KDDIの平均年収はいくら?【グループ会社の年収も解説】

KDDIの平均年収

日本の大手電気通信事業者の一つ、KDDIの平均年収は952万円です。この記事では、そんなKDDIの年収を「年齢別」「役職別」「競合他社比較」で詳しく解説します。

KDDIの平均年収

平均年収
952万円
※有価証券報告書
月収
63.4万円
※平均年収から算出

KDDIの平均年収は952万円です。国税庁の民間給与実態統計調査によると日本国民の平均年収は432万円なので、KDDIの平均年収は約2.2倍だということがわかります。

  • KDDIの平均年収:952万円
  • 平均年収:432万円

KDDIの平均年収の推移

有価証券報告書を確認すると、KDDIの平均年収は900万円代を推移していることがわかります。従業員数が1万人を超えているのにも関わらず平均年収が900万円を大幅に超えており、全従業員の給与が満遍なく高いことがわかります。

年度 平均年収 平均年齢 平均勤続年数 従業員数
2018年 952万円 42.5 17.7 10,968
2017年 936万円 42.4 17.6 11,037
2016年 953万円 42.2 17.4 10,916
2015年 951万円 42.0 17.3 10,775
2014年 976万円 41.8 17.0 10,671
2013年 939万円 41.4 16.8 10,739

出典:有価証券報告書

KDDIの役職別の平均年収

KDDIの役職別平均年収を表にまとめました。(下表は口コミやindeed、リクナビNEXTなどの情報を独自に集計)

役職につくことができれば、大幅に基本給が上がります。KDDIは年功序列がまだ残っており、年齢が上がると共に役職につくことができます。一方、課長クラス以上は実力がないとつけません。

役職 平均年収
部長クラス 1,500万円〜(推定)
課長クラス 1,300万円〜(推定)
係長クラス 1,000万円〜(推定)
メンバークラス 400万円〜700万円(推定)

KDDIの社長の年収・役員の報酬

有価証券報告書によると、2018年度にKDDIが社内取締役10名に支払った役員報酬の総額は7億1,000万円でした。

また、有価証券報告書では、報酬が1億円を超えている役員の氏名と報酬額を公表しています。KDDIの場合は下記の通りです。(役職は2018年度当時のものです)

・髙橋誠氏(代表取締役社長兼渉外・コミュニケーショ統括本部長):1億4,00万円

KDDIの年齢別の平均年収

KDDIの年齢別平均年収を表にまとめました。(下表は口コミやindeed、リクナビNEXTなどの情報を独自に集計)

KDDIは年功序列がまだ残っており、年齢が上がると共に給与も上がっていきます。

年齢 平均年収
50代 1,200万円以上(推定)
40代 900万円〜1,200万円(推定)
30代 800万円〜1,000万円(推定)
20代 400万円〜700万円(推定)

KDDIの平均年収は高い?競合企業との比較

日本の主要通信会社であるNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの平均年収を比較しました。KDDIの平均年収は1位でした。

年度 平均年収 売上高 純利益 従業員数
KDDI 953万円 5兆806億円 1兆137億円 10,968
NTTドコモ 872万円 4兆8,408億円 1兆136億円 7,884
ソフトバンク 733万円 3兆7,463億円 7,194億円 17,115

出典:有価証券報告書

平均年収、売上高、純利益、全ての項目でKDDIが1位でした。NTTドコモがKDDIを追いかける形になります。一方、3位のソフトバンクとはすべての項目でまだ差があります。

今後ともKDDIは安定して成長していくと考えられており、NTTドコモとの覇権争いに注目です。

KDDIグループ会社の平均年収ランキング

KDDIグループのロゴ

KDDIグループは、連結子会社175社、持分法適用関連会社39社により構成されています。主に「パーソナル事業」、「ライフデザイン事業」、「ビジネス事業」、「グローバル事業」の4つの事業を展開しています。

ここでは、その中から主要グループ会社7社の平均年収をランキングにまとめました。(下表は口コミやindeed、リクナビNEXTなどの情報を独自に集計し算出しました)

No. 社名 平均年収
1 KDDI 954万円
2 沖縄セルラー電話 704万円
3 KDDIフィナンシャルサービス 700万円(推定)
4 KDDIまとめてオフィス 500万円(推定)
4 KDDIエンジニアリング 500万円(推定)
4 KDDIウェブコミュニケーションズ 500万円(推定)
7 KDDIエボルバ 450万円(推定)

1.KDDI

KDDIのロゴ

KDDIの平均年収は954万円です。

KDDIは、日本の大手電気通信事業者のひとつです。国内・国際通信の全般を扱っており、専用線、固定電話サービス、携帯電話、プロバイダ、衛星電話を主に手掛けています。

2000年に第二電電、ケイディディ、日本移動通信が合併し設立されました。

2.沖縄セルラー電話

沖縄セルラーのロゴ

沖縄セルラー電話の平均年収は704万円です。

沖縄セルラー電話は、沖縄県で携帯電話事業を行う電気通信事業者です。KDDIの連結子会社として、auを扱っています。JASRAC上場企業です。

3.KDDIフィナンシャルサービス

KDDIフィナンシャルサービスのロゴ

KDDIフィナンシャルサービスの平均年収は約600万円です。

KDDIフィナンシャルサービスはクレジットカード事業会社です。2014年に設立し、「au WALLET クレジットカード」事業をスタートさせ、4年間で400万人以上の会員数を達成しています。

