡

担当キャリアアドバイザーに直接退会の旨を連絡しましょう。電話でもメールでもどちらでも構いません。その際に、「退会」であるか「個人情報削除」であるかを伝えましょう。

基本的に、キャリアアドバイザーからどちらを選択するのかを聞かれますが、たまに忘れているキャリアアドバイザーもいます。こちらから伝えましょう。

また、選考状況が残っている場合、退会を引き止められることもあります。急に引き止められるとそのまま流されてしまうこともあると思いますが、退会を心に決めている場合はその旨をハッキリ伝えましょう。

2.退会用のメールアドレスに連絡

基本的に、メールアドレスでの連絡は面談をしていない登録者のみです。しかし、担当キャリアアドバイザーに連絡するのが気まずかったり、引き止められるのが嫌な場合はメールで連絡しましょう。退会用のメールアドレスに、下記内容を送信すれば、完了です。

退会用のメールアドレス:E-mail:privacy-info@mynavi.jp

件名:退会または個人情報削除 のどちらかをご記入ください
1.ご登録氏名(必須):
2.生年月日(必須):
3.ご登録メールアドレス(必須):
4.ご登録電話番号(必須):
5.退会・削除理由(下記より選択してください)
a) 転職先が決まったため(人材紹介会社経由 or 自己応募)
b) 転職活動をとりやめたため
c) 有益なサービスが受けられなかったため
d) 誤って登録をしてしまったため
※今後のサービス向上のため、ご登録頂いた際のサイト名称やURLについてお知らせください
6.退会のみ希望/登録情報の削除を希望
※どちらかを選択してください

出典:マイナビエージェント

マイナビエージェントに満足できなかったら利用すべき転職サービス

元リクルートの転職エージェントからすると、知名度の低い転職サービスはおすすめできません。「求人数」「サポートの質」「年収アップ率」を考えると、大手企業が運営している転職サービスの方が断然おすすめです。

1位:リクルートエージェント
2位:パソナキャリア
3位:doda
必須:リクナビNEXT