サイバーエージェントの平均年収はいくら?【新卒・役員の年収も合わせて解説】

サイバーエージェントの平均年収

日本最大級のITメガベンチャーのひとつ、サイバーエージェントの平均年収は709万円です。この記事では、そんなサイバーエージェントの年収を「年齢別」「職種別」「役職別」「競合他社比較」で詳しく解説します。

サイバーエージェントの平均年収

平均年収
709万円
※有価証券報告書
月収
47.2万円
※平均年収から算出

サイバーエージェントの平均年収は709万円です。国税庁の民間給与実態調査によると平均年収は432万円なので、サイバーエージェントの平均年収は1.6倍ということがわかります。

  • サイバーエージェントの平均年収:709万円
  • 平均年収:432万円

サイバーエージェントの平均年収の推移

サイバーエージェントの最新の有価証券報告書を見ると、平均年収は2016年度まで年々右肩上がりに増加していましたが。2017年度以降大幅に下がっていることがわかります。

サイバーエージェントは2017年度から純利益が大きく減っていることが理由であると考えられます。2017年度から純利益が減っている原因は、AbemaTVなどの大幅な赤字事業などであると推定できます。

年度 平均年収 平均年齢 平均勤続年数 従業員数
2018年 709万円 32.2 5.2 1,540
2017年 703万円 31.9 5.1 1,500
2016年 779万円 31.7 4.9 1,572
2015年 772万円 31.1 4.5 1,663
2014年 720万円 30.7 4.1 1,653
2013年 665万円 30.3 3.6 1,494

出典:有価証券報告書

サイバーエージェントの新卒1年目の初任給・年収

サイバーエージェントの2019年度の新卒初任給は下記の通りです。職種によって、初任給が大きく変わります。

  • ビジネスコース:年収408万円(初任給34万円)
  • エンジニアコース(能力別給与体系):最低年俸450万円〜
  • エンジニアコース(エキスパート認定):最低年俸720万円〜
  • デザインコース:最低年俸408万円〜

サイバーエージェントは年俸制であるため、ボーナスや残業代などはありません。成果主義の企業でもあるため、結果を出して昇給・昇格を果たしていかなければ年収は上がりません。

エンジニアは非常に優遇されており、能力の高い学生には新卒1年目から最低年俸720万円が保証されています。

サイバーエージェントの福利厚生

サイバーエージェントには色々な福利厚生がありますが、その中でも収入に関わるものとして「家賃補助制度」があります。

勤続5年未満の正社員の場合、オフィスの最寄駅から2駅圏内に住んでいると月3万円が支給されます。勤続5年以上の正社員の場合は、どこに住んでいても月5万円が支給されます。

その他、女性活躍促進制度や技術者向け支援制度などが非常に充実しています。詳しくはサイバーエージェントの福利厚生ページをご確認ください。

サイバーエージェントの役員(幹部)の年収

有価証券報告書によると、2018年度にサイバーエージェントが社内取締役8名に支払った役員報酬の総額は3億9,500万円でした。一人あたりに換算すると、約4937万円です。

役員区分 報酬等の総額 基本報酬 ストックオプション 対象役員の員数
取締役 3億9,500万円 2億6,700万円 1億2,800万円 8
監査等委員 800万円 800万円 1
監査役 200万円 200万円 1
社外役員 1,900万円 1,900万円 3

出典:有価証券報告書

サイバーエージェントの年齢別の年収

サイバーエージェントは年功序列ではなく成果主義の企業。そのため、年齢ごとの平均年収は参考程度にお考えください。

一方で、年齢を重ねると経験、スキルが蓄積されるため、成果を出しやすくなるため、一定程度、年齢と年収の上昇は比例します。(口コミやindeed、リクナビNEXTなどの情報を独自に集計)

年齢 平均年収
20代 500〜600万円(推定)
30代 600〜800万円(推定)
40代 700〜900万円(推定)
50代 800〜万円(推定)

ITメガベンチャー年収ランキング【サイバーエージェントの年収は低い?】

サイバーエージェントの年収は他のITメガベンチャーと比べて低いのでしょうか?

