【経験談】ビズリーチのプラチナスカウトとは?【内定率や届く確率】

ビズリーチに登録すると「プラチナスカウト」が届くことがあります。

プラチナスカウトは非常に貴重です。通常のスカウトとの違いを理解しないまま利用すると、損をすることも。

結論、プラチナスカウトとは、面接または面談が確約された特別なスカウトのことです。通常のスカウトよりも内定率が高いので、興味のある企業から届いた場合には、必ず確認した方が良いです。

この記事では、「プラチナスカウトとは何か」だけでなく「プラチナスカウトが届く確率」や「プラチナスカウトを多くもらうための方法」について、元リクルートの転職エージェントが解説します。

ビズリーチのプラチナスカウトとは?

ビズリーチ

ビズリーチのプラチナスカウトとは、面接または面談が確約された特別なスカウトです。通常のスカウトは、面接または面談は確約されていません。

スカウトとプラチナスカウトの違いは、下記のとおりです。

①スカウト

  • ヘッドハンターから届く
  • 有料プランを利用している方のみ閲覧・返信が可能

②プラチナスカウト

  • 採用企業またはヘッドハンターから届く
  • 有料プランを利用していない方でも閲覧・返信が可能
  • 採用企業またはヘッドハンターが送信できる数は限られているので貴重

プラチナスカウトは非常に貴重

注目したいのは、採用企業またはヘッドハンターがプラチナスカウトを送信できる数は限らている点です。

あなたの職務経歴書を読んで、「この人ならこの求人にマッチする」という相当な自信がないと送ることはないです。

つまり、

  • 魅力的な企業の求人がある
  • この人なら内定がもらえる可能性がある

という可能性がなければ、プラチナスカウトは送られてきません。それほど貴重なので、少しでも興味があるスカウトに対しては、連絡した方が良いと思います。

ちなみに:ヘッドハンターからのプラチナスカウトには種類がある

ヘッドハンターからのプラチナスカウトには、

  • 役員面接確定
  • 社長面接確定

と記載されている場合があります。

この場合は、採用企業の面接が確約されたスカウトなので、書類選考がありません。転職エージェントの経験から言うと、これは結構有利です。

多くの求職者が書類選考で落とされてしまうのが現実です。そのため、書類選考がなく直接面接を受けられるのは、それだけで有利に選考を進められるということです。

必ず内定を頂けるということではありませんが、あなたに対して興味を持っている状態なので、内定のチャンスは通常よりも高いと考えられます。

プラチナスカウトの内定率

プラチナスカウトから選考を受けた時の内定率はどれくらいですか?

知り合いの転職エージェントの情報によると、「プラチナスカウトからの内定率は約3割」と言っていました。

これは正確なデータではありませんが、約3割だとすると非常に高い内定率になります。一般的に「書類選考〜内定」までの確率は10%未満なので、プラチナスカウトの効果は高いということになります。

プラチナスカウトが届く確率

プラチナスカウトが届く確率はどれくらいですか?

ビズリーチ利用者から、このような質問をよく頂くので、私の体験談から回答させて頂きます。私がビズリーチに登録したときは、その日のうちに約50件ほどのスカウトを頂きました。

内訳としては、

  • 採用企業からのスカウト:約5件
  • 採用企業からのプラチナスカウト:約15件
  • ヘッドハンターからのスカウト:約20件
  • ヘッドハンターからのプラチナスカウト:約10件

これくらいです。

イメージとしては、全体の約50%がプラチナスカウトでした。ビズリーチの場合、採用企業はもちろんですが、ヘッドハンターがアクティブに動いており、ヘッドハンターからのスカウトが多い傾向があります。

プラチナスカウトを多くもらう方法

プラチナスカウトを多くもらう方法は、1つだけです。

職務経歴書を具体的にしっかりと記入する

これだけです。

採用企業やヘッドハンターがスカウトを送る基準は「職務経歴書の内容」だけです。「あなたがどういう人で」「何ができるのか」を具体的に記入し、職務経歴書だけであなたの魅力を伝える必要があります。

プラチナスカウトをもらえない人の特徴

プラチナスカウトをもらえない人は、職務経歴書が手抜きの場合が多いです。職務経歴書には、下記8つの記入項目があります。

  1. 基本情報
  2. 職務要約・スキル
  3. 職務経歴
  4. 学歴
  5. 表彰
  6. 語学力・海外経験
  7. 資格
  8. 特記事項

プラチナスカウトを多くもらいたい人は、すべて記入しましょう。特に、職務要約は重要になります。転職成功者は、平均400文字で職務要約を書いています。

自分がアピールしたいことばかりではなく、採用企業やヘッドハンターが知りたいことを定量的なデータと合わせて記入する。これだけで、スカウトの率は高まります。

職務経歴書に書くべきことがわからない方は、下記を参照ください。

職務経歴書に盛り込む書くべき要素は大きく分けて以下の4つです。

  1. 経験した業界
  2. 経験した業務
  3. 担った役割と責任
  4. 成果

職務経歴書の各項目は以下を意識しながら記載しましょう。

  1. 職務要約…これまでのキャリアとその成果をストーリー立てて説明します
  2. スキル…ご自身の強みとなるキーワードとその説明を箇条書きで伝えます
  3. 職務経歴…これまでの職務内容・職責とその成果(数字を含める)を具体的に記載します

出典:ビズリーチ公式HP

補足:ログイン頻度を高めることも重要

プラチナスカウトをもらうためには、ログイン頻度を高めることも重要になります。最終ログイン日時が新しい=職務経歴書がより上位に表示されるので、採用企業やヘッドハンターがあなたの職務経歴書に目を通す確率が上がります。

