富士通の平均年収はいくら?【グループ会社についても解説】

富士通の平均年収

日本を代表するエレクトロニクス系企業のひとつ、富士通の平均年収は798万円です。この記事では、そんな富士通の年収を「役職別」「年齢別」「競合他社比較」で詳しく解説します。

富士通の平均年収

平均年収
798万円
※有価証券報告書
月収
53.2万円
※平均年収から算出

富士通の平均年収は798万円です。国税庁の民間給与実態統計調査によると日本国民の平均年収は432万円なので、富士通の平均年収は約1.8倍だということがわかります。

  • 富士通の平均年収:798万円
  • 平均年収:432万円

富士通の平均年収の推移

富士通の有価証券報告書を見ると、平均年収は800万円前後を推移していることがわかります。2016年度に複数の子会社を吸収したことにより従業員数が大幅に増え、それ以降平均年収は少し下がりました。

今後とも順調に成長していく可能性が高いため、平均年収も増加していくことが予想されます。

年度 平均年収 平均年齢 平均勤続年数 従業員数
2018年 798万円 43.2 19.2 31,827
2017年 790万円 43.3 20.0 32,969
2016年 797万円 43.1 20.0 33,095
2015年 810万円 43.3 20.3 24,112
2014年 810万円 43.3 20.0 25,627
2013年 769万円 42.9 19.6 25,616

出典:有価証券報告書

富士通の役職別の平均年収

富士通の役職別平均年収を表にまとめました。(下表は口コミやindeed、リクナビNEXTなどの情報を独自に集計)

役職につくことができれば、大幅に基本給が上がります。富士通は年功序列がまだ残っており、年齢が上がると共に役職につくことができます。一方、課長クラス以上は実力がないとつけません。

役職 平均年収
部長クラス 1,300万円〜(推定)
課長クラス 1,00万円〜(推定)
係長クラス 900万円〜(推定)
メンバークラス 400万円〜700万円(推定)

富士通の役員の報酬

有価証券報告書によると、2018年度に富士通が社内取締役7名に支払った役員報酬の総額は3億7,300万円でした。

また、有価証券報告書では、連結報酬が1億円を超えている役員の氏名と報酬額を公表しています。富士通の場合は下記の通りです。(役職は2018年度当時のものです)

田中達也氏(取締役会長):1億2,800万円

富士通の年齢別の平均年収

富士通の年齢別平均年収を表にまとめました。(下表は口コミやindeed、リクナビNEXTなどの情報を独自に集計)

富士通は年功序列がまだ残っており、年齢が上がれば給与も上がっていきます。

年齢 平均年収
50代 1,000万円以上(推定)
40代 900万円以上(推定)
30代 700万円〜800万円(推定)
20代 400万円〜600万円(推定)

富士通の主要グループ会社の平均年収

富士通の主要グループ10社の平均年収を紹介します。尚、下記平均年収は、2019年の有価証券報告書、口コミなどを独自に集計・算出いたしました。参考値としてご確認ください。

No. 社名 平均年収
1 富士通 798万円
2 富士通研究所 790万円(推定)
3 新光電気工業 703万円
4 富士通フロンテック 699万円
5 富士通エフサス 600万円(推定)
5 富士通マーケティング 600万円(推定)
7 富士通エフ・アイ・ピー 590万円(推定)
8 富士通総研 670万円(推定)
9 富士通ゼネラル 560万円(推定)
10 FDK 516万円

1.富士通

富士通のロゴ

富士通の平均年収は798万円です。

富士通は、日本を代表するエレクトロニクスメーカー・ITベンダー企業です。ICT分野において大きな強みを持っており、デバイスからシステムまでトータルソリューションで提供しています。

2.富士通研究所

富士通研究所の平均年収は約790万円です。

富士通研究所は、富士通グループの研究開発を担う主要子会社です。富士通の根幹である最新テクノロジーの開発を行なっており、非常に重要な子会社のひとつです。

3.新光電気工業

新光電気工業のロゴ

新光電気工業の平均年収は703万円です。

新光電気工業は、半導体パッケージの製造・開発を担う企業です。世界中の半導体メーカーが新光電気工業の素材を利用しており、新光電気工業は業界のリーディングカンパニーです。東証一部上場企業でもあります。

4.富士通フロンテック

富士通フロンテックの平均年収は699万円です。

富士通フロンテックは、電子機器の開発・製造メーカーです。金融機関向けのシステムに強みを持ち、ATMや公営競技場向けシステムなどで業界トップクラスのシェアを取っています。東証二部上場企業です。

5.富士通エフサス

富士通エフサスの平均年収は約600万円です。

富士通エフサスは、ICTシステムのインテグレーションから運用、メンテナンスを担う企業です。全国に160の拠点を持っています。

6.富士通マーケティング

富士通マーケティングのロゴ

富士通マーケティングの平均年収は約600万円です。

富士通マーケティングは、主に中小企業向けにICTコンサルティングを行う企業です。現在では大手企業の領域にまで市場が拡大しており、富士通グループの中核企業として成長しています。

7.富士通エフ・アイ・ピー

富士通エフ・アイ・ピーの平均年収は約590万円です。

富士通エフ・アイ・ピーは、官公庁システムや金融基盤システムを中心としたシステムインテグレーションサービスを展開する企業です。その他、保守・運用や開発なども行なっています。

