IT業界に向いていない?転職でよくある失敗例3選

この記事では、エンジニアや営業に関係なく、IT業界に向いていない人の特徴を3つの失敗例で解説します。

私は、IT企業に長く勤めており、IT業界のエンジニアや営業がすぐに辞めてしまうケースを多く見てみきました。

その経験をもとに記事を書いていますが、私が見て感じたことなので、必ずしも正解ではありません。

IT業界に転職を考えている人に、少しでも参考になれば幸いです。

IT業界は素晴らしい業界だか向き不向きもある

IT業界は、成長産業なので、高年収の求人がたくさん出回っています。有効求人倍率も、他の業界と比べると非常に高いです。

IT業界で経験・スキルを積んで、より良い会社に転職し、キャリアップを実現している友人はたくさんいます。

一方、IT業界にチャレンジしたものの、なんらかの理由ですぐに辞める、あるいは休職してしまう友人をたくさん見てきました。

事実として、IT業界は、高年収の企業が多いですが、求められる仕事量も多いです。そのため、向き・不向きが生じるのは当然。

この記事では、IT業界に向いていない人のよくある失敗例を紹介します。

失敗例①:技術力に付いていけない

これはエンジニアによくあるパターンです。

会社によって求められる技術力は違いますが、少し背伸びして入社した企業で、自分の技術力が劣っていた場合、忍耐力が必要になります。

特に、ベンチャー企業では、成長環境はありますが、育成環境が整っていない場合があります。入社してすぐに、即戦力として働く必要があるので、インプットとアウトプットの量は非常に多くなります。

それに付いていけないと、すぐに辞めてしまうことも…。成長意欲があり、負けず嫌いな人が長く続いている気がします。

失敗例②:業務スピードに付いていけない

IT業界は、スピードが命です。

日々、外部環境が変わっているので、求められる仕事内容は変わっていきます。これはエンジニアだけでなく、営業も同じです。

メーカーや金融など、安定した業界に比べると、IT業界は業務スピードが早いので、それらに対応していく必要があります。

失敗例③:人間関係で悩む

業界により、働いている人の属性は違いますが、IT業界は成長意欲が強い人が多いです。

例えば、私の周りは、今の会社で経験スキルを積んだら

  • 起業を目指している
  • フリーランスを目指している

という方ばかりです。

周りから刺激を多くもらえるので、仕事のモチベーションを高く維持できます。一方で、安定志向が強い人は、あまり馴染めないかもしれません。

安定志向が強い方であれば、メーカーや金融などの安定した業界の方が活躍できると思います。

経験談:IT業界の転職を成功させるコツ

IT業界に転職するなら、自分に合った会社に出会うことが重要です。IT業界と一口に言っても、働き方や待遇は会社によって大きく違います。

一般的に、転職活動をする際には、自分で求人を検索して、自分で応募すると思います。しかし、自分で求人を検索するのには、限界があります。

転職してから、「本当はもっと良い求人があった」と後悔しても遅いです。

そのようなミスマッチをなくすためにも、IT業界に強い転職エージェントを利用することをおすすめします。

IT業界に強い転職エージェントを利用するメリット

IT業界に強い転職エージェントであれば、IT業界の求人を網羅的に紹介してくれ、IT業界に精通したキャリアアドバイザーが担当に付いてくれます。

一人で転職活動をするよりも、確実に効率の良い転職活動を送ることができます。

転職エージェントでやってくれること

転職エージェントでは、求人紹介はもちろん、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、条件交渉などを、担当のキャリアアドバイザーが完全無料でサポートしてくれます。

転職エージェントの利用の流れは、

  1. 登録
  2. 面談・求人紹介
  3. 面接対策
  4. 面接
  5. 内定・入社

このように進んでいきます。

面談の場で、あなたの志向性や希望条件に沿った求人を紹介してくれるので、ミスマッチが生じにくいはずです。

IT業界に強いおすすめ転職エージェント

「IT業界の求人数が多い」「IT業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍している」「IT業界の転職実績が豊富」この3つの観点から選びました。

IT業界に強いおすすめ転職エージェント

完全無料で利用できるので、一度面談を受けてみてはいかがでしょうか?

リクナビNEXTの調査では、転職成功者は平均4.2社の転職エージェントを利用しています。求人の選択肢を広げる意味でも、2〜3社を利用することをおすすめします。