年収690万円サラリーマンの「手取り額」と「割合」を解説

この記事では、年収690万円の手取り額を家族持ちと独身に分けて解説しています。また、年収690万円の全体の割合と男女別の割合についても解説しているので、自身の年収が全体の何割に入っているか確認してみてください。

年収690万円の手取り額

家族で年収690万円の場合

家族で年収690万円の手取り額を下記条件で試算すると、次のようになります。(手取り額は、税金と社会保険料を差し引いた額のため、その方によって金額は変動します)

手取り額:約552万円
月収:約46万円

額面年収:690万円

配偶者:あり

子ども:1人

住所地:東京都三鷹市

計算年度:2018年

■各年収の手取り額(条件同様)
※右にスクロールできます

年収 手取り年収 所得税 住民税 健康保険 厚生年金 雇用保険
600万円 4,868,244 183,825 100,431 246,000 549,000 52,500
610万円 4,942,097 189,754 106,525 250,100 558,150 53,375
620万円 5,015,949 195,683 112,618 254,200 567,300 54,250
630万円 5,089,802 201,611 118,712 258,300 576,450 55,125
640万円 5,163,655 207,540 124,805 262,400 585,600 56,000
650万円 5,237,508 213,469 130,898 266,500 594,750 56,875
660万円 5,311,361 219,398 136,992 270,600 603,900 57,750
670万円 5,383,388 226,226 144,010 274,700 613,050 58,625
680万円 5,455,416 233,055 151,029 278,800 622,200 59,500
690万円 5,527,444 239,884 158,047 282,900 631,350 60,375
700万円 5,599,472 246,713 165,066 287,000 640,500 61,250

独身で年収690万円の手取り額

独身で年収690万円の手取り額を下記条件で試算すると、次のようになります。(手取り額は、税金と社会保険料を差し引いた額のため、その方によって金額は変動します)

手取り額:約528万円
月収:約44万円

額面年収:690万円

配偶者:なし

子ども:なし

住所地:東京都三鷹市

計算年度:2018年

■各年収の手取り額(条件同様)
※右にスクロールできます

年収 手取り年収 所得税 住民税 健康保険 厚生年金 雇用保険
600万円 4,684,644 275,850 192,006 246,000 549,000 52,500
610万円 4,752,568 287,708 198,100 250,100 558,150 53,375
620万円 4,820,492 299,565 204,193 254,200 567,300 54,250
630万円 4,888,416 311,423 210,287 258,300 576,450 55,125
640万円 4,956,340 323,280 216,380 262,400 585,600 56,000
650万円 5,024,264 335,138 222,473 266,500 594,750 56,875
660万円 5,092,188 346,995 228,567 270,600 603,900 57,750
670万円 5,157,387 360,653 235,585 274,700 613,050 58,625
680万円 5,222,586 374,310 242,604 278,800 622,200 59,500
690万円 5,287,785 387,968 249,622 282,900 631,350 60,375
700万円 5,352,984 401,625 256,641 287,000 640,500 61,250

年収690万円の割合

年収の割合については、国税庁が発表している『民間給与実態統計調査(平成29年度)』を参照しています。年収690万円の全体の割合と男女別の割合をご紹介します。

年収690万円の全体の割合

全体の年収の割合

年収600〜700万円の全体の割合は「6.3%」

割合が多い順で並べると、①年収300〜400万円(17.5%)②年収200〜300万円(15.8%)③年収100〜200万円(13.5%)、年収400万円以下を合わせると「55.2%」となります。

年収690万円の男性の割合

男性の年収の割合

年収600〜700万円の男性の割合は「9.0%」

割合が多い順で並べると、①年収300〜400万円(17.8%)②年収400〜500万円(17.7%)③年収500〜600万円(13.3%)、年収400万円以下を合わせると「39.5%」となります。

年収690万円の女性の割合

女性の年収の割合

年収600〜700万円の女性の割合は「2.5%」

割合が多い順で並べると、①年収100〜200万円(23.6%)②年収200〜300万円(21.7%)③年収300〜400万円(17.1%)、年収400万円以下を合わせると「78.3%」となります。

年収割合の比較

■年収400万円以下の割合

全体の割合は「55.2%」

男性の割合は「39.5%」

女性の割合は「78.3%」

■年収600〜700万円の割合

全体の割合は「6.3%」

男性の割合は「9.0%」

女性の割合は「2.5%」

年収割合の早見表

年収 全体 男性 女性
〜100万円 8.4% 3.2% 15.9%
100〜200万円 13.5% 6.7% 23.6%
200〜300万円 15.8% 11.8% 21.7%
300〜400万円 17.5% 17.8% 17.1%
400〜500万円 14.8% 17.7% 10.4%
500〜600万円 10.1% 13.3% 5.4%
600〜700万円 6.3% 9.0% 2.5%
700〜800万円 4.3% 6.3% 1.4%
800〜900万円 2.9% 4.4% 0.7%
900〜1000万円 1.9% 2.9% 0.4%
1000〜1500万円 3.3% 5.1% 0.7%
1500〜2000万円 0.7% 1.0% 0.2%
2000〜2500万円 0.2% 0.4% 0.0%
2500万円〜 0.3% 0.4% 0.0%

年収アップを目指している方におすすめの転職サービス

年収690万円の方で年収アップを目指している方におすすめしているのが、下記の転職サービスです。有名な転職サービスばかりなので、ハズれはありません。

元転職エージェントからすると、知名度の低い転職サービスはおすすめできません。「求人数」「サポートの質」「年収アップ率」を考えると、大手企業が運営している転職サービスの方が断然おすすめです。

