第二新卒を逃すともったいない【転職のチャンスの時期です】

第二新卒で転職するか迷っている

第二新卒で本当に転職できるの?

第二新卒で転職するべきか、迷いますよね。

私も、第二新卒で転職をする際に、上司から「3年以内で辞めるのは良くない」とアドバイスをされて、転職するべきか迷いました。

結果的に、私は第一志望から内定を頂き、第二新卒で転職をしました。

事実として、第二新卒で転職する人は増えており、第二新卒向けの求人も増えています。そのため、第二新卒は転職チャンスの時期だと思いますし、第二新卒の時期を逃すのはもったいないです。

第二新卒で転職をするか迷っている人は、20代の転職に特化している『キャリトレ』や転職支援実績No.1の『リクルートエージェント』を利用してみてください。

キャリトレは、登録するだけですべての求人が閲覧できるので、自分に合った求人がどれくらいあるのかを確認することができます。

リクルートエージェントは、転職のプロに完全無料で相談できるので、転職するべきか迷っている方は、ぜひ一度相談してみてください。

  • 自分に合った求人がどれくらいあるのか?
  • どれくらい年収が上がるのか?
  • 第二新卒で転職する人は多いのか?

このように、気になることや不安なことを転職のプロに相談できるのでおすすめです。完全無料なのが不思議なくらいサポートが手厚いです。

第二新卒はチャンスの時期

カレンダー

第二新卒は、新卒3年目以内に転職することを指します。前までは、「3年は勤める」というのが普通でしが、第二新卒で転職をする人は増えており、第二新卒向けの求人は急速に増えています。

第二新卒向けの求人が増えているということは、転職がしやすいことを意味します。今勤めている会社よりも、良い条件、良い仕事内容の求人を選びやすいので、第二新卒はチャンスの時期と言えます。

第二新卒で転職する人は増えている

第二新卒の人数

出典:厚生労働省

第二新卒で転職する人は、どれくらいいるのか?

厚生労働省のデータによると、大学を卒業した人のうち32.8%が3年以内に離職しています。約3人に1人が第二新卒の転職を経験しているということになります。

第二新卒向けの求人は増えている

各転職サービスを見ると、エン転職では掲載求人の70.7%、マイナビ転職は掲載求人の84.9%が第二新卒でも応募可能なっています。(2019年1月時点)

また、『キャリトレ』や『マイナビジョブ20’s』のような、第二新卒向けの転職サービスも増えています。

第二新卒を逃さないために必要なこと

仕事

先述したとおり、第二新卒は転職をする上でチャンスの時期です。しかし、「第二新卒で転職をするべきか?」悩んでいる人は多いと思います。

私も、「3年以内には辞めない方がいいよ」「すぐに辞めるとキャリアにとって良くないよ」などと言われて、転職するべきか本当に悩みました。

しかし、第二新卒で転職する人は増えており、第二新卒向けの求人も確実に増えています。そのため、周りの声に惑わされずに自分の転職活動に集中することが、第二新卒を逃さなたいためには非常に重要となります。

具体的に言うと、第二新卒を逃さないためにも、

  • 転職の事前準備(履歴書・職務経歴書の作成や面接対策など)
  • 自分に合った求人を一つでも多く探す

この2つは早めにやるべきです。

しかし、これらを一人で行うには限界があります。特に、仕事をしながら転職活動をしている人は、時間がなく妥協して転職活動をしてしまう可能性も。また、初めての転職の場合、わからないことや不安なことが多いはずです。

そのため、第二新卒で転職をする人は、転職エージェントを利用することをおすすめします。私は、第二新卒の転職の際に、転職エージェントをフル活用しました。

第二新卒が転職エージェントを利用するべき理由

面接

転職エージェントを利用することで、

  • 求人紹介
  • 履歴書・職務経歴書の作成
  • 面接対策
  • 面接の日程調整
  • 内定後の条件交渉

これらを担当のキャリアアドバイザーがサポートしてくれます。キャリアアドバイザーは、転職のプロなので、転職活動でわからないことは何でも相談に乗ってくれます。

第二新卒の場合は、第二新卒に特化した事前準備をするべきなので、転職エージェントを利用した方が内定確率が格段に上がると思います。

例えば、私が面接対策を受けたときは、キャリアアドバイザーから「第二新卒の方は、◯◯のようなことをよく聞かれるので、必ず準備しておいてください」と言われ、実際に面接で同じことを聞かれました。

第二新卒におすすめの転職エージェント

ここでは、私が第二新卒の転職で利用していた転職エージェントを紹介します。「求人数」や「サポートの質」「実績」「第二新卒向けの求人が多いか?」などの観点から選んでいます。

リクルートの調査によると、転職成功者は平均4.2社の転職エージェントを利用しているので、最初から一つの転職エージェントに絞るのではなく、まずは複数の転職エージェントを試してみてください。

第二新卒におすすめの転職エージェント

1位:キャリトレ

キャリトレ

キャリトレは、ビズリーチが運営する20代に特化した転職サービスです。登録すれば、すべての求人を閲覧できます。

第二新卒の方が応募できる求人がまとまっているので、第二新卒の転職には必須の転職サービスと言えます。

2位:リクルートエージェント

リクルートエージェントのトップページ

リクルートエージェントは、人材業界最大手のリクルートが運営する転職エージェントです。

  • 転職支援実績No.1
  • 求人数No.1
  • 実績No.1

これらの実績があるので、利用して損はしないと思います。最近では、第二新卒層の転職に非常に力を入れており、第二新卒特化の部署もできたという噂も聞きました。

第二新卒の需要が高まっていることを背景に、数多くの転職サービスは第二新卒に力を入れてきています。その中でも、リクルートエージェントは転職支援実績No.1で第二新卒の転職に関するノウハウが蓄積されています。

完全無料で利用できるので、一度利用を検討してみてください。

3位:マイナビエージェント

マイナビエージェントは、20代の転職に強い転職エージェントとして有名です。

私自身も利用していましたが、リクルートエージェントよりは求人数は少ないですが、マイナビエージェントにしかない求人も保有しているので、併用することをおすすめします。

運営企業のマイナビでは、マイナビエージェントとは別にマイナビジョブ20’sというサービスもありますが、マイナビエージェントとの違いがあまりないので、マイナビエージェントを利用すれば良いと思います。