Macのタスクマネージャーとは?【起動する方法やコマンドについて解説】

Macのタスクマネージャーとはなに?

タスクマネージャーの開き方がわからない。

タスクマネージャーでできることを知りたい。

このような疑問に答えます。

Macのタスクマネージャーでは、アプリケーションの使用状況や強制終了などをすることができます。Macが重い時には、その原因を探ることもできます。

何かあったときにタスクマネージャーを使えれば、本当に便利です。

この記事では、「Macのタスクマネージャーとは何か?」だけでなく「タスクマネージャーの起動方法」や「タスクマネージャーでできること」について解説します。

Macのタスクマネージャーとは

タスクマネージャーとは、「タスク(作業)がPC内でどのように実行されているか管理する画面のこと」です。

Windowsでは、「タスクマネージャー」という名前ですが、Macの場合は、「アクティビティモニタ」という名称となっています。

  • Windows:タスクマネージャー
  • Mac:アクティビティモニタ(=タスクマネージャー)

Macユーザーであれば、「タスクマネージャー=アクティビティモニタ」と考えてOKです。

Macのタスクマネージャーを起動する方法

Macのタスクマネージャーであるアクティビティモニタを起動する方法は3つあります。個人的には、「Spotlightから呼び出して起動する」が一番効率的だと思います。

  1. Finderから起動する
  2. DockにあるLaunchpadから起動する
  3. Spotlightから呼び出して起動する

起動方法①:Finderから起動する

(1)Finderを開く

(2)「アプリケーション」→「ユーティリティ」からアクティビティモニタを起動できます

ちなみに、「command + shift + U」を同時に押すと「ユーティリティ」を一発で表示できます。

起動方法②:DockにあるLaunchpadから起動する

(1)Launchpadを起動する

(2)「その他」のフォルダを開く

(3)「アクティビティモニタ」を選択する

Launchpadとは、アプリケーション一覧を表示できる画面のことです。デフォルトでは、Dockからアクセスことが可能です。

Launchpadからアクティビモニタを開く

起動方法③:Spotlightから呼び出して起動する

(1)「Spotlight」を起動する

(2)「アクティビティモニタ」と入力する

(3)「アクティビティモニタ」を選んで起動する

個人的に一番おすすめの方法です。「Spotlight」とは、Mac内のすべてを検索できる機能のことです。

「Spotlight」は、「command + space」を同時に押す、またはMacの画面右上にある検索ボタンをクリックすると開きます。

ファイルやアプリケーションなどの場所がわからないときに、「Spotlight」で検索すれば、すぐに見つけることができます。

Spotlightでアクティビモニタを起動する

Macのタスクマネージャーでできること

  1. アプリケーションの使用状況を確認できる
  2. アプリケーションを強制終了することができる
  3. Macが重いときに原因を探ることができる

できること①:アプリケーションの使用状況を確認できる

アクティビティモニタでは、アプリケーションの使用状況を確認することができます。CPU、メモリ、エネルギーなどの情報を細かく見れます。

アクティビモニタでCPUを確認する

できること②:アプリケーションを強制終了することができる

アクティビティモニタでは、アプリケーションを強制終了することもできます。何かの原因でアプリケーションを終了できないときには、アクティビティモニタから試すとと終了できることもあります。

強制終了したいアプリケーションを選択してから、上にある「✕」ボタンをクリックすると、「終了」または「強制終了」のボタンが表示されます。

アクティビモニタで強制終了する

ちなみに:ショートカットキーでもアプリケーションの強制終了ができる

command + option + esc」を同時に押すと、「アプリケーションの強制終了」を開くことができます。

画像のように、現在開いているアプリケーションが表示されるので、アプリケーションを選択して「強制終了」をクリックすれば、強制終了されます。

Macでアプリケーションを強制終了する方法

できること③:Macが重いときに原因を探ることができる

アクティビティモニタは、どのアプリケーションがメモリを使っているのかを一目瞭然にできます。Macが重いときには、メモリを多く使っているアプリケーションを強制終了すれば、動作が軽くなるはずです。

アプリケーションのメモリを確認するには、アクティビティモニタのタブから「メモリ」を選択します。すると、メモリが大きい順で各アプリケーションが表示されます。

アクティビモニタでメモリを確認する

画像のMacは、メモリが8GBのPCです。そのため、アプリケーションを開きすぎて8GB以上使ってしまうと、パソコンの動作が重くなったり、止まったりします。

画像では、物理メモリ:8.00GBなのに対し、使用済みメモリ:6.47GBとなっており、容量の範囲以内なのでサクサク作業できます。