1位:JACリクルートメント
2位:リクルートエージェント
3位:キャリアカーバー
必須:リクナビNEXT

1位:JACリクルートメント

JACリクルートメント

【おすすめ度】★★★★★(5.0)
【公式HP】http://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントは、ハイキャリア転職実績No.1の転職エージェントです。人材紹介事業において、リクルート、dodaに次いで国内第3位の売上高を誇っています。

高年収求人をメインに扱っており、年収アップを目指している方にとっては、必須の転職エージェントと言えます。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

JACリクルートメントの評判と特徴を転職エージェントが徹底解説

サービス名 JACリクルートメント
対応地域 全国
探せる職種 サービス、商社/流通/外食、消費財、建設/不動産、金融、クリエイティブ/マーケティング、運輸/物流/倉庫、IT・通信、コンサルティング/シンクタンク/法律・会計、電気/電子/半導体、機械/自動車、化学、金属/素材/エネルギー、メディカル・バイオ、医療/介護/福祉、その他
求人数 1万5,000件以上
特徴 ・高年収求人が多い
・ハイキャリア転職実績No.1
・グローバル転職に強い(外資系企業との取引実績4,000件)
・一気通貫型のコンサルティング体制
・人材紹介において国内3位
・業界・職種に特化したコンサルタントが約650名在籍

2位:リクルートエージェント

【おすすめ度】★★★★★(5.0)
【公式HP】https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、業界最大手のリクルートキャリアが運営している転職支援実績No.1の転職エージェントです。求人数、キャリアアドバイザーの質、サポート体制、どれをとってもトップクラスです。

利用者の60%以上が年収アップしており、転職をするなら必須の転職エージェントと言えます。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

リクルートエージェントの評判と特徴を元リクルートが徹底解説

サービス名 リクルートエージェント
対応地域 全国
探せる職種 営業・販売・カスタマーサービス、企画・マーケティング・経営、管理・事務、物流・購買・貿易・店舗開発、コンサルタント、金融専門職、不動産専門職、クリエイティブ、SE・IT・エンジニア、エンジニア(設計・生産技術・品質管理)、建築・土木・化粧品、その他(講師・調理師・介護など)
求人数 約24万件(2018年11月現在)
特徴 ・転職支援実績No.1
・圧倒的な求人数
・経験豊富なキャリアアドバイザー
・条件交渉に強いリクルーティングアドバイザー
・転職者の60%以上が年収アップ
・全国に拠点があり、相談がしやすい

3位:キャリアカーバー

キャリアカーバー

【おすすめ度】★★★★☆(4.5)
【公式HP】https://careercarver.jp/

キャリアカーバーは、業界最大手のリクルートキャリアが運営するハイクラス向けの転職サービスです。リクルートエージェントのハイクラス版と考えるとわかりやすいでしょう。

高年収求人がまとまっているので、年収500万円以上の方にとっては、非常に便利なサービスとなっています。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

キャリアカーバーの評判と特徴を元リクルートが徹底解説

サービス名 キャリアカーバー
対応地域 全国
探せる職種 経営ボード、経営企画・事業計画、管理、マーケティング、クリエイティブ、営業、コンサルタント、ITコンサルタント、専門職、IT・インターネット、ゲーム、電気・電子、半導体、機械、組み込み制御、化学、化粧品・食品、金融、メディカル、建設・不動産、知的財産、その他
求人数 多い
特徴 ・高年収の非公開求人が多数
・ヘッドハンターの質が高い
・レジュメがすべて匿名(採用担当者に個人情報を見られる心配はありません)

必須:リクナビNEXT

リクナビNEXT

【おすすめ度】★★★★★(5.0)
【公式HP】https://next.rikunabi.com/

リクナビNEXTは、業界最大手のリクルートが運営する転職サイトです。圧倒的な求人数を誇り、会員数は約800万人。転職活動をされている方のほとんどが利用しています。

求人は全国を網羅しており、幅広い職種を扱っているので、希望条件に合った求人が必ず見つかります。履歴書や職務経歴書の作成ツールが無料で使えるので、重宝すると思います。ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

リクナビNEXTの評判と特徴を元リクルートが徹底解説

サービス名 リクナビNEXT
対応地域 全国
探せる職種 営業、事務・管理、企画・マーケティング・経営・管理職、サービス・販売・外食、Web・インターネット・ゲーム、クリエイティブ(メディア・アパレル・デザイナ)、専門職(コンサルタント・士業・金融・不動産)、ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)、エンジニア(機械・電気・電子・半導体・制御)、素材・化学・食品・医薬品技術職、建築・土木技術職、技能工・設備・交通・運輸、医療・福祉・介護、教育・保育・公務員・農林水産・その他
求人数 非常に多い
特徴 ・約85%の求人がリクナビNEXT独自の求人
・毎週数千件の新着求人が掲載される
・スカウト機能をつかえる
・「転職成功ノウハウ」などのコンテンツが充実している
・検索機能が使いやすい
・人材紹介会社であるリクルートが運営している安心感

おわりに

最後までお読み頂きありがとうございます。

年収690万円の手取り額と割合については、ある程度イメージできたと思います。他の年収についてもまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

年収別の手取り額
1 年収2000万円 6 年収700万円
2 年収1500万円 7 年収600万円
3 年収1000万円 8 月収500万円
4 年収900万円 9 月収400万円
5 年収800万円 10 月収300万円