【経験談】社内失業の過ごし方【抜け出した方法も徹底解説】

突然ですが、私は社内失業していました。

この記事では、その当時の「社内失業の過ごし方」について書いていきます。「社内失業で悩んでいる方」や「社内失業から抜け出す方法を知りたい方」にとっては参考になるかと思います。

これは完全に私個人の意見なのですが、社内失業の方へ向けて書かれている「暇つぶしの方法」についての記事はあまり参考にしないほうが良い気がします。

社内失業の状態は決して良い状況ではありません。本気で社内失業から抜け出したいという方に向けた記事になっているので、そこだけご注意ください。

そもそも社内失業とは?

社内失業(社内ニート)とは

社内失業とは「会社に正社員として在籍しているものの、仕事がない状態のこと」です。会社に行っても、ただただデスクに座っているだけ、みたいな感じですね。

社内失業ではない方からすると、

「楽そう」

「仕事しないで給料もらってるの最高じゃん」

と思うかもしれませんが、社内失業したくてなっているのではないので、切実に辛いです。周りの目もあるので、私は一刻も早く社内失業の状態から抜け出したかったです。

【経験談】社内失業の過ごし方

社内失業の過ごし方

私が社内失業していたときのスケジュールはこんな感じです。

9時: 出社

9時〜12時:雑務(簡単な仕事はありました)

12時〜13時:お昼休憩

13時〜17時:雑務(簡単な仕事はありました)

自分で見ても、ぞっとします。

雑務と言っても、社内に電話したり、社内イベントの準備など、1時間でできる仕事を3時間かけてやったりしていました。

悪い言い方をすれば、誰でもできる仕事を無理やり私に回して、時間の穴埋めをしていた感じですね。自分でもこの状況はよくないとわかっていましたが、自分ではどうにもなりませんでした。

社内失業でうつになりかけた

頭を抱える男性

このような毎日を続けていると、自分で自分のことを攻めてしまい、うつになりかけます。

毎日のように「こんなはずじゃなかった」と思いながら、早くこの状況から脱さないといけないというプレッシャーで不安定な時期を過ごしました。また、周りからの目もあるので、社内にいても気が休まりません。

実際にネットで検索すると、「社内失業 うつ」に関する記事は多く見かけるので、悩んでいる人は多いと思います。

社内失業は悪い状況とわかっていても、精神を病んでしまうと、解決策が少なくなります。私は、一刻も早くこの環境を変えるべきだと思いました。

社内失業の抜け出し方

社内失業の抜け出し方は、大きく2つあると思います。

  1. 部署を異動する
  2. 転職する

1.部署を異動する

部署を異動することができるのであれば、すぐに「異動したい旨」を上司に伝えましょう。異動することができれば、やる仕事も変わり、結果を出すことができれば、社内失業の状態から卒業できます。

私も上司に相談しましたが、「結果も出していないくせに、移動できるわけないだろ」と一蹴されたので、諦めました。

同じような方は、「転職」を本気で考えた方が良いです。

2.転職する

私は「転職」という方法で、社内失業の状態から脱しました。先述したように、社内失業の状態は、良いことが一つもありません。

社内失業の期間が長くなり、年齢も上がっていくと、転職がしづらくなるので、「転職」は20代・30代のうちにするべきだと思います。

私の場合は、社内失業の期間が結構長かったですが、転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談したところ、丁寧にサポートして頂き、すぐに転職することができました。

転職は本当におすすめです(勇気はいる)

転職する男性

社内失業で悩んでいる人は、転職を本気でおすすめします。ただ、むやみに転職するのはおすすめできません。

私の場合は、

なぜ社内失業になってしまったのか?

自分が本当にやりたいことはなにか?

自分を本気で必要としてくれる会社はあるか?

ということをしっかりと考えてから転職活動を始めました。一人で転職活動を進めるのは難しかったので、転職エージェントを使って、履歴書や職務経歴書を作成したり、万全な準備をしました。

転職エージェントってなんぞや?

転職エージェントを使ったことがない人もいると思うので、簡単に説明すると、

  • 自分に合った求人の紹介
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 企業ごとの面接対策
  • 面接の日程調整
  • 年収交渉
  • 内定後のアフターフォロー

などを完全無料で提供してくれるサービスです。

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアアドバイザーが付いてくれるので、転職活動中の相談や質問などに対応してくれます。

社内失業だと、何かと精神が不安定になりやすいので、心のサポートというか、転職活動に挫折しそうなときに助けてもらいました。

社内失業している方におすすめの転職エージェント

おすすめの転職サイトと転職エージェント

社内失業している方には、転職サポートが手厚い転職エージェントがおすすめです。言い換えれば、キャリアアドバイザーの質が高い転職エージェントですね。

ネットで検索すればわかりますが、質の高いキャリアアドバイザーが在籍している転職エージェントは大手が運営している場合が多いです。

私は7社の転職エージェントに登録しましたが、その中で最も良かった転職エージェントを2社紹介します。

社内失業している方におすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

【おすすめ度】★★★★★(5.0)
【公式HP】https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、人材業界トップシェアのリクルートキャリアが運営する転職エージェントです。

求人の量が非常に多く、キャリアアドバイザーの質も非常に高いので、社内失業している方でも安心して利用できます。

私は、リクルートエージェント経由で転職しました。登録してから、約1ヶ月半で転職できたので、本当におすすめです。

パソナキャリア

【おすすめ度】★★★★★(5.0)
【公式HP】https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアは、転職サポートの質が非常に高いことで有名な転職エージェントです。求人の量はリクルートエージェントには劣りますが、求人の選択肢を増やす意味でも登録して損はないと思います。

キャリアアドバイザーの質は非常に高く、社内失業に関する相談にもよく乗ってくれ、自己分析にも付き合って頂きました。

結局、リクルートエージェント経由で転職してしまいましたが、「気にしないでください。また転職する機会があれば、ぜひご利用ください」というお言葉を頂き、本当に感謝しかないです。

社内失業にメリットはないので、動き出すことが大事

ポイント

読みにくい経験談をここまで読んで頂きありがとうございます。私と同じように社内失業で悩んでいる人に、少しでも届けば嬉しいです。

社内失業にメリットはないです。悩んでいる人でも状況を改善するために動き出せば、思ったより簡単に状況が好転することもあります。

私は、長い間社内失業で悩んでいましたが、本格的に転職活動を始めて約1ヶ月で転職することができました。

もちろん、最初は勇気が必要ですが、「動き出せばこっちのもの」です。あなたの幸せな転職を願っています。

お互いがんばりましょう。