転職に成功する人の特徴【年代別の転職成功率も合わせて解説】

転職に成功する方法が知りたい。

このように考えている方は非常に多いと思います。残念ながら、絶対に転職に成功する方法はありません。

しかし、転職に成功する人の特徴や傾向はあります。この記事では、元リクルートの転職エージェントが「転職に成功する人の特徴」だけでなく「転職を成功させるポイント」について解説します。

転職に成功する人の7つの特徴

転職に成功する人の特徴を7つ紹介します。

転職エージェントとして数多くの求職者を見てきましたが、転職に成功される方は下記7つのどれかに必ず当てはまっています。

1.転職理由が明確

転職を成功させたいのであれば、転職理由を明確にすることは必須です。

例えば、

  • やりたいことを叶えるためには今の会社ではダメ
  • 年収アップをして生活水準を上げたい
  • キャリアアップのためにチャレンジしたい

単に「会社を辞めたい」ではなく、「次の転職先で何を実現したいのか」を明確にしている人ほど、転職に成功しています。

もしも、明確な転職理由がなく「どうしても会社を辞めたい」というだけの場合、逃げの転職になっているかもしれません。

2.転職先に求める条件が明確

あなたが転職先に求める条件は何ですか?

  • 仕事内容
  • 年収・給与
  • 残業時間
  • 会社の安定性
  • 通いやすさ

いろいろあると思います。

求める条件が多いのは良いことですが、すべてを叶えられる転職先はありません。求める条件に優先順位を付けて、「これはゆずれない!」というものを明確にしましょう。

そうすることで、「ゆずれない条件」と「妥協できる条件」が明確になり、あなたに合った会社が見つかりやすくなります。

3.年収や待遇にこだわりすぎない

転職に失敗する人の多くは、「年収や待遇」にこだわり過ぎる傾向があります。

「年収や待遇」は非常に重要な要素ですが、それだけで転職先を選ぶとミスマッチが起きやすいです。事実として「年収や待遇」がどんなに良くても、職場環境が劣悪な企業はたくさんあります。

もしも、年収アップだけが転職の目的になっているのであれば、「自分は何がしたいのか」や「どういう働き方がしたいのか」などの年収・待遇以外の転職理由を考えましょう。

4.一つの企業に執着しない

「第一志望に絶対に入社したい」「第一志望だけしか受けたくない」という気持ちはわかります。ですが、どんなに面接対策をしても第一志望に落ちてしまうケースはよくあります。

転職成功者は、第一志望だけに絞らず、「自分に合った企業」を積極的に探して応募しています。

A社が一番行きたい会社でしたが、いろいろな会社を見て、B社に行きたい気持ちが強くなりました。

このように、第一志望の会社が変わるケースは多いです。

日本には約170万社の会社があるので、一つの企業に執着せずに、いろいろな企業を見て回り、自分に合った一社を見つけ出すことが重要です。

5.自分の強みと弱みを理解している

「自分の強みと弱みを理解する」

簡単なようで難しいことですよね。転職活動においては、この強みと弱みの理解は非常に重要です。

転職成功者の多くが、自分の強みを理解し、自分の強みを活かせる会社に転職しています。弱みを補完するよりも、自分の強みをより伸ばし、誰にも負けない領域を作る方が市場価値も上がります。

自分の強みと弱みを理解する=自己分析なので、自己分析のやり方がわからない方は下記の記事を参考にしてみてください。

6.企業の採用目的を理解している

企業の採用目的を考えて、転職活動を行っている人は少ないと思います。

この企業はなぜ、◯◯のポジションを募集しているのか?

採用目的を理解することで、「あなたの強みをどう活かし、どのように会社に貢献できるのか?」をより効果的に採用担当者にアピールすることができます。

企業の採用目的を理解し、面接対策をすることで転職の成功確度は高まります。

7.面接対策をしっかりしている

当たり前のことですが、面接対策をしっかりやっている人は転職の成功確度が高いです。しかし、多くの人が面接対策を怠っているのが事実。

つまり、面接対策をするだけで、他の求職者との差別化を図ることができます。

  • 面接対策のやり方がわからない
  • 面接官の特徴や情報を知りたい
  • 企業の情報がネット上に少ない

このような方は、転職エージェントを利用しましょう。

転職サポートに定評のある『リクルートエージェント』や『doda』では、企業ごとに面接対策を行ってくれます。

また、過去の面接情報がストックされているため、面接官の特徴やポイントも共有してくれます。

転職を成功させる3つのポイント

ここからは、転職を成功させる3つのポイントを解説します。絶対に押さえておきたいポイントに絞っているので、ぜひ参考にしてみてください。

  1. 複数応募
  2. 面接対策
  3. 転職エージェントの利用

1.複数応募

第一志望だけに応募するのではなく、複数応募することは当たり前です。第一志望だけに応募し内定を得ることが望ましいですが、それは本当に稀なケースだと思います。

複数の企業に応募することで、面接の練習にもなりますし、第一志望の企業よりも自分に合った企業が見つかるケースもあります。

ちなみに、マイナビ転職のデータによると、応募者数の平均は8.4社となっています。年齢が上がるにつれて、応募者数が増えているのがわかります。

年齢 応募社数
〜19歳 4.1社
20〜25歳 6.3社
26〜30歳 7.1社
31〜35歳 8.2社
36〜40歳 8.7社
41〜45歳 10.1社
46〜50歳 12.1社
51〜55歳 14.5社
56〜60歳 14.5社
61歳以上 15.2社

