年収500万円は勝ち組?すごい?【データから読み解く】

年収500万円が勝ち組?すごい?

この判断は人によって異なると思いますが、年収500万円の割合から勝ち組かを判断することはできると思います。

例えば、年収500万円以上の割合は30%。つまり、年収500万円は上位30%ということになります。この記事では、国税庁の『民間急実態統計調査』のデータから「年収500万円が勝ち組」かどうかを解説します。

年収500万円は勝ち組?

勝ち組と負け組

年収500万円が勝ち組かどうかは、

  1. 年収500万円の割合
  2. 現在の年齢
  3. 住んでいる地域

によります。

ここでは、「年収の割合」をもとに年収500万円が勝ち組かを見ていきます。年収データは、国税庁が公表している『民間給与実態統計調査(平成29年度)』を参照します。

年収500万円の全体の割合

年収の割合

年収500万円以上の割合:30%

年収500万円以下の割合:70%

年収500万円は上位30%ということになります。このデータを見ると、年収500万円は勝ち組と言って良いでしょう。次に、男女別に見てみましょう。

年収500万円の男性の割合

男性の平均年収

年収500万円以上の男性の割合:42.8%

年収500万円以下の男性の割合:57.2%

男性の場合、年収500万円は上位42.8%ということになります。年収500万円以下の割合の方が多いので、年収500万円はギリギリ勝ち組と言って良いかもしれません。

年収500万円の女性の割合

女性の平均年収

年収500万円以上の女性の割合:11.3%

年収500万円以下の女性の割合:88.7%

女性の場合、年収500万円は上位11.3%ということになります。これは文句なしで、年収500万円は勝ち組ですね。

年収500万円の手取りはどれくらい?

給料明細

年収500万円と言っても、税金や社会保険料が控除されるので、手取り額は少なくなります。ここでは、家族持ちと独身に分けて年収500万円の手取り額を解説します。

家族持ちで年収500万円の場合

額面年収
500万円
※控除前
手取り年収
約410万円
※控除後

家族持ちで年収500万円の場合、手取り額は約400万円〜420万円になります。(手取り額は、税金と社会保険料を差し引いた額のため、その方によって金額は変動します)

年収:約410万円
月収:約27.3万円
ボーナス:約82万円

額面年収:500万円

配偶者:あり

子ども:1人

住所地:東京都三鷹市

計算年度:2018年

独身で年収500万円の場合

額面年収
500万円
※控除前
手取り年収
約390万円
※控除後

独身で年収500万円の場合、手取り額は約390万円〜410万円になります。(手取り額は、税金と社会保険料を差し引いた額のため、その方によって金額は変動します)

年収:約390万円
月収:約26万円
ボーナス:約78万円

額面年収:500万円

配偶者:なし

子ども:なし

住所地:東京都三鷹市

計算年度:2018年

年収500万円の生活はどんな感じ?

生活レベル

年収500万円であれば、どんな生活ができるのでしょうか?

ここでは、3つに分けて生活レベルを解説します。なお、生活レベルについては、『国民生活基礎調査』を参照します。

  1. 独身の場合
  2. 妻がいる場合
  3. 妻と子どもがいる場合

1.独身の場合

年収500万円の独身の例を紹介します。

月収:26万円

ボーナス:78万円

ボーナスを含めた月収:32.5万円

出費 金額
家賃 ¥90,000
水道光熱費 ¥12,000
食費 ¥45,000
通信費 ¥6,000
交通費 ¥3,000
医療費 ¥3,000
日用品 ¥5,000
交際費 ¥45,000
趣味・娯楽 ¥25,000
衣料品 ¥16,000
貯金 ¥75,000
合計 ¥325,000

2.妻がいる場合

年収500万円で専業主婦がいる例を紹介します。

月収:27万円

ボーナス:76万円

ボーナスを含めた月収:33万円

出費 金額
家賃 ¥95,000
水道光熱費 ¥13,000
食費 ¥47,000
通信費 ¥12,000
交通費 ¥8,000
医療費 ¥5,000
日用品 ¥8,000
交際費 ¥40,000
趣味・娯楽 ¥25,000
衣料品 ¥30,000
貯金 ¥47,000
合計 ¥330,000

