【元社員が解説】ビズリーチとキャリアカーバーの違いを徹底比較

高年収求人をメインに探している場合、ビズリーチとキャリアカーバーの利用を検討する方が多いです。

どちらのサービスもハイクラス向きの転職サイトですが、それぞれに違いがあるので、利用前に確認しておきたいところです。

この記事では、「ビズリーチとキャリアカーバーの違い」だけでなく「どちらを利用するべきか」について元リクルートの転職エージェントが解説します。

ビズリーチとキャリアカーバーとは?

PCとスマホ

ビズリーチキャリアカーバーは、どちらもヘッドハンティング系の転職サービスです。

基本的な利用の流れは、

  1. レジュメ登録
  2. ヘッドハンターからのスカウトを待つ
  3. スカウトを受け取ったら応募する

このようになります。

どちらのサービスも自分で求人を検索することができますが、ヘッドハンターを介して応募するのが通常です。

ビズリーチとキャリアカーバーの違い

ビズリーチとキャリアカーバーの違いを表にまとめました。大きく違う点は、「公開求人数」「ヘッドハンターの数」「料金」「スカウトの送信元」の4つです。

ビズリーチ キャリアカーバー
公開求人数 10万5544件 5万6841件
求人の質 高年収求人がメイン 高年収求人がメイン
スカウトの種類 ・通常のスカウト
・プラチナスカウト
・通常のスカウト
・一球入魂スカウト
スカウトの送信元 採用企業またはヘッドハンター ヘッドハンターのみ
ヘッドハンターの数 4610人 2344人
料金 一部有料 完全無料
会員数 108万人以上 非公開

※2020年8月時点

違い①:公開求人数

公開求人数は、

  • ビズリーチ:10万5544件
  • キャリアカーバー:5万6841件

ビズリーチの方がキャリアカーバーよりも約2倍多いです。一見、「ビズリーチの方が良い!」と思うかもしれませんが、重要なのは求人の質です。

違い②:求人の質

どちらも登録している私の意見としては、

  • ビズリーチ:高年収ではあるが年収の幅が大きい
  • キャリアカーバー:高年収求人がメイン

ビズリーチの方が求人数は多いですが、キャリアカーバーの方が求人の質は高いと思います。キャリアカーバーは、本当に高年収求人だけです。

求人検索の年収欄を見ればわかりますが、ビズリーチは「年収300万円から」求人検索できるのに対して、キャリアカーバーは「年収600万円から」となっています。

つまり、高年収求人をメインに扱っているのは、キャリアカーバーということです。

違い③:スカウトの種類

スカウトの種類は基本的に同じです。

  • ビズリーチ:通常のスカウト+プラチナスカウト
  • キャリアカーバー:通常のスカウト+一求入魂スカウト

「ビズリーチのプラチナスカウト=キャリカーバーの一求入魂スカウト」と言った感じです。それぞれの違いは多少ありますが、同じと考えて大丈夫です。

違い④:スカウトの送信元

「スカウトの送信元」とは、「誰がスカウトを送るのか?」ということです。ビズリーチとキャリアカーバーは、ここが大きく違います。

  • ビズリーチ:採用企業またはヘッドハンター
  • キャリアカーバー:ヘッドハンターのみ

ビズリーチは、採用企業からも直接スカウトをもらうことがあります。採用企業からスカウトをもらった場合、書類選考なしで面接に進めるので大きなメリットです。

とはいえ、スカウトの内訳としては、採用企業よりもヘッドハンターからのスカウトが圧倒的に多いです。

このあたりについては、こちらの記事をご覧ください。

違い⑤:ヘッドハンターの数

ヘッドハンターの数も大きく違います。

  • ビズリーチ:4610人
  • キャリアカーバー:2344人

なぜこれだけヘッドハンターの数が違うのか?