4.KDDIまとめてオフィス

KDDIまとめてオフィスのロゴ

KDDIまとめてオフィスの平均年収は約500万円です。

KDDIまとめてオフィスは、スマートデバイスやインターネット環境構築、クラウド導入などのKDDI法人向けサービス・KDDIまとめてオフィスサービスの販売を行う企業です。KDDIグループビジネス事業の中核企業のひとつです。

4.KDDIエンジニアリング

KDDIエンジニアリングのロゴ

KDDIエンジニアリングの平均年収は約500万円です。

KDDIエンジニアリングは、主にシステム開発を行う企業です。スマートフォンやサーバシステムのアプリケーション開発や、IoT関連の組み込みソフトウェア、VRやAR、AIなどの先進的な技術開発など、幅広く展開しています。

4.KDDIウェブコミュニケーションズ

KDDIウェブコミュニケーションズのロゴ

KDDIウェブコミュニケーションズの平均年収は約500万円です。

KDDIウェブコミュニケーションズは、クラウド・ホスティング事業、ウェブサービス事業、プラットフォーム事業を展開している企業です。レンタルサーバーを主軸に、様々なウェブサービスを手掛けています。

7.KDDIエボルバ

KDDIエボルバのロゴ

KDDIエボルバの平均年収は約450万円です。

KDDIエボルバは、BPO事業を中心に、ITソリューション事業や人材派遣サービスなどを展開する企業です。コンタクセンターサービスやオムニチャネルソリューションサービスなどを主軸に業績を上げています。

KDDIに転職するためには

転職難易度
高い
※独自調査
人気ランキング
88位
※doda

KDDIの転職難易度は高いです。「社会人が選ぶ転職人気企業ランキング」でも常に100位以内にランクインしており、KDDIを志望している方は、事前準備が重要になります。

KDDIに転職するために知っておくべきこと

KDDIに転職するために知っておくべきことは、3つあります。

  1. 通年採用を実施
  2. 第二新卒採用
  3. 転職エージェントを利用する

1.通年採用を実施

KDDIは通年採用を実施しています。時期によって求人掲載数は変わりますが、常時数件は掲載されています。上半期・下半期の始まりの時期には求人が増えると考えられます。基本的に、どの職種も即戦力(若手〜中堅)・ハイクラスを対象としており、専門的な経験やスキルを求められます。

募集されている職種は下記の通りです。5Gの開発人材などの技術職を多数募集しています。事務系職種では、業界経験や専門的なスキルが必須になることが多いです。

コーポレート/新規事業・ビジネスモデル開発/グローバル事業企画・推進/事業推進・渉外/次世代テクノロジー開発/システム企画・ITアーキテクト/インフラエンジニア(NW・サーバ・モバイル)/アプリケーション開発エンジニア/ファシリティ設計・構築/デジタルマーケティング(戦略UI/UX設計)/データ分析・ビッグデータ活用

2.第二新卒採用

KDDIは第二新卒採用を積極的に行なっています。条件は下記の通りです。

  • 大学、高専卒業/大学院修士・博士課程を修了
  • 就業経験がある
  • 29歳以下

職種は営業・企画・開発・システムエンジニアがあります。年齢が29歳に近くなれば、それなりの経験・スキルが求められます。若い場合は、業界未経験でも問題ありません。

3.転職エージェントを利用する

転職エージェントとは、求人紹介や履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、面接の日程調整、面接後の条件交渉などを担当のキャリアアドバイザーがサポートしてくれる無料サービスです。

KDDIの場合、転職難易度が非常に高いので、万全な準備が求められます。転職エージェントでは、KDDIの求人紹介はもちろん、KDDIから内定を貰うための面接対策を行ってもらえるため、転職エージェントを利用した方が内定確度は高まるでしょう。

また、KDDIは転職エージェントに「非公開求人」を掲載している可能性が高いです。KDDIのような人気企業が求人を出すと応募者が殺到しやすいため、一般には公開しない「非公開求人」を転職エージェントに掲載しています。

おすすめの転職エージェント

まとめ

KDDIの平均年収は952万円ということがわかりました。

電気通信事業者の中では、平均年収、売上高が1位であり、非常に安定している企業です。今後ともNTTドコモと2巨頭として業界をリードしていくことが予想されます。

高年収・安定企業のため転職人気も高いですが、KDDIは中途採用を積極的に行なっているため、大きなチャンスはあります。KDDIに転職したい方は、転職エージェントなどで入念な対策を行うことをおすすめします。

■まとめ

・KDDIの平均年収

952万円

・平均年収ランキング

113位

・KDDIの役職別の平均年収

部長クラス:1,500万円〜(推定)

課長クラス:1,300万円〜(推定)

係長クラス:1,000万円〜(推定)

メンバークラス:400万円〜700万円(推定)

・KDDIの役員報酬

社内取締役の役員報酬(10名):7億1,000万円

髙橋誠氏(代表取締役社長兼渉外・コミュニケーショ統括本部長):1億4,00万円

・KDDIの年齢別の平均年収

50代:1,200万円以上(推定)

40代:900万円〜1,200万円(推定)

30代:800万円〜1,000万円(推定)

20代:400万円〜700万円(推定)

・KDDIグループ会社の平均年収

KDDI:954万円

沖縄セルラー電話:704万円

KDDIフィナンシャルサービス:700万円(推定)

KDDIまとめてオフィス:500万円(推定)

KDDIエンジニアリング:500万円(推定)

KDDIウェブコミュニケーションズ:500万円(推定)

KDDIエボルバ:450万円(推定)

・KDDIに転職するために知っておくべきこと

①通年採用を実施

②第二新卒採用

③転職エージェントを利用する