3.妻と子どもがいる場合

年収500万円で専業主婦と子どもが一人いる例を紹介します。

月収:28万円

ボーナス:84万円

ボーナスを含めた月収:35万円

出費 金額
家賃 ¥100,000
水道光熱費 ¥15,000
食費 ¥55,000
通信費 ¥13,000
交通費 ¥8,000
医療費 ¥5,000
養育費 ¥35,000
日用品 ¥8,000
交際費 ¥21,000
趣味・娯楽 ¥10,000
衣料品 ¥28,000
貯金 ¥52,000
合計 ¥350,000

年収アップする方法は3つ【経験談】

現実的に考えると年収アップする方法は3つだけです。

  1. 昇進
  2. 副業
  3. 転職

1.昇進

年収アップするのには、昇進することが一番考えやすいですよね。しかし、昇進するには、時間がかかるのが事実。

例えば、年功序列の中小企業であれば、30代、40代でやっと年収500万円ということはザラにあります。ベンチャー企業であれば、成果主義の色合いが強いので、20代で年収500万円は叶うかもしれません。

2.副業

働き方改革が進んでいる日本において、副業という選択肢は非常に現実的です。私もリクルート時代に副業を多数やっていました。その結果、副業+本業で年収1000万円を超えていました。

ブログやアフィリエイト、YouTubeは、初期投資がほとんどかからないので、会社員でもチャレンジがしやすいです。一方、株式投資やFX、不動産投資は、元手が必要になるので、最初から手を出すのはおすすめできません。

3.転職

年収アップするのには、転職が一番賢明なのではないでしょうか?

私が転職エージェントをやっていた時、転職して「年収アップ」や「残業時間減少」を叶えている人たちを数多く見てきました。

副業をやるにしても、副業が可能で、残業時間が少ない会社じゃないと難しいですよね。なので、まずは転職して年収アップするのが得策かもしれません。

年収アップを目指している方におすすめの転職サービス

おすすめの転職サイトと転職エージェント

この記事を読んで頂いている方は、

  • 年収500万円を目指している方
  • すでに年収500万円以上の方

だと思います。

ここでは、それぞれにおすすめの転職サービスを紹介します。

■年収500万円を目指している方

1位:リクルートエージェント

2位:パソナキャリア

3位:doda

■すでに年収500万円以上の方

1位:JACリクルートメント

2位:キャリアカーバー

3位:ビズリーチ

年収500万円を目指している方

リクルートエージェント

リクルートエージェントの評判と特徴

リクルートエージェントは、

  • 求人の量・質
  • キャリアアドバイザーの質
  • 豊富な実績

どれをとってもトップクラスの転職エージェントです。

高年収求人は少ないですが、総合型転職エージェントなので、幅広い業種・職種に対応しており、年収500万円を目指している方はチェックしておきましょう。

パソナキャリア

パソナキャリアは、初めて転職する方におすすめです。

キャリアアドバイザーは非常に丁寧で、「求人紹介」「履歴書・職務経歴書の添削」「面接の日程調整」「面接対策」「面接後の条件交渉」など、全面的にサポートしてくれます。

doda

dodaは、リクルートエージェントと同じく総合型の転職エージェントです。

リクルートエージェントが保有していない求人をdodaが保有していることがあります。求人の選択肢を増やす意味でも、リクルートエージェントとdodaには登録しておくと良いでしょう。

すでに年収500万円以上の方

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、ハイクラス転職実績No.1の転職エージェントです。

JACリクルートメントの求人はすべて高年収求人なので、年収500万円以上の方は必ず登録しておきたい転職エージェントです。

キャリアカーバー

キャリアカーバー

キャリアカーバーは、リクルートキャリアが運営するハイクラス向けの転職サイトです。

リクルートエージェントのハイクラス版と考えるとわかりやすいですね。登録すると、採用企業やヘッドハンターからスカウトが届くので、高年収求人を見逃すことがありません。

ビズリーチ

ビズリーチの登録方法

ビズリーチは、CMでもおなじみのハイクラス向けの転職サイトです。

ビズリーチの求人、ヘッドハンターは非常に評判が良いので、ハイクラス転職実績も豊富です。年収500万円以上の方は、必ず登録しておきましょう。