理由は複数あると思いますが、ビズリーチの方がヘッドハンターの登録がしやすいからだと思います。

ビズリーチまたはキャリアカーバーに登録しているヘッドハンターは、大手の転職エージェンに所属しているか、個人でエージェント活動をしている方です。

ビズリーチは、登録の敷居を低くしてヘッドハンターの数を増やし、キャリアカーバーは、登録の敷居を高くしてヘッドハンターの質を担保している印象です。

違い⑥:料金

最大の違いは「料金」です。

  • ビズリーチ:一部有料
  • キャリアカーバー:完全無料

キャリアカーバーは、完全無料ですべてのサービスを利用できます。一方、ビズリーチには、無料プランと有料プランがあります。

さらに、有料プランは「タレント会員」と「ハイクラス会員」に分かれています。

  • タレント会員:2,980円(税抜き)/30日間
  • ハイクラス会員:4,980円(税抜き)/30日間

違い⑦:会員数

会員数は、

  • ビズリーチ:108万人以上
  • キャリアカーバー:非公開

キャリアカーバーは公開していないため、比較できません。ただし、下記の理由でビズリーチの方が会員数が多いと考えられます。

  • サービスの開始時期
  • 運営会社の類似サービス数
  • ビズリーチはCMを打っている

サービスの開始時期

サービスの開始時期は、ビズリーチが2010年6月であるのに対して、キャリアカーバーは2014年6月です。

運営会社の類似サービス数

ビズリーチ社は、ビズリーチとキャリトレをメインに運営しています。

一方、リクルート社は、キャリアカーバーだけでなく、リクルートエージェントやリクナビNEXTなども運営しています。

ビズリーチ社にとって、ビズリーチという転職サービスはメインサービスに当たるので、会員数ではキャリアカーバーに勝っていると考えるのが普通です。

ビズリーチはCMを打っている

ビズリーチは、知名度を上げるために常にCMを打っています。

一方、キャリアカーバーはCMを打ったことがないと思います。CM以外のプロモーションとして、アフィリエイトやリスティング広告を含めたWebプロモーションに力を入れている印象です。

会員数を増やすのであれば、CMが効果的なので、ビズリーチの方が会員数が多いと予測できます。

ビズリーチとキャリアカーバーどちらを利用するべき?

結論から言うと、どちらも利用するべきです。

転職活動で大事なことは、「自分に合った求人に出会うこと」です。つまり、求人の選択肢は広げておいた方が良いです。

ビズリーチとキャリアカーバーは、どちらも高年収求人を扱っていますが、保有している求人は違います。

「ビズリーチにはあるけど、キャリアカーバーにはない」という求人が必ずあります。逆も然りです。

とはいえ、「どちらのサービスが自分に合っているのか」を知りたい方がいると思うので、下記で解説していきます。

どちらを利用するべきかの判断基準

少し無理やりかもしれませんが、判断基準を考えました。

  • ビズリーチ:年収500〜1,000万円の求人を探している方
  • キャリアカーバー:年収600〜年収2,000万円の求人を探している方

こんな感じです。

ビズリーチは年収レンジが広いので、「年収500万円くらいの方が年収アップを目指す場合」に利用価値が高いと思います。

キャリアカーバーは役員クラスや管理職クラスの求人が多いので「年収500〜700万円の方で役職クラスを目指す場合」に利用価値が高いと思います。

高年収求人を探している方はJACリクルートメントもおすすめ

JACリクルートメント

ビズリーチやキャリアカーバーを利用している方は、高年収求人をメインに探していると思います。

高年収求人を探しているのであれば、『JACリクルートメント』も非常におすすめです。

  • ハイクラス転職実績No.1
  • 高年収求人をメインに扱っている
  • 業界特化のコンサルタントが担当に付いてくれる

この3つの特徴があるので、ハイクラス層の利用満足度が高い転職エージェントです。

転職エージェントのサービス内容

転職エージェントでは、求人紹介はもちろん、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、面接の日程調整、条件交渉、内定後のアフターフォローなどを担当のコンサルタントが全面的にサポートしてくれます。

担当のコンサルタントが付くことで、あなたの希望条件やあなたの特性をしっかりと理解した上で、求人を紹介してくれます。