8.富士通総研

富士通総研のロゴ

富士通総研の平均年収は約670万円です。

富士通総研は、富士通グループの中で唯一のコンサルティング会社です。企業戦略からICTコンサルティングなどを行なっています。また、公的機関向けのシンクタンクの役割も担っています。

9.富士通ゼネラル

富士通ゼネラルのロゴ

富士通ゼネラルの平均年収は約560万円です。

富士通ゼネラルは、空調機事業を主力にしている電機メーカーです。世界100カ国以上で事業を展開しています。その他、情報通信システム事業、電子デバイス事業なども行なっています。

10.FDK

FDKのロゴ

FDKの平均年収は516万円です。

FDKは、電池・電子製品の製造販売を担っている企業です。省エネルギーや環境負荷低減に特化した商品の開発・製造も行なっており、今後とも大きく発展していくことが予想されます。

エレクトロニクス業界の平均年収ランキング

2019年に公表された有価証券報告書をもとに、エレクトロニクス分野の企業のランキングを作成しました。富士通の平均年収は第7位です。

No. 社名 平均年収
1 ソニー 1,051万円
2 富士フィルムホールディングス 997万円
3 東芝 915万円
4 日立製作所 894万円
5 リコー 818万円
6 三菱電機 817万円
7 富士通 798万円
8 Canon 779万円
9 パナソニック 774万円
10 SHARP 753万円

富士通に転職するためには

転職難易度
高い
※独自調査
人気ランキング
76位
※doda

富士通の転職難易度は高いです。「社会人が選ぶ転職人気企業ランキング」でも常に100位以内にランクインしており、富士通を志望している方は、事前準備が重要になります。

富士通に転職するために知っておくべきこと

富士通に転職するために知っておくべきことは、3つあります。

  1. 通年採用を実施
  2. 第二新卒採用あり
  3. セミナー選考会
  4. 転職エージェントを利用する

1.通年採用を実施

富士通は通年採用を実施しています。時期によって求人数は変わりますが、常時100件近い求人が掲載されています。若手〜中堅層の即戦力採用から、管理職採用、スペシャリスト採用まで様々です。

主に下記の職種が募集されています。

ソリューションセールス/アカウントマネジメント/コンサルタント/プロジェクトマネジメント/アプリケーションスペシャリスト/ITスペシャリスト/ビジネスプロデューサー/サービスプロデューサー/データサイエンティスト/AIエンジニア/セキュリティエンジニア/サービスマネジメント/ソフトウェアデベロップメント/ハードウェアエンジニア

2.第二新卒採用あり

富士通では、第二新卒採用が積極的に行われています。

基本的には新卒入社後3年以内の転職希望者を対象にしていますが、3年以上経過している場合でもポテンシャルがあれば採用してもらえます。職種はICTソリューション営業、システムエンジニア、ソフト/ハード開発などがあります。

第二新卒採用は、セミナー選考会も実施されています。セミナー選考会の場合、富士通のセミナーが行われたあとに1次面接が行われ、通過すると最終面接に進むことができます。

3.セミナー選考会

富士通ではセミナー選考会が頻繁に開催されます。

先述した第二新卒の他に、テクノロジーソリューション部門(エンジニア)や営業部門でセミナー選考会が行われます。

セミナー選考会の特徴としては、スピード感が早いこと。第二新卒や営業のセミナー選考会だと、最短2週間、2回の面接で内定までもらえます。

富士通に関するセミナーも行われるため、興味のある方は積極的に参加することをおすすめします。

4.転職エージェントを利用する

転職エージェントとは、求人紹介や履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、面接の日程調整、面接後の条件交渉などを担当のキャリアアドバイザーがサポートしてくれる無料サービスです。

富士通の場合、転職難易度が非常に高いので、万全な準備が求められます。転職エージェントでは、富士通の求人紹介はもちろん、富士通から内定を貰うための面接対策を行ってもらえるため、転職エージェントを利用した方が内定確度は高まるでしょう。

また、富士通は転職エージェントに「非公開求人」を掲載している可能性が高いです。富士通のような人気企業が求人を出すと応募者が殺到しやすいため、一般には公開しない「非公開求人」を転職エージェントに掲載しています。

おすすめの転職エージェント

まとめ

富士通の平均年収は798万円でした。日本を代表する総合エレクトロニクス企業です。採用活動も非常に積極的に行なっているため、富士通に転職したい方には大きなチャンスがあります。

■まとめ

・富士通の平均年収

798万円

・富士通の役職別の平均年収

部長クラス:1,300万円〜(推定)

課長クラス:1,00万円〜(推定)

係長クラス:900万円〜(推定)

メンバークラス:400万円〜700万円(推定)

・富士通の役員報酬

社内取締役の報酬総額(対象者7名):3億7,300万円

田中達也氏(取締役会長):1億2,800万円

・富士通の年齢別の平均年収

50代:1,000万円以上(推定)

40代:900万円以上(推定)

30代:700万円〜800万円(推定)

20代:400万円〜600万円(推定)

・富士通主要グループ会社の平均年収

富士通:798万円

富士通研究所:790万円(推定)

振光電気工業:703万円

富士通フロンテック:699万円

富士通エフサス:600万円(推定)

富士通マーケティング:600万円(推定)

富士通エフ・アイ・ピー:590万円(推定)

富士通総研:670万円(推定)

富士通ゼネラル:560万円(推定)

FDK:516万円

・富士通に転職するために知っておくべきこと

①通年採用を実施

②第二新卒採用あり

③セミナー選考会

④転職エージェントを利用する