出典:マイナビ転職

2.面接対策

先述したとおり、転職成功者ほど面接対策に力を入れています。

面接対策をするためには、「自己分析」「企業研究」「業界研究」が必須。また、それに加えて、面接の場馴れをしておくことも重要になります。

難しく考える必要はありませんが、面接では「なぜうち(弊社)なのか?」「なぜあなたなのか?」を採用担当者に納得してもらう必要があります。そのためには、面接対策が欠かせません。

3.転職エージェントの利用

転職エージェントを利用することで、確実に転職の成功確度は高まります。リクナビNEXTの調査では、転職成功者は平均4.2社の転職エージェントを利用しています。

なぜ、転職エージェントを利用することで、転職の成功確度が高まるのか?

その理由は3つあります。

理由①:あなたに合った求人を紹介

転職エージェントに登録すると、必ずキャリアアドバイザーと面談をします。面談の中で、あなたの希望条件や志向性を聞き、あなたに合った求人を紹介してくれます。

日本には、約170万社の企業があるので、自分に合った会社を選ぶのは難しいはずです。キャリアアドバイザーは転職のプロなので、豊富な選択肢の中からあなたに合った求人をリストアップしてくれます。

理由②:履歴書・職務経歴書の添削

どの企業に応募するにしても、履歴書・職務経歴書を提出する必要があります。

一般的な中途採用の流れは、

  • 書類選考
  • 面接
  • 内定

という企業が多いです。

実は、候補者のほとんどが書類選考で落とされてしまいます。採用担当者は、非常に多くの書類を読んできているので、ほんの数秒で合否を判定しています。

その点、キャリアアドバイザーは、書類選考に通りやすい履歴書・職務経歴書の書き方を知っているので、そのアドバイスをもらえるだけでも転職エージェントの利用価値は高いと思います。

理由③:企業ごとの面接対策

企業ごとに面接対策をしている人はどれだけいるでしょうか?

すべての企業ごとに面接対策をする必要はありませんが、第一志望〜第三志望くらいまではそれぞれに面接対策をした方が良いです。

転職エージェントでは、面接対策だけでなく、自己分析や業界研究にも付き合ってくれます。また、企業ごとの面接情報もストックしているため、一人で面接対策を行うよりも効率良く準備ができると思います。

転職成功率はどれくらい?

転職成功率は気になる方が多いですよね。ここでは、dodaの「転職成功者の年齢調査(2019年上半期)」をもとに年代別の転職成功率について解説します。

転職成功者の割合
24歳以下 10.1%
25〜29歳 39.6%
30〜34歳 23.1%
35〜39歳 12.8%
40歳以上 14.4%

出典:doda

転職成功者の割合をランキングにすると、

  • 1位:25〜29歳(39.6%)
  • 2位:30〜34歳(23.1%)
  • 3位:35〜39歳(12.8%)
  • 4位:40歳以上(14.4%)
  • 5位:24歳以下(10.1%)

20代中盤〜30代前半が転職がしやすい時期ということがわかります。それぞれの年代を詳しく見ていきましょう。

20代の転職成功率

20代の転職成功率は、全年代を通して一番高いです。

dodaの「転職成功者の年齢調査」によると、20代の転職成功者の割合は49.7%となっています。内訳としては、24歳以下が10.1%、25〜29歳が39.6%です。

30代の転職成功率

30代の転職成功率は、20代に次いで高いです。

dodaの「転職成功者の年齢調査」によると、30代の転職成功者の割合は35.9%となっています。内訳としては、30〜34歳が23.1%、35〜39歳が12.8%です。

30代後半から転職成功者の割合が半分近く減っており、30代後半からの転職の難易度は上がることがわかります。

40代・50代・60代の転職成功率

dodaの「転職成功者の年齢調査」では、40代以上の転職成功者の割合が14.4%となっています。この数値は、40代以上の数値のため、50代、60代も含まれています。

やはり、40代を過ぎると転職の難易度は非常に上がっていきます。自分だけで転職活動をするのではなく、上手に転職エージェントを利用することで効率の良い転職活動が送れると思います。

転職に成功したい方におすすめの転職エージェント

ここでは、「求人数」「転職サポートの質」「実績」の観点からおすすめの転職エージェントを3つ紹介します。

転職に成功したい方におすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界最大手のリクルートキャリアが運営している転職支援実績No.1の転職エージェントです。求人数、キャリアアドバイザーの質、サポート体制、どれをとってもトップクラスです。

利用者の60%以上が年収アップしており、転職をするなら必須の転職エージェントと言えます。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

doda

dodaは、人材業界大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が運営している転職エージェントです。2018年10月時点の会員数は約440万人で非常に人気の高いです。

転職者満足度は業界1位と言われるほど、ユーザーファーストの転職エージェントです。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

パソナキャリア

パソナキャリアは、人材派遣業界で第2位のパソナが運営している転職エージェントです。顧客満足度が非常に高く、転職後の年収アップ率はなんと67.1%と驚異的な数値です。

手厚い転職サポートに定評があり、初めて転職される方は、ぜひ利用したい転職エージェントです。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。