パソナキャリアに登録拒否されたら【審査基準やその後の対応まで解説】

パソナキャリアから「求人の紹介ができません」と言われたら、実質的に登録を拒否されたということ。思わず落ち込んでしまうかもしれません。

しかし、パソナキャリアにこだわる必要は全くないです。

パソナキャリアよりも「求人数」「サポートの質」「年収アップ率」の観点で優れた転職エージェントはたくさんあります。例えば、転職エージェント業界No.1の『リクルートエージェント』や20代〜30代の転職に強い『マイナビエージェント』など。

この記事では、「パソナキャリアの求人紹介の基準」や「マイナビエージェント以外におすすめの転職サービス」について元リクルートの転職エージェントが解説します。

筆者プロフィール

元リクルートの転職エージェント。広告業界を中心に、IT、人材、商社、メーカーなど、100社以上の中途採用を支援。趣味は音楽、読書、半身浴ともっぱらのインドア系。幅広い業界知識を元に役立つ転職情報を発信します。

事実:パソナキャリアでは求人紹介をしてもらえないことがある

パソナキャリアで登録拒否されることはありません。しかし、「面談」や「求人紹介」がしてもらないことがあります。求人の紹介をしてもらえなければ、登録しても意味がないです。

Q.キャリアカウンセリングや求人情報の紹介は必ずしてもらえるのでしょうか?
A.これまでのご経験や希望条件によって、難しい場合があります。ご了承のうえ、ご登録ください。

出典:パソナキャリア

パソナキャリアで求人の紹介をしてもらえない理由

転職エージェントの料金仕組み
転職エージェントは、求職者と採用企業をマッチングするサービスです。ただマッチングするだけではなく、求職者に対しては希望条件に合った企業を紹介し、採用企業に対しては希望条件に合った求職者を紹介します。

つまり、求職者の要望だけでなく採用企業の要望も叶える必要があるため、採用企業の要望に沿わない人材を紹介することができないのです。

また、求職者側は無料で利用できますが、採用企業は成功報酬として高額な料金を転職エージェント側に支払います。そのため、採用企業は成功報酬に見合った人材を採用したいと考えます。

パソナキャリアが利益を出すためには、採用企業が求めている人材を多く紹介し、入社してもらう必要があり、転職の成功可能性が低い求職者に求人を紹介することはしないのです。

パソナキャリアの審査基準

パソナキャリアでは、主に下記4つの審査基準が設けられています。

  1. 年齢
  2. 転職回数
  3. キャリアの一貫性
  4. 正社員経験の有無

1.年齢

パソナキャリアの利用者年齢層は、20代後半から30代前半までで約6割を占めます。理由として、パソナキャリアが保有している求人は、20代後半〜30代前半のものが多いからです。

そのため、35歳以上の求職者は、求人を紹介されない可能性が高くなるのです。35歳以上の方は、『リクルートエージェント』や『JACリクルートメント』など、30代、40代、50代の転職実績が多い転職エージェントをおすすめします。

また、20代前半の方は、『キャリトレ』や『マイナビジョブ20’s』のような20代に特化した転職サービスを利用しましょう。自分に合った転職サービスを見つけることができれば、効率の良い転職活動を送ることができますよ。

2.転職回数

一般的に、転職回数が多いと求人を紹介してもらえる可能性は低くなります。採用企業から「すぐに辞める」という悪い印象を持たれるからです。20代前半は0回、20代後半は1回、30代以降で2〜3回が問題ないと思われる転職回数です。

また、1〜2年での転職が連続していた場合でも求人を紹介してもらえないことがあります。同じく「すぐに辞める」と思われてしまうからです。

採用企業は、マイナビエージェント経由で人材を採用すると、高額な報酬をマイナビエージェントに支払います。そのため、採用した人材の早期退職は避けたいと考えているのです。

転職回数が多い方は、『リクルートエージェント』や『パソナキャリア』のような求人数が多く、サポートの質が高い転職エージェントを利用しましょう。

3.キャリアの一貫性

キャリアの一貫性がない場合、求人を紹介してもらいづらくなります。例えば、事務職1年、エンジニア1年、営業1年、など、短期間で職種が変わっている場合、「スキル不足」や「またすぐに職種を変えるのではないか」と思われてしまいます。

30代を超えると、異業種への転職は難しくなります。中長期的にキャリアプランを考えて、転職先を決めることが非常に重要です。

4.正社員経験の有無

正社員経験がない場合、求人を紹介してもらえる可能性が非常に低いです。これはマイナビエージェントだけでなく、すべての転職エージェントで言えることです。

しかし、正社員経験のない方向けに特化した転職サービスも存在しています。例えば、『ハタラクティブ』や『JAIC』は正社員経験がない方に対する手厚いサポートで有名です。

審査基準をクリアしていても求人紹介がされないケース

審査基準をクリアしていても、マイナビエージェントで求人紹介がされない場合があります。

1.年収が平均より極端に高い場合

例えば、20代で年収800万円、30代で年収1000万円を貰っている場合などは、逆に紹介できる求人が少ないため断られる場合があります。そのような方には、ハイクラス転職実績No.1の『JACリクルートメント』やハイクラス会員制転職サイトの『ビズリーチ』がおすすめです。

2.専門性が高い場合

専門性が高い職種・業界の場合、求人が少ないため断られるケースがあります。マイナビエージェントの求人数は、転職エージェントの中でも多い方ではないです。

そのため、専門性の高い職種・業界の方が転職エージェントを利用するときは、求人数が非常に多い『リクルートエージェント』や『doda』がおすすめです。

3.希望条件に比べてキャリア不足な場合

マイナビエージェントに登録する際に、希望条件を入力します。例えば、希望年収が現年収よりも極端に高かったり、経験・スキルが少ないのにハイクラスポジションや大企業に行きたいと考えている場合、求人の紹介が見送られることがあります。

そのため、登録時には現職の状況に沿った希望条件を記載しましょう。そして、キャリアアドバイザーとの面談のなかで、本当の希望条件を打診してみると良いでしょう。

パソナキャリアに求人を紹介してもらえなかったら

パソナキャリアで求人を紹介してもらえい場合でも、転職をあきらめる必要はありません。世に存在する転職エージェントには、それぞれ年齢層や業界、職種、勤務地など、異なる強みがあります。

元リクルートの転職エージェントからすると、知名度の低い転職サービスはおすすめできません。「求人数」「サポートの質」「年収アップ率」を考えると、大手企業が運営している転職サービスの方が断然おすすめです。

1位:リクルートエージェント
2位:マイナビエージェント
3位:doda