平均年収や気になる数値を日本の主要ITメガベンチャーと比較してみました。

企業名 平均年収 売上高 一人あたりの役員報酬 転職人気ランキング
ソフトバンクグループ 1,253万円(HD) 9兆6,022億円 2億9,483万円
リクルートホールディングス 962万円(HD) 2兆3,107億円 1億9,600万円 12位
ディー・エヌ・エー 768万円 1,241億円 6,100万円 100位圏外
ソフトバンク 733万円 3兆7,463億円 2億9,483万円 14位
楽天 720万円 1兆1,014円 1億3,833万円 3位
サイバーエージェント 709万円 4,195億円 4,937万円 51位

出典:有価証券報告書

ソフトバンクグループとリクルートホールディングスは、事業会社を統括しているホールディングス企業のため、平均年収が高めに算出されています。ホールディングス系企業を除けば、サイバーエージェントの平均年収は4位です。

ITメガベンチャーの中では、サイバーエージェントの平均年収は低いです。とはいえ、日本国民の平均年収の1.6倍の年収があるため、日本全体で考えると高年収であるといえます。

サイバーエージェントへ転職するためには

転職難易度
高い
※独自調査
人気ランキング
51位
※doda

サイバーエージェントの転職難易度は高いです。「社会人が選ぶ転職人気企業ランキング」でも常に上位にランクインしており、サイバーエージェントを志望している方は、事前準備が重要になります。

サイバーエージェントに転職するために知っておくべきこと

サイバーエージェントに転職するために知っておくべきことは、2つあります。

  1. 通年採用を実施
  2. 転職エージェントを利用する

1.通年採用を実施

サイバーエージェントは通年採用を実施しています。時期によって求人掲載数は変わりますが、常時数十件が掲載されています。基本的に、どの職種も即戦力(若手〜中堅)・ハイクラスを対象としており、専門的な経験やスキルを求められます。

職種区分としては、エンジニア、デザイナー、プロデューサー・ディレクター、営業、バックオフィスです。エンジニア職が一番多く募集されています。営業職の場合は、経験年数を問わないポテンシャル採用も多く行われています。

2.転職エージェントを利用する

転職エージェントとは、求人紹介や履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、面接の日程調整、面接後の条件交渉などを担当のキャリアアドバイザーがサポートしてくれる無料サービスです。

サイバーエージェントの場合、転職難易度が非常に高いので、万全な準備が求められます。転職エージェントでは、サイバーエージェントの求人紹介はもちろん、サイバーエージェントから内定を貰うための面接対策を行ってもらえるため、転職エージェントを利用した方が内定確度は高まるでしょう。

また、サイバーエージェントは転職エージェントに「非公開求人」を掲載している可能性が高いです。サイバーエージェントのような人気企業が求人を出すと応募者が殺到しやすいため、一般には公開しない「非公開求人」を転職エージェントに掲載しています。

おすすめの転職エージェント

まとめ

サイバーエージェントの平均年収は、709万円ということがわかりました。成果主義のため、能力のある人材はどんどん年収を上げていくことができます。

■まとめ

・サイバーエージェントの平均年収

709万円

・サイバーエージェントの新卒の年収

ビジネスコース:年収408万円(初任給34万円)

エンジニアコース(能力別給与体系):最低年俸450万円〜エンジニアコース(エキスパート認定):最低年俸720万円〜

デザインコース:最低年俸408万円〜

・サイバーエージェントの役員の年収

役員報酬総額(社内取締役8名):3億9,500万円(一人あたり約4937万円)

・サイバーエージェントの年齢別の平均年収

20代:500〜600万円(推定)

30代:600〜800万円(推定)

40代:700〜900万円(推定)

50代:800〜万円(推定)

・サイバーエージェントに転職するために知っておくべきこと

①通年採用を実施

②転職エージェントを利用する