また、「ログイン頻度が高い=転職意欲が高い」と判断されるため、採用企業やヘッドハンターが積極的に連絡を取ってくる傾向があります。

ビズリーチ以外におすすめの転職サービス

ビズリーチ以外におすすめしているのが、下記の転職サービスです。

ビズリーチの利用者は高年収の方が多いので、『JACリクルートメント』や『キャリアカーバー』のような高年収向けの転職サービスを利用している方がほとんどです。

1位:JACリクルートメント
2位:キャリアカーバー
3位:リクルートエージェント
必須:リクナビNEXT

1位:JACリクルートメント

JACリクルートメント

【おすすめ度】★★★★★(5.0)
【公式HP】http://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントは、ハイキャリア転職実績No.1の転職エージェントです。人材紹介事業において、リクルート、dodaに次いで国内第3位の売上高を誇っています。

高年収求人をメインに扱っており、年収アップを目指している方にとっては、必須の転職エージェントと言えます。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

JACリクルートメントの評判と特徴を転職エージェントが徹底解説

サービス名 JACリクルートメント
対応地域 全国
探せる職種 サービス、商社/流通/外食、消費財、建設/不動産、金融、クリエイティブ/マーケティング、運輸/物流/倉庫、IT・通信、コンサルティング/シンクタンク/法律・会計、電気/電子/半導体、機械/自動車、化学、金属/素材/エネルギー、メディカル・バイオ、医療/介護/福祉、その他
求人数 1万5,000件以上
特徴 ・高年収求人が多い
・ハイキャリア転職実績No.1
・グローバル転職に強い(外資系企業との取引実績4,000件)
・一気通貫型のコンサルティング体制
・人材紹介において国内3位
・業界・職種に特化したコンサルタントが約650名在籍

2位:キャリアカーバー

キャリアカーバー

【おすすめ度】★★★★★(5.0)
【公式HP】https://careercarver.jp/

キャリアカーバーは、業界最大手のリクルートキャリアが運営するハイクラス向けの転職サービスです。リクルートエージェントのハイクラス版と考えるとわかりやすいでしょう。

高年収求人がまとまっているので、年収500万円以上の方にとっては、非常に便利なサービスとなっています。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

キャリアカーバーの評判と特徴を元リクルートが徹底解説

サービス名 キャリアカーバー
対応地域 全国
探せる職種 経営ボード、経営企画・事業計画、管理、マーケティング、クリエイティブ、営業、コンサルタント、ITコンサルタント、専門職、IT・インターネット、ゲーム、電気・電子、半導体、機械、組み込み制御、化学、化粧品・食品、金融、メディカル、建設・不動産、知的財産、その他
求人数 多い
特徴 ・高年収の非公開求人が多数
・ヘッドハンターの質が高い
・レジュメがすべて匿名(採用担当者に個人情報を見られる心配はありません)

3位:リクルートエージェント

【おすすめ度】★★★★☆(4.5)
【公式HP】https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、業界最大手のリクルートキャリアが運営している転職支援実績No.1の転職エージェントです。求人数、キャリアアドバイザーの質、サポート体制、どれをとってもトップクラスです。

利用者の60%以上が年収アップしており、転職をするなら必須の転職エージェントと言えます。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

リクルートエージェントの評判と特徴を元リクルートが徹底解説

サービス名 リクルートエージェント
対応地域 全国
探せる職種 営業・販売・カスタマーサービス、企画・マーケティング・経営、管理・事務、物流・購買・貿易・店舗開発、コンサルタント、金融専門職、不動産専門職、クリエイティブ、SE・IT・エンジニア、エンジニア(設計・生産技術・品質管理)、建築・土木・化粧品、その他(講師・調理師・介護など)
求人数 約24万件(2018年11月現在)
特徴 ・転職支援実績No.1
・圧倒的な求人数
・経験豊富なキャリアアドバイザー
・条件交渉に強いリクルーティングアドバイザー
・転職者の60%以上が年収アップ
・全国に拠点があり、相談がしやすい

必須:リクナビNEXT

リクナビNEXT

【おすすめ度】★★★★★(5.0)
【公式HP】https://next.rikunabi.com/

リクナビNEXTは、業界最大手のリクルートが運営する転職サイトです。圧倒的な求人数を誇り、会員数は約800万人。転職活動をされている方のほとんどが利用しています。

求人は全国を網羅しており、幅広い職種を扱っているので、希望条件に合った求人が必ず見つかります。履歴書や職務経歴書の作成ツールが無料で使えるので、重宝すると思います。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

リクナビNEXTの評判と特徴を元リクルートが徹底解説

サービス名 リクナビNEXT
対応地域 全国
探せる職種 営業、事務・管理、企画・マーケティング・経営・管理職、サービス・販売・外食、Web・インターネット・ゲーム、クリエイティブ(メディア・アパレル・デザイナ)、専門職(コンサルタント・士業・金融・不動産)、ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)、エンジニア(機械・電気・電子・半導体・制御)、素材・化学・食品・医薬品技術職、建築・土木技術職、技能工・設備・交通・運輸、医療・福祉・介護、教育・保育・公務員・農林水産・その他
求人数 非常に多い
特徴 ・約85%の求人がリクナビNEXT独自の求人
・毎週数千件の新着求人が掲載される
・スカウト機能をつかえる
・「転職成功ノウハウ」などのコンテンツが充実している
・検索機能が使いやすい
・人材紹介会社であるリクルートが運営している安心感